版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
プロ格闘家流 史上最速ダイエット 戸井田カツヤ(著/文) - 清談社Publico
.

プロ格闘家流 史上最速ダイエット 世界標準のビジネスエリートが実践する

発行:清談社Publico
B6変型判
縦172mm 横115mm 厚さ13mm
重さ 185g
200ページ
定価 980円+税
ISBN
978-4-909979-00-1
Cコード
C0075
一般 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年6月
書店発売日
登録日
2019年4月18日
最終更新日
2020年4月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

3刷 出来予定日: 2019-11-22
2刷 出来予定日: 2019-06-15

紹介

あなたの身体が直面する緊急事態……
●夏休みまでに水着の似合う身体になりたい
●スリムな身体になって異性にモテたい
●「太っている=自己管理ができない」と言われたくない
……そんなあなたへ、
試合前1カ月で5kg減量を経験した元プロが
自分の身体から導き出したダイエットの「最終結論」!

仕事と人生のパフォーマンスを最大化するメソッド
ダイエットの鍵は、「食べないこと」より「食べ方」にあった!

著者の1カ月間の食事&トレーニングの記録を全部掲載!

経済評論家・上念司氏 大推薦!

◎格闘家だけが知る「期日までに一気に体重を落とせる」理由
人間の身体は正直です。アスリートなら普段から気を使っている食事管理とトレーニング。その強度を必要なだけ少し上げることで、結果に確実につながっていくのです。これは、普段から食事管理やトレーニングに無頓着だったような人が「正しいノウハウ」を身につければ、より明確な効果が期待できるということです。(「はじめに」より)

すべて本人の身体で実証済み!
短期間で“必ず”結果が出る
至高のダイエット法をすべて公開!

●ひと月で「体重の5%減」が目安
●糖質の摂取自体が「食事後の睡魔」につながる
●ハードな運動で増加するテストステロンがビジネスを成功に導く
●具体的に「食べてもいいもの」「避けるべきもの」
●有酸素運動=ジョギングやウォーキングではやせません
●トレーニングと食事の相関関係
●「食事管理」はどうすれば楽しみながら続けられるか
●ダイエットは最もリターンが大きいビジネス戦略である

目次

【目次】
はじめに 最高のコスパを保証する「史上最速ダイエット」とは何か?

PART1 トイカツ・メソッド 「史上最速ダイエット」用30秒トレーニング
―プロ格闘家が考え、実践する最強ノウハウ

・1 腕立て伏せ
・2 後ろ腕立て伏せ
・3 ジャンプスクワット
・4 片足スクワット
・5 サイドステップ
・6 ふくらはぎトレーニング
・7 足上げ
・8 足組み腹筋
・9 ワニ歩き
・10 かかと背筋

PART2 史上最速ダイエットの「設計図」をつくろう
―目標、計画、実行、検証サイクルが生む「やせる仕組み」

・ダイエット意識が高い人でも「史上最速ダイエット」が必要な理由
・ひと月で「体重の5%減」が目安
・「食欲」が持つ本来の性質が「リバウンド」を呼ぶ
・通常のダイエットも最初は「史上最速」のつもりで動くべし
・「急に太った」ときこそ「史上最速ダイエット」
・ダイエットの成功に不可欠な「設計図」をつくろう
・目標を立てる=期限と具体的な数字を明確に
・計画を立てる=目標から逆算して「その日の食事」までブレイクダウンする
・未来の計画を「過去のこと」として記入してしまおう
・ダイエット計画を地道に実行するためのコツ
・大勢の知人の前で「ダイエット宣言」してしまおう
・気負いすぎずに行動のハードルを下げよう
・行動を確認、修正して「最後までやり切る」ために
・ダイエットに成功しなければ起業する資格はない
・肥満が引き起こす「睡眠時無呼吸症候群」もビジネスの大敵
・糖質の摂取自体が「食事後の睡魔」につながる
・ハードな運動で増加するテストステロンがビジネスを成功に導く
・格闘家ならではの「ヤバい」ダイエット

PART3 史上最速ダイエット[食事編]
―流行の食材に左右されない「食べ方」の最終結論

・「1日3食」は病気への近道
・1日1食でも十分に身体を維持できる
・通常時以上に「糖質オフ」を意識しよう
・具体的に「食べてもいいもの」「避けるべきもの」
・たんぱく質は魚介類もいいが、肉類がとくにおすすめ
・危険な「濃縮還元」のワナ
・史上最速ダイエット[食事編]のまとめ

PART4 史上最速ダイエット[運動編]
―体内の「やせるメカニズム」を味方につけろ

・有酸素運動=ジョギングやウォーキングではやせません
・ダイエットには筋トレや短距離走などの「無酸素運動」が効果的
・無酸素運動は代謝のなかの脂肪燃焼の割合も押し上げる
・「無酸素運動後の有酸素運動」がダイエットに効果的
・筋肉量が増大すると基礎代謝がアップする
・筋肉は休ませながら鍛えなければ効率が悪くなる
・トレーニングと食事の相関関係
・週3~4回、1日30分程度のトレーニングで十分
・トイカツ・メソッド3~4種類+ジョギングで完璧

PART5 史上最速ダイエット[リバウンド防止編]
―これが「コミットできる人」の考え方だ

・「史上最速ダイエット」の大敵、リバウンド
・人間は「楽しいこと」しか続けられない
・「楽しめるダイエット」を見つけよう
・ダイエット成功後もコミットメントをつくり続ける
・「食事管理」はどうすれば楽しみながら続けられるか

PART6 トイカツが実践! 史上最速ダイエット
―すべて自分の身体で「1カ月で5kg減」を大検証

・2019年1月18日~2月22日

PART7 [巻末特別企画]上念司(経済評論家)×戸井田カツヤ
―ダイエットは最もリターンが大きいビジネス戦略である

・意識が高い人でも「史上最速ダイエット」が必要なときはある
・通常のダイエットでも初期は「史上最速」をしたほうがいい
・「史上最速ダイエット」のコツはビジネスの成功に通底している
・目的を明確に定めてやるべきことを取捨選択する力もダイエットで身につけられる

おわりに 史上最強の「問題解決術」としてのダイエット

著者プロフィール

戸井田カツヤ  (トイダカツヤ)  (著/文

1977年長野県生まれ。日本大学法学部経営法学科を卒業。大学在学中に総合格闘技「修斗」でプロデビューし、トップランカーとしてリングに立つ。2013年に引退を表明。戦績は30戦して13勝13敗3分(無効試合1)。2007年より自分の道場である「総合格闘技 トイカツ道場」を設立し、現在は都内に31店舗、全国に43店舗の格闘技の道場やジムを運営、店舗数業界No.1。その独自の経営手腕が注目されるほか、「格闘技の食べ放題」を謳い、一般の会員からも人気を博す。著書に『プロ格闘家流「できる人」の身体のつくり方』(イースト・プレス)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。