版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
小児がん治療後の長期フォローアップガイド 前田尚子(編集) - クリニコ出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

書店員向け情報 HELP

小児がん治療後の長期フォローアップガイド

医学
このエントリーをはてなブックマークに追加
B5判
縦257mm 横182mm 厚さ220mm
重さ 700g
416ページ
定価 6,000円+税
ISBN
978-4-910396-13-2   COPY
ISBN 13
9784910396132   COPY
ISBN 10h
4-910396-13-6   COPY
ISBN 10
4910396136   COPY
出版者記号
910396   COPY
Cコード
C3047  
3:専門 0:単行本 47:医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月15日
書店発売日
登録日
2021年7月8日
最終更新日
2021年8月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 小児がんの治療成績は著しく向上し,多くの小児がん経験者が成長し成人する時代となりました。しかしその一方で,がんそのものや治療に起因する晩期合併症が多くの小児がん経験者に見られ,生命に関わる重篤な例や複数の合併症を有する例も少なくないことが明らかになってきました。このため長期フォローアップの重要性が認識されるようになり,1990 年代後半から世界のいくつかの国や地域で「長期フォローアップガイドライン」が作成されました。
 しかし,小児がんの長期フォローアップの分野では,エビデンスに基づくガイドラインの作成が非常に困難です。そこで本書では,可能な限り科学的根拠に基づく記載を心がけ,参考文献には可能な限りエビデンスレベルを付記しました。
 本書は,小児がんの患者さんが,日本のどの施設においても同じように長期フォローアップが受けられることを目標に、小児がん治療や合併症治療に携わる診療科の医師,看護師,心理師,ソーシャルワーカーなど,多職種からなる執筆陣で作成しました。本書が小児がん治療,フォローアップに携わる皆様のお役に立てば幸いです。

目次

序文
謝辞
緒言
編者・執筆者一覧
本ガイドの使用にあたって
目次
フォローアップレベル
Ⅰ 臓器別・症状別ガイド
1. 神経系(認知機能を除く)
2. 認知機能
3. 内分泌系
4. ①骨・筋・軟部組織 ②皮膚
5. 口腔・歯
6. 眼・視覚
7. 耳・聴覚
8. 心臓
9. 血管・リンパ管
10. 肺・呼吸器
11. 消化管・肝臓
12. 腎・泌尿器
13. 生殖機能
14. 易疲労に関する問題
15. 二次がん
Ⅱ 治療法別ガイド
Ⅲ 疾患別ガイド
1. 急性リンパ性白血病
2. 急性骨髄性白血病
3. 乳児急性リンパ性白血病
4. 非ホジキンリンパ腫
5. ホジキンリンパ腫
6. 慢性骨髄性白血病
7. 若年性骨髄単球性白血病
8. ランゲルハンス細胞組織球症
9. 神経芽腫
10. 肝腫瘍
11. 腎腫瘍
12. 骨肉腫
13. 横紋筋肉腫
14. ユーイング肉腫ファミリー腫瘍
15. 胚細胞腫瘍
16. 網膜芽細胞腫
17. 脳腫瘍
Ⅳ 心理社会的ガイド
1. 展望 小児がん経験者のライフステージ(発達課題)に沿った支援
2. 復学・就学
3. 就労
4. 恋愛、性、結婚
5. 精神症状
6. 小児がん経験者の心理
7. 小児がん経験者の家族の心理
8. 小児がん経験者のQOL
9. 小児がん経験者の家族のQOL
10. 健康教育・健康管理
11. 保険
12. 手帳の申請・障害年金など
Ⅴ 予防接種ガイド
Ⅵ 輸血後フォローアップガイド
巻末資料
1. 日本人小児の成長曲線(男女)
2. Tanner 分類
3. 日本人小児の肥満度判定曲線(男女)
4. メタボリックシンドロームの診断基準
5. 空腹時血糖値および経口ブドウ糖負荷試験2時間値の判定基準
6. 小児の高血圧診断基準
7. 日本人小児の年齢骨塩定量値
8. アントラサイクリン系薬剤の心毒性換算表
9.  eGFR
10. 小児血清シスタチンC基準値
11. 小児血清クレアチニン基準値
12. 小児血清β2ミクログロブリン基準値
13. 抗がん剤略語一覧
14. COGガイドラインVer,5.0要約
15. フォローアップ外来問診票
16. JCCG長期フォローアップ委員会 治療のまとめ
17. 合併症チェックリスト
18. 参考サイト・学会 
索引

