版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊

2024/05/24

『アジア理解のカギ』中国のアジア外交

アジアの本の会30周年記念イベント

30周年記念連続セミナー

会場紀伊国屋書店新宿本店2F BOOK SALON
開場/開演開場/開演 18:40/19:00
料金無料
出演者元朝日新聞中国総局 藤原 秀人
お問い合わせ『アジア本の会』事務局 明石書店・村山
その他情報https://store.kinokuniya.co.jp/event/1711437985/

2024/05/26

人が人を理解するとはどういうことか?──〈生活-文脈〉理解から考える

出版記念イベント『〈生活-文脈〉理解のすすめ』(宮内 洋・松宮 朝・新藤 慶・打越正行 著)

■ 著者からのメッセージ
人が人を理解するとはどういうことだろうか。『〈生活-文脈〉理解のすすめ ──他者と生きる日常生活に向けて』(北大路書房)は、この問いに、地域社会を這いずり回る4人の研究者が向き合った書籍です。

わたしたちは、自らの価値観に基づいて他者を判断し、自分の理解を超えたものを反射的に非難してしまうことがあります。そうした中、他者の言動をその日常生活の背景に基づいて、理解しようと努める姿勢が、本書で提唱される「〈生活-文脈〉理解」です。シンプルな考え方でありながら、その実践は容易いことではないように思います。一方で、相手の文脈を辿っていくことで当初の理解とは別の考えに至ることもあるという主張には確かな希望を感じます。

今回は、そんな「〈生活-文脈〉理解」をより深めるべく、共著者の宮内洋さん、打越正行さんに、本書の成立過程から〈生活-文脈〉理解の意義と魅力についてお話しいただきます。YouTubeの切り抜き動画やX(twitter)の140文字で相手を理解した気になってしまう現代だからこそ、〈生活-文脈〉理解はますます求められていくのではないでしょうか。

安易な「いいね」で済ませるのではなく、人と人は分かり合えないと極端に悲観するのでもないかたちで、人が人を理解するとはどういうことなのか。そのことをじっくり考え、一歩を踏み出す時間になれば嬉しいです。ご参加お待ちしております。

会場UNITÉ(ユニテ)/オンライン
開場/開演開演 15:00
料金来店1,980円/オンライン1,320円 *1ヶ月間アーカイブあり
出演者宮内洋(みやうち・ひろし)
1966年生まれ。群馬県立女子大学文学部教授。専門は、発達研究・文化研究。主な著書に、『体験と経験のフィールドワーク』(北大路書房,2005年)、『質的心理学講座第1巻 育ちと学びの生成』(共著)(東京大学出版会,2008年)、『〈当事者〉をめぐる社会学:調査での出会いを通して』(共編著)(北大路書房,2010年)、『共有する子育て:沖縄多良間島のアロマザリングに学ぶ』(共編著)(金子書房,2019年)など。

打越正行(うちこし・まさゆき)
1979年生まれ。和光大学現代人間学部専任講師、特定非営利活動法人 社会理論・動態研究所研究員。専門は、社会学、沖縄、参与観察。主な著作に『ヤンキーと地元』(筑摩書房、2019年)、『地元を生きる』(岸政彦ほか編著、ナカニシヤ出版、2020年)『サイレント・マジョリティとは誰か』(川端浩平ほか編著、ナカニシヤ出版、2018年)、『最強の社会調査入門』(木下衆ほか編、ナカニシヤ出版、2016年)など。
お問い合わせ本と珈琲の店 UNITÉ(東京都三鷹市下連雀4-17-10 SMZビル1F)
https://www.unite-books.com/event
その他情報『〈生活-文脈〉理解のすすめ』(北大路書房)9784762832543
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784762832543

1234
567891011
12
第46回 日本新工芸展
131415161718
1920212223
『アジアの本の会』30周年記念イベント
24
アジアの本の会30周年記念イベント
25
26
出版記念イベント『〈生活-文脈〉理解のすすめ』(宮内 洋・松宮 朝・新藤 慶・打越正行 著)
2728293031