版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中日ドラゴンズを哲学する データを超えた野球の”楽しさ” 福吉 勝男(著/文) - 桜山社
.
詳細画像 0

中日ドラゴンズを哲学する データを超えた野球の”楽しさ”

発行:桜山社
四六判
162ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-908957-11-6
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月20日
書店発売日
登録日
2019年12月10日
最終更新日
2020年5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

小学生の頃から野球少年で、プロ野球を、そしてドラゴンズを70年にわたって愛してきた哲学者が、ファン目線で書き下ろしたドラゴンズ論。
天知俊一(1954年優勝・日本一)、与那嶺要(1974年優勝)、近藤貞雄(1982年優勝)、星野仙一(1988年、1999年優勝)、落合博満(2004年優勝、2007年53年ぶりの日本一他)
杉下茂の「魔球」、岩瀬仁紀の「13球」……。
昭和・平成から令和へと語り継ぎたい名場面。
ファンが愛した名監督、名選手たち。
野球はもっともっと楽しい!
追悼高木守道ー。

目次

はじめに  私と中日ドラゴンズ

●戦後復興期のプロ野球熱
第1章 念願の初優勝と日本一 ―天知監督 歓喜の胴上げ
   コラム 記憶に残る選手たち① 杉下茂と西沢道夫

●高度経済成長と並走
第2章 皆、待った20年ぶりの優勝  ―与那嶺監督 巨人V10阻止
   コラム 記憶に残る選手たち② 稲尾和久
   コラム 記憶に残る選手たち③ 鈴木孝政

●「昭和」フィナーレ10年
第3章 80年代2度の優勝  ―近藤監督&星野監督が躍動
   コラム 記憶に残る選手たち④ 「江夏の21球」と西本幸雄監督
    コラム 記憶に残る選手たち⑤ 「近藤真一投手のノーヒットノーラン」とオーストリア国際学会出席

●進むIT革命とデジタル化の波
第4章 5度目の優勝 ―開幕11連勝発進! 星野監督ドームで初の栄冠  
  コラム 記憶に残る選手たち⑥ 「国民的行事」としての〈10・8決戦〉(94年)と「私の一日」

●海を渡るMLB挑戦者たち
第5章 黄金期 ―山田監督から落合監督へつなぎ4度の優勝  
コラム 記憶に残る選手たち⑦ アメリカでの活躍を夢みて ―野茂・イチロー・松井・大谷らのメジャー挑戦
コラム 記憶に残る選手たち⑧ ウッズの満塁弾と〈山井→岩瀬〉投手リレーによる完全試合  

●結び 昇竜への「提言」

おわりに

版元から一言

中日ドラゴンズファン歴70年の哲学者が語る初めてのドラゴンズ論。
現在、7年連続Bクラスに低迷している中日ドラゴンズ再建への道のりを、
過去の優勝年度を入口に提言、野球の楽しさ、面白さを伝える。
全ての中日ドラゴンズファンと、プロ野球ファン待望の一冊。

著者プロフィール

福吉 勝男  (フクヨシ マサオ)  (著/文

1943年京都府生まれ。1972年名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。名古屋市立大学名誉教授。学術博士。
専門分野は、哲学・倫理学。
主な著書に、『大学の危機と学問の自由』(共著、法律文化社、2019年)『福沢諭吉と多元的「市民社会」論』(単著、世界思想社、2013年)『現代の公共哲学とヘーゲル』(単著、未來社、2010年)がある。
論文は、「福沢諭吉とG・W・F・ ヘーゲル―"理想主義的現実主義"の思想」(『理想』2019年3月号)他。
現在は、専門分野の研究を継続しつつ、専門学校で「生命倫理学」、女子大で「市民社会論」を講義。
そしてプロ野球のシーズン中はドラゴンズの応援を、オフには本書の続編準備のために資料収集をしている。

追記

・2020年4月6日付「朝日新聞」書籍紹介
・2020年3月15日付「中日新聞」書籍紹介
・2020年3月13日付「中日スポーツ」書籍紹介

上記内容は本書刊行時のものです。