版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
猫からのおねがい 猫も人も幸せになれる迎え方&暮らし 服部 幸(監修) - ねこねっこ
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

猫からのおねがい 猫も人も幸せになれる迎え方&暮らし

発行:ねこねっこ
四六判
縦188mm 横134mm 厚さ19mm
176ページ
上製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-910212-00-5
Cコード
C0077
一般 単行本 家事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月24日
書店発売日
登録日
2020年2月10日
最終更新日
2020年3月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2020 年から施行される改正動物愛護管理法に、マイクロチップの装着義務、完全室内飼いでご長寿化、相次ぐ災害で必要になる猫を連れた同行避難......。「猫ブーム」を経て、今、猫の暮らしは大きく変わっています。本書は、そんな時代に猫と人がこれからもいっしょに幸せに生きていくために「猫を迎える前」から、あるい は「迎えてから」でも知っておきたい知識をもふもふぎゅっと詰め込んだ“令和版“のねこ生活ガイドブックです。

監修は、東京猫医療センターの服部幸院長。猫の暮らしや健康・病気の最新情報をもとにアドバイスいただき、さらに飼い主さんも知っておきたい動物愛護管理法の改正ポイントもまとめました。Instagram で大人気の癒しの 3 匹”アメカヌちゃん”&そらくんの姿もヒントに、「猫と人のこれからの暮らし」をいっしょに考えてみませんか?

*本書の売り上げの1冊あたり22(にゃんにゃん)円を犬猫のための福祉活動へ寄付します。 *ハードカバー製なので、猫好きさんへのプレゼントにも。

<おもな内容> *各章で「動物愛護管理法改正のポイント」も紹介しています。
1のおねがい  丸ごと知ってね、わたしのこと
・法律で見ると、人と暮らす猫は「家庭動物」
・ 保護猫、地域猫、ノネコ...。みんなイエネコ 
・ライオンやチーターよりも、新しい種族です
・「動物愛護」も人によって感じ方が違う  etc.

2のおねがい  「迎えよう」の前に考えてね
・平均寿命15才超え。お金はかなりかかる? 
・STOP多頭飼育崩壊! 大好きなら不妊・去勢  
・猫を迎える方法に「譲渡」もあります 
・購入する場合、信頼できる販売元か見極めて  
・スコだけじゃない。遺伝性の病気を知ってね  
・飼わなくたって、伝えられる愛もある  etc.

◦エッセイ 「おうちの中で 愛しい猫たちと暮らすこと」 文・Riepoyonn(たむらりえ)

3のおねがい  おうちで、楽しく暮らしたい
・「5つの自由」は、ぜったいに守ってね
・猫のための「環境エンリッチメント」って? 
・そのトイレ、使っちゃいるけど好きではない
・おいしいものを、狩りっぽく食べたい
・こわ~いマダニやフィラリアにもご用心! 
・最近の猛暑は、猫にもしんどい
・解熱剤、ユリ...。身近な “ 毒物 ” が命取りに etc.

4のおねがい  ずうっと、離れたくない
・はぐれちゃっても、また会いたいから  
・「同行避難」のために、あなたができること
・最期を迎えるその日まで、寄り添って  etc.

目次

<目次>
1のおねがい  丸ごと知ってね、わたしのこと
・法律で見ると、人と暮らす猫は「家庭動物」
・ 保護猫、地域猫、ノネコ...。みんなイエネコ 
・ライオンやチーターよりも、新しい種族です
・人との共生は「いいとこ取り」で始まった  
・歴史の中で、猫の “ 見え方 ” も変わってきた
・「動物愛護」も人によって感じ方が違う
・夜行性というより、「薄明薄暮性」なんです
・体のつくりも、狩り仕様になってます
・強気と弱気は、表裏一体! 複雑なキモチ

2のおねがい  「迎えよう」の前に考えてね
・思い通りにはならないし、問題も起こるかも 
・対応困難なほどの問題行動もあったりする
・平均寿命15才超え。お金はかなりかかる? 
・責任を持って一生飼える? よく考えてね
・STOP多頭飼育崩壊! 大好きなら不妊・去勢  
・不妊・去勢手術は、猫のためにもなるんです
・猫を迎える方法に「譲渡」もあります 
・子猫もいいけど、おとなの魅力もありますよ
・購入する場合、信頼できる販売元か見極めて  
・その純血種、あなたの暮らしに向いてる?
・スコだけじゃない。遺伝性の病気を知ってね  
・多頭飼育するなら、猫同士の相性は大事
・飼わなくたって、伝えられる愛もある

◦エッセイ おうちの中で 愛しい猫たちと暮らすこと 文・Riepoyonn(たむらりえ)

