版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2020/02/28

赤坂憲雄『ナウシカ考』(岩波書店)刊行記念

赤坂憲雄×河野真太郎トークイベント「ナウシカの声が聞こえる場所へ」

異色な世界観、単純ではない物語進行。ある程度万人に見やすくなっているアニメ版と比べ、決してわかりやすいとはいえない作品であるにも関わらず宮崎駿作品の中でも熱狂的な人気を誇る漫画版『風の谷のナウシカ』。

この度、赤坂憲雄さんが25年にもおよぶ構想を経て『ナウシカ考』を上梓され、その圧巻の読解に注目が集まっています。

『戦う姫、働く少女』で現代女性の働き方をジブリなどの作品から読み解いた河野真太郎さんもまた同作中でナウシカをとりあげられました。

エコロジー、人間という生き物のあり方、女性というジェンダー属性、生命……。

『風の谷のナウシカ』という作品、主人公「ナウシカ」から響くポリフォニックな声をどう読むことができるのか。

ともにこの作品に魅了され続けているお二人にお話いただきます。

会場代官山 蔦屋書店
開場/開演開場/開演 18:45/19:00
料金・書籍『ナウシカ考』(岩波書店・2,420円/税込)+イベント参加券(550円/税込)セット 2,970円(税込) 書籍『戦う姫、働く少女』(堀之内出版・1,980円/税込)+イベント参加券(550円/税込)セット 2,530円(税込) ・イベント参加券 1,600円(税込)
出演者赤坂 憲雄(あかさか・のりお)
1953年、東京都生まれ。専門は民俗学・日本文化論。東京大学文学部卒業。学習院大学教授。2007年、『岡本太郎の見た日本』(岩波書店)ドゥマゴ文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)を受賞。『異人論序説』『排除の現象学』(ちくま学芸文庫)、『境界の発生』『東北学/忘れられた東北』(講談社学術文庫)、『東西/南北考』『武蔵野をよむ』(岩波新書)、『性食考』(岩波書店)など著書多数。

河野 真太郎(こうの・しんたろう)
専修大学法学部教授。1974年山口県生まれ。関心領域はイギリスの文化と社会および新自由主義の文化。著書に『戦う姫、働く少女』(堀之内出版、2017年)、『〈田舎と都会〉の系譜学』(ミネルヴァ書房、2013年)、共著に『文化と社会を読む 批評キーワード辞典』(研究社、2013年)、訳書にトニー・ジャット『真実が揺らぐ時』(慶應義塾大学出版会、2019年)など。
お問い合わせ代官山蔦屋書店 03-3770-2525

https://store.tsite.jp/daikanyama/event/humanities/12301-1901080116.html
その他情報POSSE叢書 003
戦う姫、働く少女
河野 真太郎(著/文)
発行:堀之内出版
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906708987

2020/02/28

『アンタゴニズムス』(共和国)刊行記念

ポピュリズムか、社会運動か――民主主義と私達のこれから

ラクラウやムフの訳書や論稿の発表で民主主義の現状とこれからについて世に問うてきた山本圭さん単著『アンタゴニズムス: ポピュリズム〈以後〉の民主主義』を刊行されます。
本書では左派ポピュリズムのあとのラディカル・デモクラシーにおいて、複数の「アンタゴニズム(敵対性)」=「アンタゴニズムス」が鍵であるととらえ、これからの民主主義を問いかけています。
斎藤幸平さんは2018年、マルクス研究の著作でドイッチャー記念賞という大きな賞を受賞しました。マルクスの思想を用いて、世界を改善していくことを提示しています。
『アンタゴニズムス』の第一章は「マルクスを別の仕方で相続すること──ポスト・マルクス主義とは何か」であり、21世紀の民主主義とマルクスは接続するのかが論じられています。気候危機、不平等や貧困、フェイクニュースの蔓延、相互不信。世界の諸問題に対して、お二人はそれぞれの研究からどのような解を導こうとしているのでしょうか。
いまやメディアでも注目の集まるお二人ですが、人文書の目利きとして名を馳せるジュンク堂書店難波店店長福嶋聡店長は、『労働と思想』(堀之内出版)等を通じて、早くから彼らに目をかけていました。書店を「言論のアリーナ」と表現し、多様な理論の展開を試みる福嶋店長率いるジュンク堂書店難波店という舞台で、遠慮無用、激突必至の熱いクロストークが繰り広げられます。必聴!

