版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
子どもの十字軍 ベルトルト・ブレヒト(詩) - ひだまり舎
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
鍬谷   書店
子どもの文化|トランスビュー
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は「中村了解」で受け付けます。直取引委託なども、お気軽にご相談ください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

子どもの十字軍 (コドモノ ジュウジグン)

児童図書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ひだまり舎
B5変判
縦170mm 横240mm 厚さ7mm
28ページ
上製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-909749-16-1   COPY
ISBN 13
9784909749161   COPY
ISBN 10h
4-909749-16-0   COPY
ISBN 10
4909749160   COPY
出版者記号
909749   COPY
Cコード
C8798  
8:児童 7:絵本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年8月6日
書店発売日
登録日
2023年6月16日
最終更新日
2024年2月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-10-29 読売新聞  朝刊
2023-09-18 しんぶん赤旗
MORE
LESS

紹介

子どもたちは、いまもなお、平和を求めてさまよっている。
はらだたけひでの精緻な切り絵によって描き出される子どもたち。しかしその子どもたちは、リアルには描かれない。誰もがこの子どもたちになり得るのだ。美しい色づかいに希望の光を感じながらも、子どもたちの現実に、胸が苦しくなる。でも、その苦しさこそが、平和を希求する心になると信じたい。表紙には広島の折鶴再生紙「平和おりひめ」を採用、折鶴に込められた平和への祈りが、絵本にも込められている。

著者プロフィール

ベルトルト・ブレヒト  (ベルトルト ブレヒト)  (

ベルトルト・ブレヒト Bertolt Brecht(1898-1956)
ドイツの劇作家・詩人。1898年、バイエルン王国(当時)のアウクスブルグに生まれる。
ミュンヘン大学で哲学、医学を学び、第一次世界大戦末期に衛生兵として召集され反戦思想に目覚める。表現主義の影響のもと、劇作、詩作、批評活動をはじめ、1918年、戯曲第一作『バール』を執筆し、1922年に戯曲『夜打つ太鼓』でクライスト賞を受賞し脚光を浴びる。1928年に作曲家クルト・ヴァイルとの共同作品『三文オペラ』を上演。1933年のナチスによる国会議事堂放火事件後、亡命生活に入る。プラハ、ヴィーン、チューリッヒ、パリ、デンマークを転々とする。第二次世界大戦中はフィンランド、ソヴィエトを経て、1947年までアメリカに亡命。その後、チューリッヒを経て1948年に東ドイツに帰る。東ドイツでは劇団ベルリーナー・アンサンブルを結成し、1956年に亡くなるまで活動拠点にした。作品は『肝っ玉おっ母とその子どもたち』(1939)、『ガリレイの生涯』(1938-1955)、『セチュアンの善人』(1941)、『コーカサスの白墨の輪』(1944)など多数。
本作『子どもの十字軍 1939年』(原題)は第二次大戦中の1941年に書かれ、他の詩や短篇とともに『暦物語』(1948)に収められた。

はらだたけひで  (ハラダ タケヒデ)  (訳・絵

はらだたけひで
1954年、東京都に生まれる。1974年から2019年まで、東京・岩波ホール(2022年に閉館)で世界の名作映画の上映に携わる。1978年公開の「ピロスマニ」以降、ジョージア文化、特に同国の映画の紹介に努め、現在は「ジョージア映画祭」を主宰する。創作絵本に『パシュラル先生』(産経児童出版文化賞入賞)のシリーズ、『フランチェスコ』(ユニセフ= エズラ・ジャック・キーツ国際絵本画家最優秀賞)、『しろいおひげの人』など多数。挿画も多く『ダギーへの手紙』(E・キューブラー・ロス)、『十歳のきみへ』(日野原重明)、『森のお店やさん』(林原玉枝)など。ジョージア関係の著作に『グルジア映画への旅』、『放浪の画家ニコ・ピロスマニ』、『放浪の聖画家ピロスマニ』などがある。2022年にジョージア政府から文化功労賞が授与される。

上記内容は本書刊行時のものです。