版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

出版営業が楽しくて。

皆さま、はじめまして。
まむかいブックスギャラリーの木村由加子と申します。
当社は、2008年8月に版元ドットコムに入会しました。
版元日誌へは初めての投稿となりますので、今回は当社の紹介をかねて、近況をお伝えしたいと思います。

当社は社内スタッフ2名と、プロジェクトごとにご協力いただいている、編集、デザイン、web・システム等の専門スタッフ数名で、年6冊の一般書刊行を目標に、活動している版元です。

 1冊目を刊行した直後に、版元ドットコムに入会させていただいたのですが、その1か月後に、かのリーマンショックが…。
 当時の状況は、業種業態を問わず、どこもシビアーだったと思います。船出したばかりの当社にとっては、ゴングが鳴った直後にいきなり先制パンチを受けた格好で、予定していた計画を大幅に見直すなどして、スタートを切ることになりました。

 そして今回、ようやく誕生した当社2冊目の書籍が、
Gift with BIKE 自転車が私にくれた贈りもの』(土屋朋子 著)
です。

 この本は、自転車ジャーナリストであり、全国各地で自転車レースやツーリングを企画している土屋朋子さんが、自転車乗りならではの人生の楽しみ方を、若い世代に向けて書き下ろした1冊です。
(チャリ好きには『わかる~』という熱いフレーズがいっぱいです。エコアウトドア―な方はぜひご一読ください)

 この制作にあたり、これまで編集畑できた私は、営業を担当することにしました。
 自らが代表をつとめる版元だから否応ない側面もありますが、職業人生を60年と捉えたときに(ちょっと欲張りかな)、前半はものづくり、後半はプロモーション&販売というのも、悪くはないなあと考えたからです。

 著者との顔合わせが終わり、制作がスタートすると、私は読者対象となる人々へのヒアリングから始めました。
 「自転車」に抱いているイメージは? 自転車に乗っていてどんなことが楽しい? 自転車を広めるには、どんなことを伝えたらいいんだろう?etc……。
 そして、そこで得た意見の数々は、プロモーションのヒントにさせていただくと同時に、著者やエディター、デザイナーとも共有しました。

 すると面白いことが起こりました。
 それぞれの担当者が作り始めていた世界観に、読者対象者の声が混ざり、昨日とは別の展開になったり、思いがけない変更案が生み出されたりしたのです。逆に、せっかくまとまりかかっていた本の構成が、私のバッドタイミングな情報提供で、クラッシュするようなこともありましたが――。

 そんなことを面白がりながら1年がかりで創り上げた新刊本。私はこれまでにない形で「本を生み出す喜び」を感じさせてもらったような気がします。

 印刷入稿が終わった段階では、版元ドットコムの「書店・図書館へのFAXDM」も、初めて利用させていただきました。
 「知名度のない版元だし、反応がなくても次回のプロモーションの勉強ということで」などと弱気にかまえていたものの、送信当日の夜から、注文、注文、注文…のFAXが、たて続けに届きました。
 書店の方々が、仕事がひと段落した夜遅くに、版元からのメッセージを見てくださっていることが直に感じられて、本当にありがたいと思いました。

 今回の『Gift with BIKE 自転車が私にくれた贈りもの』の刊行にあたって、ひとつひとつのプロセスを手探りで進めてきたプロモーション&販売ですが、刊行から1か月過ぎた頃になって、はっと気づかされた(思い出された)ことがあります。

 というのは、私が「手探り」だと思っていた自分の手法は、ずっと以前に勤めていた出版社で、経験させてもらっていたことだったのです。

 その出版社では、編集会議で通った企画を進める際に、主だった市場データで裏付けをとることはもちろん、編集者直々に、自社で抱えている読者モニターなどに必ずヒアリングをし、企画のテーマや切り口などのアイデア出しを行っていました。

 また年に数回は、発売日に合わせて、営業部以外の社員も各地の書店に分担して赴き、書店の店頭に立ち、自分たちが作った本をおすすめし、本を買ってくださった方々に声をかけ、会話の中にこぼれる意見や要望に耳を傾けていました。

 そこでは常に上司から、「読者や書店員の声をきけ、きけ、きけ」と厳しく言われていました。
 あまりに厳しかったので(笑)私は記憶の隅に追いやっていたようですが、今にして思えば当然のことだと、この道を進み始めて思ったのです。

 当社はまだまだ駆け出しの部類に入る版元ですが、この2冊目の経験を初心として、丁寧に歩みを進めていきたいと思っています。
 現在は、読んだあとにお寿司が食べたくなるような本を制作中です。
 また、「はじめまして」のご挨拶をかねて、全国の書店を回らせていただいておりますので、書店のご担当者様、お時間のある際はぜひお話させてください。

 皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

まむかいブックスギャラリー の本一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加