版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
古典の未来学 荒木 浩(編著) - 文学通信
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木
直接取引: あり
返品の考え方: いつでも受け付けます。取次経由は、八木書店(文学通信)岡田了解でお戻しください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909658395

古典の未来学 Projecting Classicism

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:文学通信
A5判
872ページ
並製
価格 8,000円+税
ISBN
978-4-909658-39-5   COPY
ISBN 13
9784909658395   COPY
ISBN 10h
4-909658-39-4   COPY
ISBN 10
4909658394   COPY
出版者記号
909658   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年10月26日
書店発売日
登録日
2020年10月3日
最終更新日
2020年10月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

古典研究にとって、いまは決定的なピンチか、千載一遇のチャンスか。
古典研究の方向や古典性のありかを広く考察し、新しい古典学を提示しようとする書。
全44名により、古典研究が近未来の人文学に提示すべき、学際的な意味や国際的可能性を追究した、刺激的で多角的な論集。
いま誰が何を考え前に進んでいるのか。古典研究の最前線から今後の可能性を問いかけ広げようとする、ヒント満載の書です。
古典と付き合う全ての人に。

執筆は、荒木 浩、松平莉奈、中前正志、上野友愛、石上阿希、土田耕督、屋良健一郎、前島志保、グエン・ヴー・クイン・ニュー、平野多恵、山藤夏郎、野網摩利子、河東 仁、河野貴美子、岡田圭介、竹村信治、飯倉洋一、渡部泰明、渡辺麻里子、中野貴文、呉座勇一、山本陽子、楊 暁捷、深谷 大、齋藤真麻理、三戸信惠、前川志織、金容儀、ヴィーブケ・デーネーケ、河野至恩、ゴウランガ・チャラン・プラダン、李 愛淑、エドアルド・ジェルリーニ、アンダソヴァ・マラル、ダニエル・シュライ、和田琢磨、谷口雄太、亀田俊和、井上泰至、伊藤慎吾、合山林太郎、葛 継勇、稲賀繁美、ガリア・ペトコヴァ(執筆順)。

目次

序論 〈投企する古典性―Projecting Classicism〉から「古典の未来学」へ[荒木 浩]
一、研究の現在と消えゆく未来─コロナ禍と『なぐさみ草』
二、『なぐさみ草』の投企性から〈未来学〉へ
三、〈投企=Projecting〉する古典性とは
四、本論集の企画と構想 五、「古典の未来学」へ

Ⅰ 投企する古典性

第1部 古典を見せる/古典を活きる

1―1 古典を見せる―展示という方法

第1章 女子大で古典を展示するということ―実践報告とそれに基づく若干の考察[中前正志]
一、はじめに
二、古典籍展示履歴
三、見られてなんぼの展示
四、わたし、ふじのちゃん。
五、京女に久米の仙人が落ちてきた!?
六、あることないこと二人の会話をでっち上げる
七、おわりに

第2章 美術で楽しむ古典文学―「徒然草」展の事例報告[上野友愛]
一、はじめに
二、企画の経緯
三、海北友雪筆「徒然草絵巻」の展示
四、現代語訳の作成
五、来館者からの声
六、おわりに

Column 1
文化をつなげる場としての展覧会
―ロンドン大学SOAS大英博物館の国際共同研究プロジェクトを事例として[石上阿希]
一、はじめに
二、国際共同プロジェクト
三、国際春画研究プロジェクトの場合
四、大英博物館春画展のその後

1―2 古典を活きる―韻文の創作とその展開

第3章 即興と記憶―中世和歌連歌における「擬作」「本歌」「寄合」をめぐって[土田耕督]
一、序
二、「擬作」と本歌取─和歌における即興性:〈予見/準備〉としての記憶
三、本歌取と「寄合」─連歌における即興性 ①:詞の〈自動補完〉プログラム
四、「当座の感」と「心付」─連歌における即興性 ②:〈表現〉という反応
五、結 〈随意〉創作の位置

第4章 琉球における和歌の受容と展開[屋良健一郎]
一、はじめに
二、琉球人の和歌習得
三、近世琉球人の作品
四、和歌と琉歌
五、琉球人と和歌
六、おわりに

第5章 世紀転換期日本および西洋における俳句の詩的可能性の拡大―出版、翻訳、再評価[前島志保]
一、「俳句」理解への取り組みの世界同時性
二、従来の俳句鑑賞の継承
三、新しい俳句鑑賞傾向・1─デノテーションの復権
四、新しい俳句鑑賞傾向・2―作者の感情表出として
五、新しい俳句鑑賞傾向・3─コノテーションへの注目
六、拡大される俳句の詩的可能性

