版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2017/10/21

「聖なるものを読む」(オーサービジットプログラム「書店を著者と巡る」)

聖なるものとは、何か人間を超えたもの、日常生活から隔絶されたものを指し、宗教や社会を説明するための重要な言葉です。では、聖なるものは書物の中にどのように刻み込まれてきたのでしょうか。また、それは知の歴史の中でどのように扱われてきたのでしょうか。『nyx』5号(2017年12月刊行予定)「聖なるもの」特集の出版を控えた主幹のお二人が、宗教学と倫理学、歴史と哲学、イタリアとフランスなど、異なる専門分野の交差する地点で、会話や議論を交わしながら、聖なるものをめぐる本をご紹介していきます。
日時:10/21 15時~ 
会場:東京堂書店

お申込みは右記ウェブフォームをご利用ください。 http://bit.ly/2twRj3N
■オーサービジットプログラム「書店を著者と巡る」内容
1)予約フォームより予約をお願いします(先着順に予約受付、定員に達し次第締め切ります)。
2)当日、集合場所へ集まっていただきます。
3)著者と一緒に書店をまわります。まわる箇所は著者にリードしていただきます(各回30分程度を予定)。
4)棚をめぐる中で、欲しい本があればプログラム中に持ち運んで頂き、最後にご購入頂くことができます。
【注意事項】
※購入ナシでのプログラム参加も可能です。ご購入のご判断はご自身の意思でお願いいたします。通常の書店の返品受付理由(落丁等)以外の返品はお断りいたします。
※プログラム中のメモ書きはOKですが、筆記具は鉛筆のみの使用をおねがいいたします。
※棚の撮影は可能ですが、本の内容(本文)、また一般のお客様が写らないようお願いいたします。
※一般営業中の書店でのプログラムです。著者と楽しくお話をして頂きながらのツアーとなりますが、大きな声など他のお客様へのご迷惑になることに関しては、誘導員から注意をさせて頂くことがあります。
企画 よはく舎 小林えみ お問い合わせ先 yorunoyohaku@gmail.com
会場・共催 東京堂書店/東京都千代田区神田神保町1-17/03-3291-5181

会場東京堂書店
開場/開演開場14:45 開演15:00
料金無料
出演者江川純一(えがわ・じゅんいち) 1974年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科助教。専門は宗教学宗教史学。著書に『イタリア宗教史学の誕生 ―ペッタッツォーニの宗教思想とその歴史的背景』、共編著に『「呪術」の呪縛【上・下巻】』等。
佐々木雄大(ささき・ゆうた) 1978年生まれ。玉川大学非常勤講師。専門は倫理学、フランス哲学。『nyx』創刊号「〈エコノミー〉概念の思想史」主幹、執筆等。
お問い合わせよはく舎 小林えみ
お問い合わせ先 yorunoyohaku@gmail.com
その他情報『nyx』創刊号(堀之内出版)978-4906708680
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906708680
『イタリア宗教史学の誕生 ―ペッタッツォーニの宗教思想とその歴史的背景』(勁草書房)978-4326102419
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784326102419

2017/10/21

ロマン・ガリ/岩津航訳『夜明けの約束』(共和国)刊行記念

世界文学が翻訳・出版されるまで

戦後フランス最大の作家、ロマン・ガリ(1914-1980)の代表作にして日本語では読むことができなかった幻の傑作『夜明けの約束』が、この春、ついに刊行されました。訳者は、この作品を愛読してきたという金沢大学教員の岩津航さんです。

ユダヤ系ロシア移民としてフランスに移住し、ナチスとの戦いまでを描いたスケールの大きなこの作品は、刊行以来「NHKラジオ深夜便」(7/16)、「日本経済新聞」(7/29付)、「読売新聞」(7/30付)など各方面で絶賛されています。

そこで今回は、訳者の岩津さんにご登壇いただき、本書の魅力やこの翻訳が生まれた経緯や苦労を存分に語っていただきます。また対談のお相手には、本書を刊行した出版社「共和国」代表の下平尾直さんを東京からお招きします。本書をはじめとする世界文学が世に出るまでの裏話から「ひとり出版社」の作り方まで、興味深いエピソードを聞くことができるはずです。

文学を愛する読者はもちろんのこと、翻訳や編集の現場に関心のあるかたも必見・必聴のこのトークイベント、みなさんのご来場をお待ちしています。

会場石引パブリック(金沢市)
開場/開演開場/開演 16:00/16:30
料金1000円(会場にて『夜明けの約束』を購入・予約のかたは参加費無料)
出演者岩津航(いわつ・こう)
1975年、大阪府に生まれる。金沢大学人間社会学域准教授。専攻は、フランス文学、比較文学。主な著書に、『死の島からの旅――福永武彦と神話・芸術・文学』(世界思想社、2012)、訳書に、ウーク・チャング『キムチ』(青土社、2007)などがある。
 
下平尾直(しもひらお・なおし)
1968年、大阪府に生まれる。コピーライターや編集者を経て、2014年に独立系出版社「共和国」を創立。タルディ『塹壕の戦争』(2016)、藤原辰史『[決定版]ナチスのキッチン』(2016)、山家悠平『遊廓のストライキ』(2015)など、既刊30点。
お問い合わせ本と印刷 石引パブリック
金沢市石引2-8-2 
076-256-5692
https://www.ishipub.com/
その他情報ロマン・ガリ/岩津航訳
『夜明けの約束』
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907986407

1
「アートフェスを読む」(オーサービジットプログラム「書店を著者と巡る」)
234567
8
白井弓子×河野真太郎「女性の世界を開く鍵を探して」
91011121314
15161718192021
「聖なるものを読む」(オーサービジットプログラム「書店を著者と巡る」)
世界文学が翻訳・出版されるまで
22232425262728
293031