3のおねがい  おうちで、楽しく暮らしたい
・長生きを願うなら、完全室内飼いで! 
・「5つの自由」は、ぜったいに守ってね
・猫のための「環境エンリッチメント」って? 
・なわばりが守られた空間で安心したい
・運動も休憩も観察もできる「高さ」がほしい 
・そのトイレ、使っちゃいるけど好きではない
・犬以上に肉好き。お魚だけでは生きられない  
・おいしいものを、狩りっぽく食べたい
・飲み方には、こだわりがあるんです 
・コミュニケーションは、猫らしい感じで
・不安も安心もシゲキも、ニオイから  
・ネズミ捕り名人もいれば、鳥好きもいます
・動物病院は苦手だけど、病気は困るから...  
・春) こわ~いマダニやフィラリアにもご用心! 
・夏 )最近の猛暑は、猫にもしんどい
・秋 )食欲止まらなくて、ついぽっちゃり  
・冬 )寒さに乾燥。体調悪化シーズン!
・巻き爪は痛いから、爪切りはしておこう  
・腎臓病予防にも? できるなら歯磨きを
・解熱剤、ユリ...。身近な “ 毒物 ” が命取りに

4のおねがい  ずうっと、離れたくない
・はぐれちゃっても、また会いたいから  
・「同行避難」のために、あなたができること
・猫の避難用品は「持ち出せるか」まで考えて  
・最期を迎えるその日まで、寄り添って

◦巻末資料 「動物の愛護及び管理に関する法律」のおもな改正内容 (2019)

*1~4のおねがいの各章で、「動物愛護管理法改正のポイント」も紹介しています。

前書きなど

柔らかくって、美しくって、どこから見ても愛らしい。自分本位なようで、そっと心を寄り添わせてくれる。古くから人のそばに生きる身近な動物として、猫は世界中で愛されています。

日本では、2017年に犬の飼育数を上回り(※)、「最も人気のあるペット」の座に。大切な家族の一員として、健康と長生きを願う声も広く浸透しました。
※ペットフード協会「全国犬猫飼育実態調査」より

しかし、飼い主のいない猫をめぐるトラブルや、行き場を失って命を落とす猫たちの問題も、いまだ並行して起こっています。また、猫を過剰に繁殖させてしまう「多頭飼育崩壊」の増加や、相次ぐ災害での「猫の同行避難」の可否など、人の社会とも深く関わる新たな課題も見えてきました。

そして2019年には、「改正動物愛護管理法」が成立。2020年6月から段階的に施行されていきます。今後、猫に癒されたり、大切に想う気持ちだけではなく、習性を正しく知ったうえでのお世話が、ますます必要になるでしょう。

目まぐるしく変わる人の暮らしの影響を受けて、猫が置かれた環境も変化していく。時代の大きなうねりの中で、猫という動物そのものに対する価値観も、多様化しています。

そんな激動の「今」にいる猫と人が、「未来」に向けて、絆を切らすことなく生きていくためには? 答えは、猫を大好きな一人一人が、猫の幸せを考え抜いた先にあるような気がします。

そこで、「今の時代に合った形で、迎える前から知っておきたい知識や飼い方を丸ごとまとめたガイドブック」というイメージで、本書を作りあげました。

猫の健康や病気、生活などの最新データや情報をもとに「東京猫医療センター」の院長・服部幸先生にアドバイスをいただき、さらに改正法のポイントも加えています。本書が「猫と人とのこれからの暮らし」を考えるきっかけになれば幸いです。


ーー幸せな暮らしを、これからもずっと。

版元から一言

はじめまして。猫の本 専門出版【ねこねっこ】です。第1冊目の本として『猫からのおねがい ~猫も人も幸せになれる迎え方&暮らし』をリリースいたします。

ふわふわであたたかくて。自分本意だけれど、ふとしたときに心をときほぐしてくれる。 そんな多くの人が、特別な愛着を抱く動物「ねこ」。近年は犬の飼育頭数を上回り、 室内の環境で家族のように大切にされて、長生きをする猫も増えてきました。

一方で、ストレス等に由来する問題行動、高齢化だからこそかかりやすい病気、 新たな感染症なども見られるように。また、外の過酷な環境や殺処分等により 命を落とす猫の数は減ってはきてはいるものの、まだ “ 解決 ” には遠く さらには貧困や孤立化といった人の社会の課題が、猫にも影響するようになりました。

「猫ブーム」を経て、多様化する価値観の中で、猫の暮らしも変わっていく。 こうした時代の中で、人と猫が、未来へ向けてよりよい関係を築いていくためには? 

ねこねっこは、猫を取り巻く「今」を見つめながら、出版活動を通じて、 たくさんの方たちと、この先を考えていきたいと思っています。

これから、よろしくお願いいたします。

著者プロフィール

服部 幸  (ハットリ ユキ)  (監修

はっとりゆき。「東京猫医療センター」(東京都江東区)院長。「ねこ医学会(JSFM)」CFC理事。2005年から猫専門病院長を務める。2012年に東京猫医療センターを開院し、翌年、国際猫医学会(ISFM)からアジアで2件目となる「キャット・フレンドリー・クリニック」のゴールドレベルに認定される。

Riepoyonn  (リエポヨン)  (写真

Rieopyonn(たむらりえ)。神奈川県在住の愛猫家。最愛の猫「みかん」との出会いをきっかけにinstagramを始め、世界中の猫好きを魅了する。現在は、おにいちゃん猫の「そら」と、きょうだい猫「アメリ」「カヌレ」の3匹の元保護猫を家族に迎え、その姿を愛情いっぱいに撮り続けている。

上記内容は本書刊行時のものです。