■会場・受付… 3階カウンター前特設会場。入場料無料(定員30名)
ジュンク堂書店難波店TEL 06-4396-4771 
協賛:共和国/堀之内出版

会場ジュンク堂書店難波店
開場/開演開場/開演 18:00/18:30
料金無料
出演者■山本圭(やまもと・けい)
1981年、京都府に生まれる。立命館大学法学部准教授。専攻は、現代政治理論、民主主義論。名古屋大学・大学院国際言語文化研究科単位取得退学、博士(学術)。著書に『不審者のデモクラシー─ラクラウの政治思想』(岩波書店、2016年)、訳書に、シャンタル・ムフ『左派ポピュリズムのために』(共訳、明石書店、2019年)、エルネスト・ラクラウ『現代革命の新たな考察』(法政大学出版局、2014年)など。
■斎藤幸平(さいとう・こうへい)
1987年生まれ。大阪市立大学経済学研究科准教授。日本MEGA編集委員会編集委員。2018年、ドイッチャー記念賞を受賞。編著に『未来への大分岐』(集英社、2019年)など。
お問い合わせジュンク堂書店難波店TEL 06-4396-4771
その他情報『アンタゴニズムス』ポピュリズム〈以後〉の民主主義
山本 圭(著)
発行:共和国
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907986681

2020/03/14

『たやすみなさい』刊行記念 岡野大嗣さん×長谷川健一さんトークイベント&サイン会

2019年10月の発売以来、短歌の本という枠を超えて新しい読者層を広げ続けている岡野大嗣さんの第二歌集『たやすみなさい』(書肆侃侃房)。その刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。

トークのお相手は、岡野大嗣さんの敬愛するシンガー・ソングライターの長谷川健一さん。京都在住の「うたうたい」として、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている長谷川健一さんも、岡野さんと同じく約5年ぶりとなるアルバム『太陽の汗』、『月の涙』を2作同時発売されたばかりです。

友人同士のお二人が、ずっと見てこられたお互いの作品や、その変遷、そして、お二人に共通する世界観について、たっぷりお話していただきます。また、当日は長谷川健一さんの弾き語りも!

岡野大嗣さんの短歌の本『サイレンと犀』(書肆侃侃房)の表紙に、一本だけある白い旗は、長谷川健一さんの『白い旗』という曲に捧げたものだそうで、この特別な曲も歌っていただきます。

当店で書籍やCDをお買い上げのお客様には、当日サイン会も開催いたします。この貴重な機会に、ぜひご参加下さい!
http://www.kankanbou.com/books/tanka/gendai/0380

会場梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ
開場/開演開場/開演 18:30/19:00
料金1,500円(税込)
出演者岡野大嗣さん、長谷川健一さん
お問い合わせ梅田 蔦屋書店(umeda_event@ccc.co.jp)

https://store.tsite.jp/umeda/event/humanities/12574-1047080128.html

2020/03/18

『新しい目の旅立ち』刊行記念1

プラープダー・ユン×福冨渉×東浩紀「都市と文学と黒魔術、あるいは知識人の使命」

ゲンロンでは2020年2月に、タイの小説家プラープダー・ ユンの『新しい目の旅立ち』(原書2015年)を刊行した。
タイ・ポストモダンを牽引し、ゼロ年代のバンコクを駆け抜けた作家による「自然」への回帰、そして小説とも哲学とも紀行文ともつかない新しい散文のスタイル が、静かな共感を呼んでいる。
ゲンロンカフェでは、本書刊行を記念し、来日中のプラープダー氏を招待して連続トークイベントを行う。
第1弾となるこの回では、翻訳者でタイ文学者の福冨渉氏、そしてゲンロン前代表の東浩紀が聞き手となって、 バンコクの文化状況や同書執筆の背景にあった問題意識、そしてプラープダー氏の今後の構想などを伺う。
プラープダー氏はいま『立ち上がる自由主義』 と題された政治思想の書物を執筆中とのことで、話題は文学からさらに政治やポピュリズムの問題にまで広がるのかもしれない。

