版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
チームラボ 無限の連続の中の存在 姫路市立美術館(企画) - 金木犀舎
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

チームラボ 無限の連続の中の存在 (チームラボ ムゲンノレンゾクノナカノソンザイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:金木犀舎
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ17mm
184ページ
並製
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-909095-55-8   COPY
ISBN 13
9784909095558   COPY
ISBN 10h
4-909095-55-1   COPY
ISBN 10
4909095551   COPY
出版者記号
909095   COPY
Cコード
C0070  
0:一般 0:単行本 70:芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年3月25日
書店発売日
登録日
2024年2月23日
最終更新日
2024年4月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【進化し続けるチームラボの現在地を、各分野の第一人者が語る】
チームラボ、ボーダレスの新境地へ--。
最新のテクノロジーを駆使しながら、人と世界の境界についての概念を変えるアートを展開し、世界中で評価されているアート集団・チームラボ。
日本でも数多くの展示をおこない、いずれも多くの観客を動員している。

ボーダレスの表現を常にアップデートしている彼らの作品は、いま、新たなステージへ突入している。
彼らの最大の理解者である美術評論家の南條史生氏いわく、
「あきらかにこれまのチームラボの作品と違う。そこにあるのは哲学的な問い、あるいは実存の問題ではないか」。

建築家、生物学者、哲学者など、各分野の第一人者たちがチームラボの展示を観て、チームラボと語らい、論考を寄せた、チームラボのアートをあらゆる方面からひもとく論考集。
また、2023年に姫路市立美術館で開催された「チームラボ 無限の連続の中の存在」、および書冩山圓教寺で開催された「チームラボ 圓教寺 認知上の存在」の作品、合計12点を、巻頭ビジュアル5色刷でたっぷり掲載。

目次

IMAGES 巻頭ビジュアル

▶️生命は生命の力で生きているⅡ
▶️Autonomous Abstraction, 宇宙から自分の存在まで連続する現象
▶️増殖する無量の生命の森
▶️反転無分別 – Light in Dark
▶️Dissipative Figures – Human, Light in Dark
▶️憑依する炎
▶️群蝶、儚い命
▶️連続する生と死
▶️Dissipative Figures – 1000 Birds, Light in Dark
▶️Matter is Void – Fog
▶️質量のない太陽、歪んだ空間
▶️我々の中にある巨大火花


Dialogue 対談
猪子寿之(チームラボ代表) ×隈 研吾(建築家)


Contribution 論考
    中村桂子(生命誌研究者)
    福岡伸一(生物学者)
    南條史生(美術評論家)
    筒井忠仁(美術史家)
    小川 勝(洞窟壁画研究者)
    鎌田東二(哲学者・宗教学者)
    大樹玄承(書冩山圓教寺第141世長吏)


Dialogue 対談
    建畠晢(詩人・美術評論家)×不動美里(姫路市立美術館館長)

版元から一言

世界中でムーブメントを巻き起こしているアート集団・チームラボですが、じつは書籍の刊行は数少なく、最新のデジタルテクノロジーを駆使した作品を巻頭ビジュアルでどう魅せるかについて、チームラボとも相談しながら制作しました。48ページ・5色刷でお届けする巻頭ビジュアルは、作品コンセプトとともにチームラボの世界観が楽しめるようになっています。
後半の論考ページでは、隈研吾、南條史生、福岡伸一、中村桂子、鎌田東二など各界の第一人者が集結。それぞれの専門分野の視点から、チームラボのアートとは何なのかを考察します。
隈研吾とチームラボには共通のキーワードがあった!?
チームラボの作品は洞窟壁画の原体験を呼び起こす!?
など、たいへん興味深い内容になっています。

著者プロフィール

姫路市立美術館  (ヒメジシリツビジュツカン)  (企画

【チームラボ】
アートコレクティブであり、集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

上記内容は本書刊行時のものです。