版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
いそがばまわれ NPO法人ブラフアート(編) - 能美舎
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

不明

取引情報

直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909623065

いそがばまわれ 社会を楽しくするのが 福祉のミッションだろ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:能美舎
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ14mm
200ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-909623-06-5   COPY
ISBN 13
9784909623065   COPY
ISBN 10h
4-909623-06-X   COPY
ISBN 10
490962306X   COPY
出版者記号
909623   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年4月20日
最終更新日
2021年5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「まちをつくるのはだれだ?」
そんな疑問を明らかにすべく、ごく普通のまちの人たちを取材するのは、滋賀・大津の障がい福祉NPO法人「ブラフアート」。
あのオジサン、こんなことしてたのか。あのオネーサン、あんなことしてたのか。
一人一人の日常を丁寧に聞き取ることで、見えてくる私たちの「まちのかたち」。
じっくり知り合ってみれば、あの人もこの人もみんなこんなに愛おしい。
帯コメントは、『まともがゆれる』(朝日出版)著者の京都・障害福祉NPO法人「Swing」理事長・木ノ戸昌幸氏「美化も憐みも、称賛も謙遜もない。ただただ普通な、すごい人たち」。

前書きなど

BRAH=art.はじめます。
「障がいがあろうとなかろうと、好きなこと・得意なことを仕事にして精一杯生きる!」
をモットーに、2014年9月NPO法人「BRAH=art.」(ブラフアート)はスタートしました。
インド哲学には、「ブラフマン=世界の成り立ち」とは「アートマン=一人の成り立ち」と同 じである、という考え方があるそうです。であるならば、一人の障がいがある人の人生が変わ れば、社会全体が変わるはず。そんな想いを込めて、ブラフアートと名付けました。

古くからの街並みと、新興住宅地が混在するまち
私たちが活動する、滋賀県大津市の瀬田地域は、琵琶湖から唯一流れ出る淀川の源流「瀬田川」に面した平地にあります。まちのシンボルは「瀬田の唐橋」。かつては、琵琶湖を唯一陸路で渡れる手段として、交通の要所とされていました。戦国時代には、都入りを狙う武将たちから「唐橋を制する者は、天下を制す」とも言われたそうです。
現在では、東海道本線(現在のJRびわ湖線)や国道一号線といった幹線が整備され、京阪神のベッドタウンとして若者世帯の人口が急増しています。古くからの街並みと、新興住宅地。生活様式も、価値観も全く違う人たちが混在するまちになりました。転入した人たちが土地の文化・産業に触れる機会は少ないため、その継承が難しくなってきています。

施設の中を飛び出して、地域社会の中で活動しよう
ブラフアート設立前、地元神社の境内で月に1度開催されている朝市に、法人を創るためのPR活動としてスタッフたちが参加を始めました。設立後は、メンバーがライブペインティングを披露したり、記録写真を撮って回ったり。そのうちに運営にも誘われ、地元の業者さん、作家さん、商工会などたくさんの方とつながりが生まれました。
まちづくりの会にも携わり、子ども食堂の立ち上げにも、地域で力を合わせました。ブラフアートをまちなかに誘いだしてくれたのは、このまちのみなさんでした。
その経験から、ブラフアートの活動は、すべて地域社会の中で行おうと事業を展開してきました。

まちづくりって福祉の仕事だろ?
ブラフアートは、障がい者の日中活動を支援する事業所を4施設、滋賀県産食材とアーティストを応援するカフェ&ギャラリー「spoons」(スプーンズ)を運営しています。その中のひとつ「office-cosiki」(オフィスコシキ)はまちづくりに携わるグループで、この本では黒子的役割をしています。「轂(こしき)」とは、車輪と軸をつなぐ存在。自分たちが真ん中ではなく、「いろんな人たちが『ここに住み続けたいなあ』と思うまちにしたい」という目的を真ん中に置いたとき、人と地域をつなぐ存在で在りたいと思っています。
例えば、電動車いすで生活しているメンバーは、「学習格差を解消したい」と、周辺地域の子どもたちに勉強を教える場を始めました。地場産業を体験してもらう社会科見学の企画もしています。また、寝たきりで医療的ケアが必要なメンバーは、可愛い雑貨好きが高じ、県内で活動するアーティストの作品を仕入れ、カフェで販売したり、個展を企画したりしています。
この本は、ブラフアートに「地域をつなぐ存在になりたい」と思わせてくれた、このまちの人たちの姿を綴りました。私たちは、この本に出てくる人たちをつなぐ存在として、まちづくりに参加しています。
これまで地域から「支援される側」であった障がい者福祉の世界が、地域を「支援する側」になる。新たな観点からのまちづくりのご提案です。

版元から一言

滋賀・大津の障がい者福祉NPO法人「ブラフアート」が、まちのごく普通の人たちの取材を通じて、「まちをつくるのはだれか?」の問いを明らかにしていきます。障がい者福祉の父・糸賀一雄の精神を受け継ぐ「いるだけでかがやくいのち」をまちづくりに実践する試み。本書に帯を寄せてくださった『まともがゆれる』(朝日出版)の著者・木ノ戸昌幸氏のインタビューも必見です。

著者プロフィール

NPO法人ブラフアート  (ブラフアート)  (

特定非営利活動法人BRAH=art.(ブラフアート)
2014年9月設立。障害福祉事業をベースに、地元の食材やアーティストを支援するカフェやシェアハウスを経営する。周辺地域の企業、地域団体、住民と共に、子ども食堂や学習支援などの子どもを対象とした活動や、朝市やマルシェの運営、まちづくり活動に参画。どうしたら滋賀県大津市瀬田地域に住むみんなのHUBになれるだろう? と日々妄想を繰り返している。

上記内容は本書刊行時のものです。