著者プロフィール

前田尚子  (マエダナオコ)  (編集

国立病院機構名古屋医療センター小児科/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

石田也寸志  (イシダヤスシ)  (編集

愛媛県立中央病院小児医療センター/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

岩井艶子  (イワイツヤコ)  (編集

愛媛県立中央病院小児医療センター/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

大園秀一  (オオゾノシュウイチ)  (編集

久留米大学小児科/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

上別府圭子  (カミベップケイコ)  (編集

一般社団法人子どもと家族のQOL研究センター/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

清谷知賀子  (キヨタニチカコ)  (編集

国立成育医療研究センター小児がんセンター/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

寺田和樹  (テラダカズキ)  (編集

成田赤十字病院小児血液腫瘍科/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

永吉美智枝  (ナガヨシミチエ)  (編集

東京慈恵会医科大学医学部看護学科小児看護学/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

早川 晶  (ハヤカワアキラ)  (編集

淀川キリスト教病院緩和医療内科/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

藤 浩  (フジヒロシ)  (編集

国立成育医療研究センター放射線治療科/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

前田美穂  (マエダミホ)  (編集

日本医科大学付属病院小児科/JCCG長期フォローアップ委員会ガイドライン作成ワーキンググループ

相部則博  (アイベノリヒロ)  (著/文

京都府立医科大学大学院医学研究科放射線診断治療学

秋庭健志  (アキバタケシ)  (著/文

東海大学医学部付属八王子病院放射線治療科

荒川ゆうき  (アラカワユウキ)  (著/文

埼玉県立小児医療センター血液・腫瘍科

伊井憲子  (イイノリコ)  (著/文

伊勢赤十字病院放射線治療科

岩田慎太郎  (イワタシンタロウ)  (著/文

国立がん研究センター中央病院骨軟部腫瘍・リハビリテーション科

岩端威之  (イワハタトシユキ)  (著/文

獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科

上原秀一郎  (ウエハラシュウイチロウ)  (著/文

日本大学医学部小児外科

瓜生英子  (ウリュウヒデコ)  (著/文

国立国際医療研究センター病院小児科

江島泰生  (エジマヤスオ)  (著/文

獨協医科大学病院放射線治療センター

大植孝治  (オウエタカハル)  (著/文

兵庫医科大学外科学講座小児外科

大村素子  (オオムラモトコ)  (著/文

湘南鎌倉総合病院放射線腫瘍科

岡成和夫  (オカナリカズオ)  (著/文

大分大学小児科

岡本 健  (オカモトタケシ)  (著/文

大津赤十字病院整形外科

小川 淳  (オガワアツシ)  (著/文

新潟県立がんセンター新潟病院小児科

尾花和子  (オバナカズコ)  (著/文

埼玉医科大学小児外科

梶原道子  (カジワラミチコ)  (著/文

東京医科歯科大学輸血部

河上智美  (カワカミトモミ)  (著/文

日本歯科大学生命歯学部小児歯科

川口浩史  (カワグチヒロシ)  (著/文

広島大学大学院 医系科学研究科小児科学

川村眞智子  (カワムラマチコ)  (著/文

埼玉県立がんセンター臨床検査科

簡野美弥子  (カンノミヤコ)  (著/文

山形大学病院小児科

吉備智史  (キビサトシ)  (著/文

東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻家族看護学分野

古賀友紀  (コガユウキ)  (著/文

九州大学大学院医学研究院周産期・小児医療学講座

小林京子  (コバヤシキョウコ)  (著/文

聖路加国際大学大学院小児看護学

斎藤章治  (サイトウショウジ)  (著/文

