版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

気になるのです……よろしく

 ときどき鼻につくことばに、「よろしくお願いします」がある。
 いつだったか、外国人から「どういう意味ですか?」と聞かれたことがある。むこうは日本語初級者だったので、それは自己紹介のときの最後にいうことばだよ、とおしえた。とりあえず限定的に、そうおしえるしかなかった。
 僕たちは日常、なんの気なしに「よろしくお願いします」を使っている。しかし、「お願いします」の意味はわかるが、「よろしく」がなぜくっつくのか不明である。
 「じゃあ、よろしく」といって別れ、「奥様によろしく」と言付けたりする。「よろしくどうぞ」なんて、煙に巻くようないい方もする。「よろしく頼むよ」はワリとわかりやすいし、「よろしくやってますねぇ」も、いささか下世話な感じが出ていて、それはそれでわかる。
 「よろしく」は、文法的には形容詞「よろしい」の連用形からきているので、出自ははっきりしている。しかし使用場面はさまざまであり、そこで内包する意味もちがってくるのである。
 ほどよく、適当に、うまいぐあいにやってくれ。まあまあお手やわらかに。わたしのことを敵対視しないでください。あなたのことは嫌いじゃないよ(建前の場合もあるけれど)。あなたのことを気にかけていますよーー。
 そうなると、「奥様によろしく」は、ちとマズいのでは? あなたの奥様に好意を持っていますよ、という意味になるではないか。嫉妬深い夫なら逆上してややこしいことに、てなケースはないとは思うが……。
 とにかくこの「よろしく」は便利なことばである。あいまいで意味不明。なんとなくわかったような、わからないような……。じつに日本人の感性に合う、というか、場の潤滑油として機能している。
 しかし、「よろしくお願いします」はいかにも長すぎる、とときどき思う。たとえば、テレビやラジオの政治討論会の出席者お歴々が、冒頭自己紹介をするときなどはうんざりする。
 「ジミントー(A)のアベシンゾー(B)です。よろしくお願いします」以下、AとBを差し替えて順番につづく。
 事前の申し合わせで「よろしくお願いします」を省略できないのか? 最初のアベ氏が「よろしくお願いします」とやってしまうと、以下同文になりがちである。
 ーーかように、「よろしくお願いします」は気になるが、これも日本語表現の豊かさかな、と考えると、まあいいかとも思うときもある。外国人にはうまく説明できないけれど……。
 こんなのもある。「そこんとこ、ひとつよろしく」。

椋鳥書房 の本一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加