イベントは基本日本語で行われるが、福冨氏は通訳兼聞き手でもあるので、ときに英語になるかもしれない。注意されたい。

会場ゲンロンカフェ
開場/開演開場/開演 18:00/19:00
料金前売り:2,700円 当日券:3,200円
出演者プラープダー・ユン
1973 年生まれのタイの作家。2002 年、短編集『可能性』が東南アジア文学賞の短編部門を受賞、2017 年には、優れた中堅のクリエイターにタ イ文化省から贈られるシンラパートーン賞の文学部門を受賞する。文筆業のほか、アーティスト、グラフィックデ ザイナー、映画監督、さらにはミュージシャンとしても活躍中。 日本ではこれまで、短編集『鏡の中を数える』( 宇戸清治訳、タイフーン・ブックス・ ジャパン、2007 年 ) や長編小説『パンダ』( 宇戸清治訳、東京外国語大学出版会、2011 年 ) などが出版されている。

福冨渉(ふくとみ・しょう)
1986年東京生まれ。タイ文学研究者、タイ語翻訳・通訳者。鹿児島大学グローバルセンター特任講師。著書に『タイ現代文学覚書』 (風響社)、訳書にウティット・ヘーマムーン『プラータナー : 憑依のポートレート』(河出書房新社 )がある。

東浩紀(あずま・ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)ほか多数。
お問い合わせ株式会社ゲンロン tel: 03-6417-9230

https://genron-cafe.jp/event/20200318/
その他情報ゲンロン叢書004『新しい目の旅立ち』 ISBN:978-4907188344
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907188344

2020/03/20

『新しい目の旅立ち』刊行記念2

プラープダー・ユン × 大森望 × 藤井太洋(司会 = 東浩紀通訳 = 福冨渉)「タイにおけるSF、SFにおけるタイ」

ゲンロンでは2020年2月に、タイの小説家プラープダー・ ユンの『新しい目の旅立ち』(原書2015年)を刊行した。
タイ・ポストモダンを牽引し、ゼロ年代のバンコクを駆け抜けた作家による「自然」への回帰、そして小説とも哲学とも紀行文ともつかない新しい散文のスタイル が、静かな共感を呼んでいる。
ゲンロンカフェでは、本書刊行を記念し、来日中のプラープダー氏を招待して連続トークイベントを行う。
プラープダー氏はじつは、2069年の軍部独裁政権下にあるバンコクを舞台にした小説「ベ ースメント・ムーン」を発表しており(『ゲンロン11』に一部訳出予定)、SF的想像力のタイ文学への導入に意欲を抱いている。 ゲンロンのSF創作講座のシステムへも強い関心を抱いている。

そこで第2弾となるこの回では、SF作家で前・日本SF作家クラブ会長の藤井太洋氏、翻訳家で「ゲンロン 大森望 SF創作講座」の主任講師である大森望氏を招き、タイ(東南アジア) におけるSFの可能性、またSFから見たタイ(東南アジア) という場所について、国境を超えた議論ができればと思う。 司会は東浩紀が務める。
来場者には「ベースメント・ムーン」の簡単な梗概が配布される。

