本を探す。
本のデータ、新聞などの書評に載った情報、書店のフリーペーパー、
ためし読みのできる本、これから出版される本など
本を探す手助けを目指しています。
●APIを公開しました
このサイトのAPI をご参照ください。
このサイトに掲載している本の情報
書誌情報319,975タイトル 掲載出版社13,878社 書評掲載情報32,752タイトル49,682件 近刊情報3,264タイトル320社 ためし読み8,635タイトル
版元ドットコム会員出版社210社 会員出版社書誌情報48,381冊

書評に載った本

a:2:{s:12:"shoshi_title";s:30:"書評に載った本の検索";s:7:"rss_url";a:1:{i:0;a:2:{s:3:"url";s:99:"http://www.hanmoto.com/ci/shohyo/search/mbr/true/limit/7/start_date/-1month/end_date/today/vw/rss20";s:5:"title";s:30:"書評に載った本の検索";}}}
後藤正治ノンフィクション集 第1巻『空白の軌跡』『ふたつの生命』『人工心臓に挑む』(ブレーンセンター)
後藤正治ノンフィクション集 第2巻『甦る鼓動』『生体肝移植』京大チームの挑戦(ブレーンセンター)
後藤正治ノンフィクション集 第3巻『遠いリング』『咬ませ犬』(ブレーンセンター)
後藤正治ノンフィクション集 第4巻『リターンマッチ』『私だけの勲章』(ブレーンセンター)
後藤正治ノンフィクション集 第5巻『スカウト』『奪われぬもの』(ブレーンセンター)
後藤正治ノンフィクション集 第6巻『牙』江夏豊とその時代『不屈者』(ブレーンセンター)
後藤正治ノンフィクション集 第7巻『ベラ・チャスラフスカ』節義のために『マラソンランナー』(ブレーンセンター)

もっと見る

新しい本

a:2:{s:12:"shoshi_title";s:4:"none";s:7:"rss_url";a:1:{i:0;a:2:{s:3:"url";s:114:"http://www.hanmoto.com/ci/bd/search/edate/today/hdt/none/pg/none/jpo/0/skipnoimg/1/order/desc/sdate/today/vw/rss20";s:5:"title";s:4:"none";}}}
桃太郎 (ふらんす堂)
小学校における「特別の教科 道徳」の実践 (北大路書房)
ダークライト (論創社)
厚かましいアリバイ (論創社)
灯火が消える前に (論創社)
すぐできる! 誰でもわかる! アクティブ・ラーニング  ーフューチャー・セッションでらくらく実践!ー (吉備人出版)
NISA、DCから一括贈与まで 税制優遇商品の選び方・すすめ方 (近代セールス社)

もっと見る


これから出す本

a:2:{s:12:"shoshi_title";s:4:"none";s:7:"rss_url";a:1:{i:0;a:2:{s:3:"url";N;s:5:"title";s:4:"none";}}}
童貞の世界史 (パブリブ)
2016 金融商品ポケットブック (近代セールス社)
対校 水鏡〈改訂版〉 (笠間書院)
続・ハイデガー読本 (法政大学出版局)

もっと見る

増刷した本

a:2:{s:12:"shoshi_title";s:4:"none";s:7:"rss_url";a:1:{i:0;a:2:{s:3:"url";s:104:"http://www.hanmoto.com/ci/bd/search/pg/none/hdt/none/jd/2015-02-01/jpo/0/skipnoimg/1/order/desc/vw/rss20";s:5:"title";s:4:"none";}}}
憲法入門 (羽鳥書店)
前世療法 (東方出版)
ヴァーグナー オペラ・楽劇全作品対訳集 (水曜社)
ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法 (DU BOOKS)
憲法のエチュード (八千代出版)
INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!! (DU BOOKS)
クラシックの真実は大作曲家の「自筆譜」にあり! (DU BOOKS)

もっと見る


  • 「感謝の一冊」(パブラボ 白岩 俊明) 2016-04-27

     パブラボ編集部の白岩俊明と申します。http://www.publabo.co.jp/
     気がつけば、40代の半ばに差しかかろうとしていますが、相変わらず「ベストセラーを出したい」という一身で編集の仕事に携わっています。
     最近の課題はふたつ、編集して出版した後のことをいかにイメージできるかと、スケジュール配分の見積もりです。

     前者は、つい目の前の原稿に追われがちな自分をもうひとりの自分がコントロールしながら、出版した本をどうやってより多くの方に届けるか? というプロモーション的なことです。SNSがまだまだ疎く、facebookはやっているもののtwitterは少々、LINEはまだまだ、Instagramはサッパリ……というなか、アメリカではfacebookはプライベートが目的、仕事や勉強関係はLinkedInの利用が大半、という話を耳にすると、時代に取り残された感で焦る自分がいます。 (さらに…)

版元日誌をもっと見る

版元ドットコムカレンダー
Twitter
Facebook