版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2017/12/20

パクリ? 出来レース? 2020年東京五輪のエンブレムをめぐる混乱――あれは何だったのか。デザイン(作り方)の歴史とマーケティング(使い方)の歴史から社会学的に問い直す! スクリーンリーダーのサポートを有効にしました。

『オリンピック・デザイン・マーケティング』(河出書房新社)刊行記念 「エンブレム問題から考えるデザインの過去と未来」加島卓&山本貴光トークイベント

 この11月に『オリンピック・デザイン・マーケティング:エンブレム問題からオープンデザインへ』(河出書房新社)を刊行した、社会学者の加島卓さん。デザインと広告の歴史を遡り、それらが社会や経済とどう関わりあって人々を動かしてきたかを明らかにするメディア社会学を、加島さんは展開してきました。本書では、オリンピック・エンブレム問題に迫りました。

 「パクリか?」「出来レースか?」とメディアを騒がせたあの問題の背後には、デザインとオリンピックの関わりあいの歴史、デザイナーと広告代理店とメディアと市民が織りなす現代的な社会問題が隠れていたことを、本書は解き明かします。2020年の東京大会に至るまでの「過去」を整理し、エンブレム問題以降の、東京大会以降の「未来」において、デザインは一体どうなるのかを考えるために重要な一冊です。

 今回の対談のお相手は、思想・文学・科学・デザインなどに通じた文筆家/ゲーム作家の山本貴光さん。山本さんの著作『文体の科学』は、広告をはじめ、聖書から数式、小説、Twitterまで、メディアとその目的が自ずと最適な文体を獲得することを解き明かしました。
 
 その山本さんの視点から本書の読みどころを紹介していただきながら、オリンピックとデザインの関係、これからのデザインは一体どうなるのかを、お二人で語り合っていただきます。ぜひご期待下さい。

会場書店・神楽坂モノガタリ(神楽坂駅1番出口目前。ガラス張りのビル)
開場/開演開場/開演 18:30/19:00
料金1,500円 ●ワンドリンク込(ビール・ワイン・スペシャルティコーヒー・アイスティーなど)
出演者加島 卓(かしま・たかし)
1975年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。東京大学助教などを経て、現在、東海大学文学部広報メディア学科准教授。専門は、メディア論、社会学、広告史、デザイン史。博士(学際情報学)。著書に『〈広告制作者〉の歴史社会学:近代日本における個人と組織をめぐる揺らぎ』(せりか書房、日本社会学会第14回奨励賞)。編著に『文化人とは何か?』(東京書籍、南後由和と共編)。論文に「デザインを語ることは不可能なのか」(『文字のデザイン・書体のフシギ』左右社、第7回竹尾賞)など。

山本 貴光(やまもと・たかみつ)
1971年生まれ。コーエーでのゲーム制作を経てフリーランス。文筆家、ゲーム作家。著書に『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文体の科学』(新潮社)、『コンピュータのひみつ』(朝日出版社)、『サイエンス・ブック・トラベル』(編著、河出書房新社)、『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満との共著、太田出版)、『ゲームの教科書』(馬場保仁との共著、ちくまプリマ-新書)、訳書にサレン&ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ――ゲームデザインの基礎』(ソフトバンククリエイティブ)、ゲームに『That's QT』、『戦国無双』など。
スクリーンリーダーのサポートを有効にしました。
お問い合わせ神楽坂モノガタリ
東京都新宿区神楽坂6-43 K's Place 2F
03-3266-0517
http://www.honnonihohi.jp/index.html

お申込み先
【Peatix】
http://peatix.com/event/325637

【神楽坂モノガタリ】
03-3266-0517
その他情報オリンピック・デザイン・マーケティング
エンブレム問題からオープンデザインヘ
単行本 46変形 ● 412ページ
ISBN:978-4-309-24835-6 ● Cコード:0036
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784309248356

2017/12/24

「松本圭二セレクション」全9巻(航思社)刊行記念 松本圭二×郡淳一郎 トークイベント

ニンゲンの“マイグレーション”は可能か

「松本圭二セレクション」全9巻(航思社)刊行記念
ニンゲンの“マイグレーション”は可能か
松本圭二×郡淳一郎 トークイベント
http://www.aoyamabc.jp/event/matumoto-keiji/