第6章 教科書から実践的な俳句学まで[グエン・ヴー・クイン・ニュー]
一、はじめに
二、古に学ぶから今を生けるまで
三、豊かな言葉文化論の地位づけ
四、新しく面白い俳句学
五、まとめ

Column 2
時をかける和歌―おみくじと占い[平野多恵]
一、はじまりは、短大の授業
二、室町時代の和歌占い─阪本龍門文庫蔵『歌占』の実践
三、江戸時代の和歌占い―『晴明歌占』の実践と展開
四、「天祖神社歌占」―神社と大学の合同プロジェクト
五、おわりに─和歌を生きる

第2部 投企する古典性/古典との往還

第7章 身を投げる/子を投げる―孝と捨身の投企性をめぐって[荒木 浩]
一、捨身の投企性─清水の舞台を発端に
二、薩埵王子「捨身飼虎」と雪山童子「施身聞偈」の類比とずれ
三、『三宝絵』上巻の本生譚が描く生と死
四、孝と捨身と死の描写
五、「孝」思想と死なない子
六、身を投げる?子を投げる?─仏陀の妻と一子
七、『金光明最勝王経』の虎と義母

第8章 透明な声、隔たりの消失―古典世界において〈一つ〉の世界はいかに想像されたか[山藤夏郎]
一、序
二、一つの声の分裂という歴史像
三、文字以前の理想化─「太古」表象のパターン
四、文字の原理─「分ける」ということ
五、「太古」の世界では動物とも意思の疎通が可能だった?

第9章 古代からの道行き―『行人』[野網摩利子]
一、はじめに
二、古代の悲恋をふまえて
三、約束の再設定と違反
四、嵌められた物語への抵抗
五、古代歌謡による小説の加速

第10章 『豊饒の海』縁起絵―『浜松中納言物語』、夢と転生、そして唯識思想[河東 仁]
一、はじめに
二、『春の雪』
三、『奔馬』
四、『暁の寺』
五、『天人五衰』
六、縁起論
七、おわりに

第11章 北京人文科学研究所の蔵書から考える「投企する古典性」[河野貴美子]
一、はじめに
二、『北京人文科学研究所蔵書目録』及び『続目』にみる古典籍の蒐集と研究
三、『北京人文科学研究所蔵書目録 再続』にみる典籍の蒐集
四、おわりに

Column 3
出版社の立ち上げと、これから[岡田圭介]
一、二〇一七~一八年
二、二〇一九年
三、二〇二〇年
四、学術メディアとして
【付】貸借対照表及び損益計算書

第3部 古典を問う/古典を学ぶ

第12章 「投企」のカタチ―教室の「古典」[竹村信治]
一、はじめに
二、「古典は本当に必要なのか」
三、古典?
四、「投企」のカタチ─その前に
五、おわりに

第13章 未来に活かす古典―「古典は本当に必要なのか」論争の総括と展望[飯倉洋一]
一、はじめに
二、古典不要派の主張
三、古典不要派の主張1 優先度
四、古典不要派の主張2 芸術科目
五、古典不要派の主張3 現代語訳
六、古典不要派の主張4 ポリティカルコレクトネス
七、国語力の一部としての古文・漢文
八、古典知の可能性
九、資本としての古典
一〇、おわりに─遺産としての古典 

第14章 古典を必修にするために[渡部泰明]
一、問題のありか
二、基礎科目としての古典
三、リテラシーを育成する科目としての古典

第15章 くずし字を知ること―日本古典文学の基礎学を考える[渡辺麻里子]
一、はじめに
二、弘前におけるくずし字普及活動
三、くずし字の伝え方
四、古典文学の基礎学
五、おわりに―現代人にとっての古典

Column 4
古典との出会い方[中野貴文]
一、―月が綺麗ですね―
二、―今、あなたと同じ月を見ている―
三、―さらば愛しき古典よ―
四、―古典文学を自由化する―

Column 5
宣伝される大衆僉議―中世一揆論の再構築[呉座勇一]
一、はじめに
二、強訴とは何か
三、強訴の呪術性
四、大衆僉議は神秘的か
五、豪雲説話を読みなおす
六、大衆僉議の宣伝性
七、おわりに

第4部 古典を観る/古典を描く

第16章 筍と土蜘蛛―古典がジャンルを越えるとき[山本陽子]
一、はじめに
二、豊国祭礼図屛風のタケノコ
三、孟宗はどこか
四、さまざまな孟宗
五、異色だらけの「土蜘蛛草紙絵巻」
六、東博本の化物たち
七、東博本の詞書
八、東博本が典拠としたもの
九、東博本の典拠の制約
一〇、人形芝居ならば
一一、人形芝居と東博本
一二、ジャンルを越えて広がるとき

