版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2021/05/21

新たな本が生まれ、その本が読み手と書き手を結び付けてくれることを願って

日韓出版人交流プログラム「第2回 文芸編集者に聞く-SNS時代の本と編集者」

一般社団法人 K-BOOK振興会では、韓国翻訳文学院の後援のもと、2021年「日韓出版人交流プログラム」を全6回開催します。
このプログラムは、本を作り、売る人が書く人と読む人をどう結び付けているのか、韓国の出版関係者に6回にわたって耳を傾ける時間です。この交流プログラムを通じて、新たな本が生まれ、その本が読み手と書き手を結び付けてくれることを願っています。

第2回は、出版社・文学トンネ編集者カン・ユジョンさんによる「文芸編集者に聞く-SNS時代の本と編集者」です。
文芸の編集は作家の伴走者となって一緒に本を作っていく存在である。原稿の編集や構成、広報方式に至るまで、編集者が作家とどのように一緒に作り上げているのかを聞く。小説や詩集を作りあげていく物語である。
※日本語通訳付き

会場オンラインzoom
開場/開演開演 19:00
料金1500円(全6回通し券5000円もあり)
出演者スピーカー:カン・ユンジョン
高麗大学校国語国文学科を卒業。2007年、青林出版に入社し、経済経営書の編集業務を学ぶ。2009年にマウムサンチェクに転職し、人文芸術文学分野の本に携わる。2012年に文学トンネに移り、現在まで国内小説や散文集、文学トンネ詩人選を担当している。キム・ヨンハ『ただ二人』、ペ・スア『蛇と水』、詩人パク・ジュン『あなたの名前をつけて数日は飲んだ』などを編集した。2019年YouTubeチャンネル「編集者K」をオープン。原稿から本になるまでの過程と、その過程を共にする人々の物語を映像で紹介している。著書に『文学の本の作り方』、『私たちは並んで座ってそれぞれの本を読む』がある。
お問い合わせ一般社団法人 K-BOOK振興会 事務局 info@k-book.org
その他情報全6回のプログラム詳細はココから⇒ http://k-book.org/news/210324/

2021/06/25

新たな本が生まれ、その本が読み手と書き手を結び付けてくれることを願って

日韓出版人交流プログラム「第3回 人文書編集者に聞く―著者をどのように発掘するか」

一般社団法人 K-BOOK振興会では、韓国翻訳文学院の後援のもと、2021年「日韓出版人交流プログラム」を全6回開催します。
このプログラムは、本を作り、売る人が書く人と読む人をどう結び付けているのか、韓国の出版関係者に6回にわたって耳を傾ける時間です。この交流プログラムを通じて、新たな本が生まれ、その本が読み手と書き手を結び付けてくれることを願っています。

第3回は、UU出版社代表チョ・ソンウンによる「人文書編集者に聞く―著者をどのように発掘するか」です。
ロナ以降、韓国の出版はもちろん、全世界の出版産業はどのように変化しているのか。
多くの出版社の編集者に「本を作ること」をテーマに原稿を募り、本に仕立てるというユニークな企画で、現在韓国の出版関係者から注目を集めているチョ・ソンウン氏に、その著者発掘に関するノウハウを聞く。
※日本語通訳付き

会場オンラインzoom
開場/開演開演 19:00
料金1500円(全6回通し券5000円もあり)
出演者スピーカー:チョ・ソンウン
韓国外国語大学中国語中文科卒業。思考の木、キムヨン社、トルベゲの各出版社で編集者として働き、現在UU出版社を設立し、運営している。読者の興味・関心を広げていく人文教養分野の本を主に出版。出版ほど世の中に有益で面白いものはないと考え、本を作る人々が楽しく仕事ができるための力になることを望んでいる。
お問い合わせ一般社団法人 K-BOOK振興会 事務局 info@k-book.org
その他情報全6回のプログラム詳細はココから⇒ http://k-book.org/news/210324/

2021/07/16

新たな本が生まれ、その本が読み手と書き手を結び付けてくれることを願って

日韓出版人交流プログラム「第4回 絵本編集者に聞く」

一般社団法人 K-BOOK振興会では、韓国翻訳文学院の後援のもと、2021年「日韓出版人交流プログラム」を全6回開催します。
このプログラムは、本を作り、売る人が書く人と読む人をどう結び付けているのか、韓国の出版関係者に6回にわたって耳を傾ける時間です。この交流プログラムを通じて、新たな本が生まれ、その本が読み手と書き手を結び付けてくれることを願っています。

第4回は、子どもの本専門出版社・本を読む熊編集長ウ・ジヨンさんを招いて「絵本編集者に聞く」と題して、絵本作家とどのように作業するのか。 絵本の読者はどのように開拓するのか。 子どもの本20年の経歴を持つ編集長に聞く絵本づくりのノウハウと、絵本ならではの特に心掛けていることを聞く。
※日本語通訳付き

会場オンラインzoom
開場/開演開演 19:00
料金1500円(全6回通し券5000円もあり)
出演者スピーカー:ウ・ジヨン
児童書の編集者。1972年大韓民国蔚山生まれ。中央大学文芸創作学科卒業後、ドキュメンタリー雑誌記者、フリーライターを経て出版界に足を踏み入れ、20年間子どもの本の編集者をしている。まもなく創立15周年となる子どもの本専門出版社「本を読む熊(BearBooks)」の創立メンバーであり、編集長。
お問い合わせ一般社団法人 K-BOOK振興会 事務局 info@k-book.org
その他情報全6回のプログラム詳細はココから⇒ http://k-book.org/news/210324/

1
2345678
9101112131415
161718192021
日韓出版人交流プログラム「第2回 文芸編集者に聞く-SNS時代の本と編集者」
22
23242526272829
3031