版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
反戦自衛官 小西 誠(著) - 社会批評社
.
詳細画像 0

反戦自衛官 復刻増補版 権力をゆるがす青年空曹の造反

発行:社会批評社
四六判
224ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-907127-24-4
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年3月
書店発売日
登録日
2018年2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

半世紀ぶりに復刊された幻の著作ー1969年、自衛隊の中で、たった一人で決起した青年空曹の、部隊内での熾烈な闘いと、逮捕・起訴に至るドキュメント。
ーそして1975年、1981年の二度に亘って「小西三曹無罪」の判決が下され、1970~90年代の全自衛隊をゆるがす「反戦自衛官ー兵士運動」が始まった。
日本軍隊史上、初めての「兵士の人権」をめぐる闘いとは⁉
著者自身の解説による増補版

目次

  読者に     角南俊輔 4
Ⅰ 反戦自衛官の誕生 7
  1 小西三曹、きみを逮捕する 8 
  2 良識ある自衛隊員諸君!――「アンチ安保」全文 22
  3 取調べは極秘にはじめられた 31 

Ⅱ 貧困と差別からの脱出 47 
  1 私の少年時代 48 
  2 「ストライキ事件」 55 
  3 少年自衛隊での生活 63

Ⅲ 最優秀隊員から造反隊員へ 83 
  1 虚無感・反抗・共産主義 84
  2 学生運動との出あい 94

Ⅳ 「小西裁判」の本質と叛軍闘争 107  
  1 裁判における権力のねらい 108
  2 隊内造反の波紋 120
  3 自衛隊員の意識――前自衛官との鼎談 133
  4 さまざまな反自衛隊闘争の出発 158

Ⅴ 叛軍宣言――全自衛隊員へのアピール 169 
  ☆ これが自衛隊だ 170
  ☆ すべての自衛隊員はわれわれの隊列に 179
  ☆ 自衛官組合を結成せよ 183
  ☆ 不当・不法な命令を拒否せよ 184
  ☆ 農村出身の下級兵士は蜂起する 191
  ☆ 部落出身の下級兵士は蜂起する 193
  ☆ 米軍兵士との連帯行動を 194
  ☆ 自衛隊解体――人民総武装 196

解説 二度の無罪判決と小西以後の闘い 204

前書きなど

 読 者 に
                             角南 俊輔(弁護士)

 私が小西三曹の闘いを知ったのは、一九六九年の暮、六〇年代を象徴すると思われる東大闘争裁判において、裁判長の発言禁止・退廷・拘束命令等という厳しい訴訟指揮下に法廷に立っていた真最中であった。それだけに私には小西誠の闘いは一九七〇年代の闘いの開始を告げる象徴的事件のように思われた。

 私の考えでは、六〇年代は学生を中心とする急進的インテリゲンツィアの思想闘争の時代だった。しかし七〇年代は、その学生にかわって、反戦青年委員会に結集する労働者を中心として、部落解放同盟の青年、沖縄の青年、在日朝鮮・中国の青年、自衛隊の青年といった六〇年代に自分の発言を準備していた青年たちの時代になるだろうとの予感だけは私にもあった。だから、小西誠の闘いを、確実に動いている歴史の歯車の一こまの音のように聞いた。

 彼の第一回公判は、七〇年の七月二三日より新潟地方裁判所で開かれるが、この小西反軍裁判の第一審判決は、たぶん七二年の前後になるだろう。 七二年は、沖縄返還・四次防が現実化され、「自主防衛」問題がイデオロギーとしてではなく、物質化される時である。その意味でも、小西反軍裁判は、わが国の七〇年代の運命とわかちがたく結びついて展開されてゆくことであろう。そのような闘いとして小西事件はある。

 一方ではいかなる問題も闇に葬りたいという要求、一方では白昼公然と海外派兵・核武装が語られるようにしたいという要求――この二つの矛盾のはざまに昨年までの自衛隊があった。しかし、小西誠の起訴に踏み切ったとき、権力は一つの大きな選択をした。それは最高裁判所による「自衛隊の認知」への選択である。この選択は、たとえわれわれが気にいろうが、気にいるまいが、そんなことに無関係に、今後のわれわれの運命を変えてゆくことであろう。

 ある意味では、従来自衛隊違憲訴訟といわれてきた砂川・恵庭・長沼訴訟の延長線上に小西事件はある。しかし、ただ従来の違憲訴訟と小西事件が異なるのは、小西誠の言葉をもってすれば、こちら側から公然と自衛隊の「加害者」として登場したということである。そして、彼が「加害者になろう」と決意したことは、この国の状況に住むすべての人間に無関係ではない。なぜなら、すべてこの国に住む人間が、ヴェトナム戦争の、自衛隊の被害者にして加害者の悪しきメカニズムの奴隷であるからである。われわれは、何時の日にか被害者=加害者のメカニズムを断ち切る闘いをはじめねばならないと語り続けてきた。そして、小西誠はみごとにその一例を示してくれた。全国の青年は、「第二、第三の小西を!」のスローガンを呼びかけあいながら、権力の選択に闘いをいどみはじめている。
 今度は、われわれが選択するときである。
                         (小西誠反軍裁判主任弁護人)

版元から一言

およそ半世紀ぶりの幻の著作の復刊。オンデマンド版で復刊したところ、予想外の反響で、ぜひオフセット版で復刊してほしい、という要求で発行することなった。
「小西決起」以後の、1970~90年代までの、反戦自衛官―兵士運動の歴史も、著者自身が解説、増補版。

著者プロフィール

小西 誠  (コニシマコト)  (

1949年、宮崎県生まれ。航空自衛隊生徒隊第10期生。1968年三等空曹に任官し佐渡レーダーサイトに配属。1969年「命令違反」等で懲戒免職にされるが取消しを求めて提訴、1997年東京地裁で敗訴。
軍事ジャーナリト、社会批評社代表。2004年から「自衛官人権ホットライン」事務局長。
著書に『反戦自衛官』(1970年合同出版)、『自衛隊の対テロ作戦』『ネコでもわかる? 有事法制』『現代革命と軍隊』『自衛隊 そのトランスフォーメーション』『日米安保再編と沖縄』『自衛隊 この国営ブラック企業』『オキナワ島嶼戦争』『標的の島』『自衛隊の島嶼戦争』(以上、社会批評社)などの軍事関係書多数。
また、『サイパン&テニアン戦跡完全ガイド』『グアム戦跡完全ガイド』『本土決戦 戦跡ガイド(part1)』『シンガポール戦跡ガイド』『フィリピン戦跡ガイド』(以上、社会批評社)の戦跡シリーズ他。

上記内容は本書刊行時のものです。