■日時:2017年 12月24日(日)17:00~18:30(開場 16:30~)
■会場:青山ブックセンター本店内・小教室
■定員50名様
■入場料:1,350円(税込)
■予約:オンライン(上記ウェブページ)か、本店店頭にてチケット引換券を販売(12月1日~)

2006年に詩集『アストロノート』で萩原朔太郎賞を受賞した詩人・松本圭二。詩だけでなく小説や批評などをものしてきたその表現活動を網羅すべく、今年8月から刊行を開始した「松本圭二セレクション」も12月下旬で5冊目(『詩人調査』)を数えます。
その松本の詩に早くから着目し、松本の第3詩集『詩篇アマータイム』の共同製作者であるオルタナ編集者、郡淳一郎を迎えて、「セレクション」出版記念トークセッションを開催します。

デジタルメディアは数年ごとに移行(マイグレーション=バージョンアップもしくは「入れ物」の代替のこと)を行う必要があります。これはIT関連に限られることではありません。フィルムだった写真や映像においてデジタルビデオが普及、その技術革新が見られるように、あらゆるメディアがマイグレーションに曝されざるをえません。
映像・映画においてマイグレーションはいかに行われ、どのような結果をもたらしたのか。
詩、小説、詩集、書籍においてはどうか。
そしてニンゲンにおいては?

(トーク終了後、松本さんのサイン会も開催)

このイベントに合わせて『詩人調査』を出版、当日は会場で販売する予定です。
著者初の小説「あるゴダール伝」、斎藤美奈子さんが2010年小説ベスト3の一作とした「詩人調査」の2篇を収録。

会場青山ブックセンター本店・小教室
開場/開演開場/開演 16:30/17:00
料金1,350円(税込)
出演者松本圭二、郡淳一郎
お問い合わせ青山ブックセンター本店
web:http://www.aoyamabc.jp/event/matumoto-keiji/
tel.:03-5485-5511
その他情報『ロング・リリイフ』ISBN978-4-906738-25-0
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906738250
『詩集工都』ISBN978-4-906738-26-7
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906738267
『詩篇アマータイム』ISBN978-4-906738-27-4
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906738274
『さらばボヘミヤン』ISBN978-4-906738-32-8
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906738328
『詩人調査』ISBN978-4-906738-31-1(12月下旬刊行予定)
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906738311

2018/01/06

大相撲は生き残れるのか!? ――「国技」と「国際化」をめぐって

『のこった』刊行記念対談・星野智幸×原武史

初の相撲エッセイ集『のこった』(ころから)を刊行された作家・星野智幸さんが、政治学者の原武史さんと「大相撲」をめぐって対談します。

13歳から大相撲にはまり、横綱・貴乃花には自らの人生を仮託していたという星野さんが、天皇(制)をはじめ日本近現代の政治史を専門にする原さんと「相撲における国技と国際化」をテーマに語り尽くします。
日馬富士事件で揺れるいま、相撲ファンも、アンチも必聴の対談です。

会場八重洲ブックセンター本店8F
開場/開演開場/開演 13:30/14:00
料金500円(税込) ※八重洲ブックセンターゴールド会員は無料
出演者星野智幸(作家)
原武史(政治学者)
お問い合わせ八重洲ブックセンター本店(03-3281-8201)
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/13326/
その他情報『のこった』
978-4-907239-27-5
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907239275

2018/01/10

元あゆみBOOKS店長・久禮亮太氏&Title店主・辻山良雄氏&元新文化通信編集長・石橋毅史氏が神楽坂モノガタリに集結!