信州大学医学部小児医学教室

坂本謙一  (サカモトケンイチ)  (著/文

国立成育医療研究センター血液腫瘍科

佐藤伊織  (サトウイオリ)  (著/文

東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻家族看護学分野

佐藤聡美  (サトウサトミ)  (著/文

聖路加国際大学公衆衛生大学院

澤田明久  (サワダアキヒサ)  (著/文

大阪母子医療センター血液・腫瘍科

塩田曜子  (シオダヨウコ)  (著/文

国立成育医療研究センター血液腫瘍科

柴田明日香  (シバタアスカ)  (著/文

国際医療福祉大学成田看護学部看護学科

嶋 晴子  (シマハルコ)  (著/文

慶応義塾大学医学部小児科

下之段秀美  (シモノダンヒデミ)  (著/文

宮崎県立宮崎病院小児科

末延聡一  (スエノブソウイチ)  (著/文

大分大学 大分こども急性救急疾患学部門医療・研究事業

菅 秀  (スガシゲル)  (著/文

国立病院機構三重病院小児科

鈴木 彩  (スズキアヤ)  (著/文

国立成育医療研究センター医療連携・患者支援センター

鈴木茂伸  (スズキシゲノブ)  (著/文

国立がん研究センター中央病院眼腫瘍科

角美奈子  (スミミナコ)  (著/文

東京都健康長寿医療センター放射線治療科

副島尭史  (ソエジマタカフミ)  (著/文

神戸大学大学院保健学研究科家族看護学分野

副島俊典  (ソエジマトシノリ)  (著/文

神戸陽子線センター放射線治療科

高田彰憲  (タカダアキノリ)  (著/文

三重大学医学部附属病院 放射線科治療部門

高間勇一  (タカマユウイチ)  (著/文

近畿大学奈良病院小児外科

高江正道  (タカエセイドウ)  (著/文

聖マリアンナ医科大学産婦人科

竹之内直子  (タケノウチナオコ)  (著/文

京都大学大学院医学研究科博士後期課程

田中真己人  (タナカマキト)  (著/文

藤田医科大学小児科

出水祐介  (デミズユウスケ)  (著/文

神戸陽子線センター放射線治療科

富岡晶子  (トミオカアキコ)  (著/文

東京医療保健大学医療保健学部看護学科

中山秀樹  (ナカヤマヒデキ)  (著/文

国立病院機構九州がんセンター小児科

西川 亮  (ニシカワリョウ)  (著/文

埼玉医科大学国際医療センター脳脊髄腫瘍科

温井めぐみ  (ヌクイメグミ)  (著/文

大阪市立総合医療センター小児神経内科

野嵜美和子  (ノザキミワコ)  (著/文

獨協医科大学埼玉医療センター放射線科

藤野寿典  (フジノヒサノリ)  (著/文

大阪赤十字病院小児科

原 純一  (ハラジュンイチ)  (著/文

大阪市立総合医療センター小児医療センター血液腫瘍科

檜山英三  (ヒヤマエイソウ)  (著/文

広島大学大学院医系科学研究科外科学

文野誠久  (フミノシゲヒサ)  (著/文

京都府立医科大学大学院小児外科学

細野亜古  (ホソノアコ)  (著/文

国立がん研究センター東病院小児腫瘍科・乳腺腫瘍内科

堀 浩樹  (ホリヒロキ)  (著/文

三重大学大学院医学系研究科生命医科学専攻医学医療教育学分野

前田留美  (マエダルミ)  (著/文

東京医科歯科大学保健衛生学研究科看護キャリアパスウェイ教育研究センター

前林勝也  (マエバヤシカツヤ)  (著/文

日本医科大学付属病院放射線治療科

丸 光惠  (マルミツエ)  (著/文

兵庫県立大学看護学部小児看護学

宮村能子  (ミヤムラタカコ)  (著/文

大阪大学大学院医学系研究科小児科学

森麻希子  (モリマキコ)  (著/文

埼玉県立小児医療センター血液・腫瘍科

森 尚子  (モリナオコ)  (著/文

医療法人社団ときわ 赤羽在宅クリニック小児科

盛田大介  (モリタダイスケ)  (著/文

信州大学医学部小児医学教室

森本 哲  (モリモトアキラ)  (著/文

自治医科大学小児科学講座

守本倫子  (モリモトノリコ)  (著/文

国立成育医療研究センター感覚器・形態外科部耳鼻咽喉科

山口悦子  (ヤマグチエツコ)  (著/文

大阪市立大学医療安全管理学

横井匡  (ヨコイタダシ)  (著/文

国立成育医療研究センター感覚器・形態外科部眼科

吉川利英  (ヨシカワトシヒデ)  (著/文

福井大学医学部小児科

米本 司  (ヨネモトツカサ)  (著/文

千葉県がんセンター整形外科

依藤 亨  (ヨリフジトオル)  (著/文

大阪市立総合医療センター小児代謝内分泌内科

力石 健  (リキイシタケシ)  (著/文

宮城県立こども病院血液腫瘍科

上記内容は本書刊行時のものです。