第17章 頼光の杖―混沌にして豊穣な絵巻模写の世界へ[楊 暁捷]
一、鬼が岩屋への道
二、模写ということ
三、諸本を探る
四、模り写すことの限界
五、多様な展開
六、変化が物語るもの
七、模写を読み解く

第18章 語り物文芸の視覚化―説教源氏節の性格と意義[深谷 大]
一、はじめに
二、説教源氏節の名称
三、説教源氏節の創設者
四、新内節・説経節・説経祭文
五、説経節の大衆化
六、草創期の説教源氏節
七、草創期の人形遣いと人形戯
八、明治初頭の岡本諸座
九、明治一五年頃の岡本諸座
一〇、説教源氏節芝居
一一、一座の構成と入場料 
一二、説教源氏節(芝居)の伝播
一三、説教源氏節の音曲としての性格
一四、娘義太夫への対抗意識
一五、明治三四、三五年頃の岡本諸座
一六、結び

第19章 故事を遊ぶ―「戯画図巻」という文芸[齋藤真麻理]
一、「戯画図巻」の登場
二、室町物語と「戯画図巻」―『富士の人穴の草子』
三、当代性の反映―「戯画図巻」観音の射的
四、明代版本の受容―張果老のすがた
五、むすびに代えて

第20章 風景を捉える川合玉堂の眼差し―大衆性と同時代性と[三戸信惠]
一、 川合玉堂と「大衆性」
二、 明治二八年の「鵜飼」─山水画の構図、名所絵版画の視点
三、 明治三九年の「渓山秋趣」─『日本名山図会』の眼差しを求めて
四、 大正三年の「駒ヶ岳」─『日本風景論』が提示した新たな眼差しの枠組み
五、 昭和期の動向─写真との関わり

第21章 洋画家・岸田劉生の初期の制作にみる古典性の投企―美術の複製メディアを手がかりに[前川志織]
一、はじめに
二、明治後半期から大正初期にかけての複製による美術の受容
三、劉生の初期の制作と複製としての美術
四、おわりに

第22章 柳田國男『遠野物語』の「戦争物語」への変奏―村野鐵太郎監督の映画「遠野物語」を中心に[金 容儀]
一、はじめに
二、特化される「オシラサマ」伝承
三、映画「遠野物語」の民俗世界
四、娘と馬の幻想的な「悲恋物語」
五、「遠野物語」から「戦争物語」への増幅と変奏
六、おわりに

第5部 古典を展く/古典を翻す

第23章 「日本文学史」の今後一〇〇年―『日本「文」学史』から見通す[ヴィーブケ・デーネーケ×河野貴美子]
一、「国文学」のパラダイムを問い直す
二、『日本「文」学史』の構想と構造
三、『日本「文」学史』第三冊「文」から「文学」へ─東アジアの文学を見直す The Path from “Letters” to “Literature” :A Comparative History of East Asian Literatures の挑戦
四、『日本「文」学史』からの展望
五、二一世紀の人文知とは─世界の古典学から考える The Humanities in the 21st Century: Classical Studies in and for the World

Column 6
投げ出された言葉を繋ぎ止めるために―翻訳の準備的作業としての「概念史」[河野至恩]
一、「投企」と翻訳
二、「投げ出された言葉」の翻訳論
三、翻訳の方法と「概念史」
四、翻訳の準備的作業としての概念史―二つのモデル

第24章 投企された「英訳方丈記」―夏目漱石の「作家論」から「天才論」へ[ゴウランガ・チャラン・プラダン]
一、はじめに
二、「投企」という概念について
三、「英訳方丈記」にみる漱石の作家論
四、「英訳方丈記」の作家論の形成について
五、投企された「英訳方丈記」の作家論
六、終わりに向けて

第25章 古典の翻訳―大衆性と視覚性を問う[李 愛淑]
一、はじめに
二、大衆性を問う
三、視覚性を問う
四、世界文学として

Column 7
投企する文学遺産―有形と無形を再考して[エドアルド・ジェルリーニ]
一、古典性という「価値」
二、文化遺産から文学遺産へ
三、有形と無形の相互投企
四、現代を相対化する文学遺産

第6部 古典と神話/古典と宗教

第26章 古事記の〈天皇像〉―「詔」の分析をとおして[アンダソヴァ・マラル]
一、はじめに
二、オホクメと神武の求婚
三、天皇と出雲の神々
四、気比大神
五、景行天皇とヤマトタケル
六、目弱王と忍歯王
七、結論─「詔」からみる古事記の天皇像

