版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
モーメント・アーケード ファン・モガ(著) - クオン
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|地方小|八木|子どもの文化
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910214368

モーメント・アーケード
原書: 모멘트 아케이드

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:クオン
B6変型判
100ページ
並製
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-910214-36-8   COPY
ISBN 13
9784910214368   COPY
ISBN 10h
4-910214-36-4   COPY
ISBN 10
4910214364   COPY
出版者記号
910214   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年4月30日
書店発売日
登録日
2022年2月12日
最終更新日
2022年4月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-05-18 統一日報    第7499号
MORE
LESS

紹介

韓国SF 注目の作家ファン・モガ
第4回韓国科学文学賞(中短編部門)大賞受賞作 待望の邦訳。
映画化も進行中!


仮想現実空間内で他人の記憶データが売買される「モーメント・アーケード」。自分の惨めな人生と向き合いたくなかった「私」は、アーケードで他人の記憶に夢中になり、かつて誰かが感じた瞬間(モーメント)を手当り次第に疑似体験していた。
ある日「オススメ」に上がってきて何かに引き寄せられるように購入した「あなた」のモーメント。
その記憶と感覚が、次第に「私」を目覚めさせていく――。

2021年に第8回韓国SFアワード優秀賞を受賞するなど今注目の作家ファン・モガの短編を、原文と邦訳で楽しむことができる一冊。

【韓国文学ショートショート きむ ふなセレクション】
翻訳家きむ ふなが今お勧めする作家の深い余韻と新たな発見を感じさせる短編を、日本語と韓国語の2言語で紹介するシリーズ。
韓国語の朗読をYouTubeで配信中。
CUON YouTube チャンネル
https://www.youtube.com/user/cuonbooks

目次

-「モーメント・アーケード」邦訳
- 訳者解説
- 原文「모멘트 아케이드」

前書きなど

『モーメント・アーケード』日本語版発売記念、著者書き下ろしメッセージより
日本語版の刊行を記念して、ファン・モガ作家から日本の読者の皆さんへメッセージを頂きました。その一部をご紹介いたします。
*メッセージの全文はこちらからご覧いただけます。



韓国人の私は、日本で暮らしながら色んな意味で複数の世界を常に経験していました。韓国と日本、創作と生活、残酷な世界と暖かい世界、などなど。言葉が少し違うだけで冷たい態度を見せる人もいましたが、言葉や考え方が違うからこそ一緒に楽しい時間を過ごせる友たちもたくさんいました。同じ場所でありつつも色んなレイヤーが重なっている、面白い世界ですよね。時には、現実がSFよりひどいディストピアかもしれないと思ったこともあります。でも、どんなディストピアでも私は生き延びるんだと決心しています。そう、あなたがいるから。「私たち」がここにいるから。

国籍やバックグラウンドを理由に差別するのは死ぬほどくだらないと思っています。色んな経験を持った人と出会って、お互いのバックグラウンドをあたかも自分が経験したことのように楽しみたい。そのぶん、私たちの世界は広がると信じています。「モーメント・アーケード」は仮想現実を背景にした作品ですが、そう願う私の構想が盛り込まれています。

これからも、あなたと一緒にたくさん楽しい経験をしたいです。あなたもときどき、私に、私たちに声をかけてくれませんか。私が会いにいくから、その日までお互い頑張ろうと!

2022年 春
ファン・モガ

著者プロフィール

ファン・モガ  (ファンモガ)  (

著者:ファン・モガ
2006年に来日し、漫画家の制作スタジオ、IT企業にて勤務。
東京居住中に韓国語で執筆した本作「モーメント・アーケード」で2019年第4回韓国科学文学賞中短編部門で大賞を受賞しデビュー。
2020年に韓国文化放送(MBC)で放映されたドラマシリーズ「SF8」の原作に短編「ARブラインドラブ」が選ばれる。
著書として、本作のほか日本の都市伝説を題材に日韓の友情を描いた「透明ランナー」など6作を収録した短編集『夜の顔たち』、中編『時計仕掛けのトッケビ』、長編『私たちが再び巡り逢える世界』などがある。
2021年に第8回韓国SFアワード優秀賞を受賞。

廣岡孝弥  (ヒロオカ タカヤ)  (

訳者:廣岡孝弥(ひろおか たかや)
1981年富山県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。
リトルプレスの制作およびそのサポート業に従事。
2017年頃より韓国のインディーズ音楽やラジオに興味を持ち、韓国語の学習を開始。
第5回「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」にて本作「モーメント・アーケード」で最優秀賞を受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。