イベントは日本語で行われる。

会場ゲンロンカフェ
開場/開演開場/開演 18:00/19:00
料金前売券:2,700円 当日券:3,200円
出演者プラープダー・ユン
1973 年生まれのタイの作家。2002 年、短編集『可能性』が東南アジア文学賞の短編部門を受賞、2017 年には、優れた中堅のクリエイターにタ イ文化省から贈られるシンラパートーン賞の文学部門を受賞する。文筆業のほか、アーティスト、グラフィックデ ザイナー、映画監督、さらにはミュージシャンとしても活躍中。 日本ではこれまで、短編集『鏡の中を数える』( 宇戸清治訳、タイフーン・ブックス・ ジャパン、2007 年 ) や長編小説『パンダ』( 宇戸清治訳、東京外国語大学出版会、2011 年 ) などが出版されている。

大森望(おおもり・のぞみ)
1961年高知生まれ。書評家・SF翻訳家・SFアンソロジスト。〈ゲンロン 大森望 SF創作講座〉主任講師。著書に『21世紀SF1000』、『新編・SF翻訳講座』、《文学賞メッタ斬り!》シリーズ(豊崎由美と共著)、《読むのが怖い!》シリーズ(北上次郎と共著)など。アンソロジーに《NOVA 書き下ろし日本SFコレクション》、《不思議の扉》の各シリーズのほか、『星雲賞SF短編傑作選 てのひらの宇宙』など。訳書にコニー・ウィリス『ブラックアウト』『オール・クリア』など多数。2013年には『NOVA』が第34回日本SF大賞特別賞を受賞。

藤井太洋(ふじい・たいよう)
1971年、奄美大島生まれ。 国際基督教大学中退。舞台美術、DTP制作、展示グラフィックディレクターなどを経て、2013年までソフトウェア開発・販売を主に行う企業に勤務。2012年、電子書籍個人出版「Gene Mapper」を発表し、作家として一躍注目を浴びる。同年12月短篇小説「コラボレーション」「UNDER GROUND MARKET」の2作で商業誌デビューし、2013年4月に、「Gene Mapper」の増補完全版『Gene Mapper -full build-』(ハヤカワ文庫JA)を刊行。『オービタル・クラウド』(早川書房)で、第35回日本SF大賞、第46回星雲賞(日本部門)を受賞。2015年より2018年まで日本SF作家クラブ会長を務める。

東浩紀(あずま・ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)ほか多数。

福冨渉(ふくとみ・しょう)
1986 年生まれの気鋭のタイ文学者、タイ語翻訳・通訳者。鹿児島大学グローバルセンター特任講師。著書に『タイ現代文学覚書』 ( 風響社、2017 年 )、訳書にウティット・ヘーマムーン『プラータナー : 憑依のポートレート』( 河出書房新社、2019 年 ) がある。
お問い合わせ株式会社ゲンロン tel: 03-6417-9230

https://genron-cafe.jp/event/20200320/
その他情報ゲンロン叢書004『新しい目の旅立ち』 ISBN:978-4907188344

http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907188344

1
絲山秋子さん×西口想さん 「書き手と読み手が語る会社員小説の世界」
23
長谷川町蔵×大和田俊之×有光道生トーク&サイン会 「ブラックネスのゆくえ──オバマ政権からトランプへ。アメリカ社会とヒップホップ」
4
『足をどかしてくれませんか。』刊行記念 小島慶子×浜田敬子トークイベント「テレビの未来」
5678
「アーティフィッシャル」上映会+斎藤幸平トークイベント
9
「男もすなるフェミニズム小説」
101112131415
1617
井村俊義『超看護のすすめ――ナイチンゲールの復権とケアの哲学』(コトニ社)刊行記念  井村俊義×今福龍太トークイベント「生きることと死ぬことの叡知」
18
井上奈奈『猫のミーラ』(堀之内出版)出版記念展示
石井佳苗×井上奈奈 トークイベント「私達の生活と、猫の生活と。」
久保明教『家庭料理という戦場』(コトニ社)・藤原辰史『分解の哲学』(青土社)刊行記念久保明教×藤原辰史トークイベント「食べること×作ること×考えること」
192021
なぜヘイト本が作られ売られるのか─出版倫理と人権─
22
23242526272829