第27章 一三世紀の失敗した宗教議論―『広疑瑞決集』の政治議論を中心に[ダニエル・シュライ]
一、『広疑瑞決集』 の議論はなぜ失敗したのか
二、議論の失敗の原因は何か
三、宗教的な議論
四、政治論の背景
五、政治の議論
六、引用文の確認
七、解決失敗の理由についての一考

Ⅱ 特論―プロジェクティング・プロジェクト

第1部 「投企する太平記―歴史・物語・思想」から

第1章 点描 西源院本『太平記』の歴史―古写本から文庫本まで[和田琢磨]
一、はじめに
二、元禄二年─『参考太平記』の作成
三、大正八年三月─〈影写本〉の作成
四、昭和一〇年五月二五日─刀江書院本刊行の背景
五、平成二六年─岩波文庫本刊行開始
六、おわりに

第2章 「太平記史観」をとらえる[谷口雄太]
一、はじめに
二、「太平記史観」を定義する
三、それが「太平記史観」だと気付くまで
四、「太平記史観」批判の現在
五、「太平記史観」超克の未来
六、おわりに

第3章 『太平記』に見る中国故事の引用[亀田俊和]
一、はじめに
二、中国故事引用の頻度・分布
三、大規模引用の意図
四、観応の擾乱期における大規模引用の検討
五、『太平記』の編纂過程と中国故事引用
六、おわりに

第4章 『太平記』の近世的派生/転生―後醍醐・楠像を軸に[井上泰至]
一、はじめに─足利将軍木像の梟首
二、歴史読み物としての『太平記』の派生書─その様式の変遷から
三、後醍醐天皇像─失政者はいつ理想の天皇となったのか
四、楠像の変遷─諫臣から忠臣へ
五、史学とは「史料」を使った投企的読みではないのか?

第5章 以津真天の変容―〈創作的解説〉の時代を中心に[伊藤慎吾]
一、『太平記』中の妖怪記事
二、前近代の以津真天
三、現代の以津真天
四、創作的解説
五、いつまでんの誕生
六、〈世界〉から乖離したキャラクター
七、不必要な情報共有
八、おわりに

第2部 「日本漢文学プロジェクト」から

第6章 「和漢」型の漢詩詞華集の流行と近代日本における古典の教養―結城蓄堂『和漢名詩鈔』と簡野道明『和漢名詩類選評釈』[合山林太郎]
一、はじめに
二、「和漢」型の漢詩詞華集の性質
三、中国・日本の詩をともに載せることの意義と背景
四、注解・訓読の付与と独自の書型
五、前代の漢詩文化とのつながり
六、勧学の詩の重視とその背景
七、辺塞詩の収載と日露戦争の記憶
八、おわりに

第7章  元号「令和」―時間の表象と政治の隠喩[葛 継勇]
一、はじめに
二、「梅花の歌」序の出典
三、元号の選定と出典
四、『万葉集』の性格
五、元号にみられる隠喩的な時間
六、おわりに

Ⅲ Projecting Classicism in Various Languages

Chapter 1
“Distance Reading, Migration of the meaning and Metempsychosis through Translation: Is “World Literature or Global Art” Possible? ―Comparative Literature and Art in the Context of the Globalization ―”[稲賀繁美]

Chapter 2
“Projecting Classicism in Classical Kabuki Theatre ― A Gender Perspective”[ガリア・ペトコヴァ]

あとがき
共同研究会開催一覧
執筆者一覧
キーワード索引

著者プロフィール

荒木 浩  (アラキ ヒロシ)  (編著

1959年生まれ。国際日本文化研究センター教授・総合研究大学院大学教授。専門は日本古典文学。京都大学大学院博士後期課程中退。博士(文学、京都大学)。
大阪大学大学院教授を経て、2010年4月より現職。国文学研究資料館併任助教授、コロンビア大学客員研究員、ネルー大学、チューリヒ大学、ベトナム国家大学、チュラーロンコーン大学、ソフィア大学の客員教授などを歴任。
著書に、『徒然草への途』(勉誠出版、2016年)、『かくして「源氏物語」が誕生する』(笠間書院、2014年)、『説話集の構想と意匠』(勉誠出版、2012年)、編著に、『夢と表象』(勉誠出版、2017年)、『夢見る日本文化のパラダイム』(法藏館、2015年)、『中世の随筆』(竹林舎、2014年)など。京都新聞に「文遊回廊」を連載(2017年~)。

上記内容は本書刊行時のものです。