本屋のしごとの伝え方 『スリップの技法』『本屋、はじめました』『まっ直ぐに本を売る』久禮亮太✕辻山良雄✕石橋毅史トークイベント

2017年10月刊、当店の選書担当・久禮亮太著『スリップの技法』(苦楽堂刊)がおかげさまで重版決定しました。読者の皆さまへの御礼も兼ねてトークイベントを開催します。お相手は同じく苦楽堂から『まっ直ぐに本を売る』を刊行されたフリーランスライターの石橋毅史さん、『本屋、はじめました』を刊行されたTitle店主の辻山良雄さんです。

トークのテーマは「伝え方」。本屋というしごとを文章にして伝えることの面白さと難しさ、本屋のしごと=本が在ることを人に伝えることの楽しさや工夫について3人で語りあいます。長く本屋と書店員を取材してこられた石橋さん。自ら本屋さんを始めた辻山さん。そして本に挟まれた「スリップ」の活かし方を書いた当店・久禮。世にいわゆる「本屋本」や雑誌の書店特集が多い中で、3人が書かれた本はその具体的な描写とことばで大きな注目を集め、出版業界の枠を超えて読まれる本へと育ちました(3点いずれも重版出来)。当日は、それぞれの著書が生まれた経緯、著書に込めた思い、そしてお互いの本への感想なども話題となる予定です。

「本屋というしごと」の中身や面白さは語り尽くされたのか、それともまだまだ伝えることがあるのか。若き書店員に、より多くの読者にそれを伝えていくためには何が必要なのか。「本屋というしごと」の楽しさと課題を再確認し、未来への可能性をさぐる2時間。皆さまのご参加をお待ちしております。

会場書店・神楽坂モノガタリ(神楽坂駅1番出口目前。ガラス張りのビル)
開場/開演開演 19:00
料金1,500円 ●ワンドリンク込(ビール・ワイン・スペシャルティコーヒー・アイスティーなど)
出演者石橋毅史(いしばし・たけふみ)
フリーランスライター。1970年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、出版社勤務を経て98年に新文化通信社入社。出版業界紙「新文化」記者を務める。2005年、同紙編集長就任。09年12月退社。著書に『「本屋」は死なない』(新潮社/2011年刊)、『口笛を吹きながら本を売る-柴田信、最終授業』(晶文社/2015年刊)。注文出荷制出版社による共同DM「今月でた本・来月でる本」にて「本屋な日々」を連載中。

辻山良雄(つじやま・よしお)
Title店主。1972年、神戸市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。97年、リブロ入社。大泉店、久留米店、福岡西新店を経て、広島店と名古屋店で店長を歴任。名古屋時代は街ぐるみの本のイベント「BOOKMARKNAGOYA」初代実行委員の一員を務める。2009年より池袋本店統括マネージャー。15年7月の同店閉店後退社。16年1月、東京・荻窪にTitleを開業。近著に『365日のほん』(河出書房新社/2017年刊)。

久禮亮太(くれ・りょうた)
1975年生まれ、高知県出身。早稲田大学法学部中退。97年、あゆみBOOKS早稲田店にアルバイト勤務。三省堂書店八王子店に契約社員として勤務したのち、2003年よりあゆみBOOKS五反田店に正社員として勤務。2010年より同社小石川店店長。14年退職。15年、「久禮書店」の屋号でフリーランス書店員として独立。神樂坂モノガタリ(東京都新宿区)などで選書、書店業務一般を行うほか、長崎書店(熊本市)などで書店員研修を担当。
お問い合わせ神楽坂モノガタリ
東京都新宿区神楽坂6-43 K's Place 2F
03-3266-0517
http://www.honnonihohi.jp/index.html

お申込み先
【Peatix】
http://peatix.com/event/331290

【神楽坂モノガタリ】
03-3266-0517
その他情報●書籍へのリンク

『まっ直ぐに本を売る』
http://kurakudo.co.jp/#978-4-908087-04-2

『本屋、はじめました』
http://kurakudo.co.jp/#978-4-908087-05-9

『スリップの技法』
http://kurakudo.co.jp/#978-4-908087-07-3

12
345
ブックトーク「ポピュラーカルチャーと「戦闘美少女」の今」
アメリカと北朝鮮の戦争、「負ける」のは誰か?〜今、知っておきたい安全保障の基礎知識 山崎雅弘(戦史・紛争史研究家)✕ 布施祐仁(ジャーナリスト)
67
第6回『日本語で読みたい韓国の本―おすすめ50選』説明会
89
10111213141516
17181920
『オリンピック・デザイン・マーケティング』(河出書房新社)刊行記念 「エンブレム問題から考えるデザインの過去と未来」加島卓&山本貴光トークイベント
212223
24
ニンゲンの“マイグレーション”は可能か
252627282930
31