版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
外征と公議 大島 明子(著) - 有志舎
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

外征と公議 (ガイセイトコウギ) 国際環境のなかの明治六年政変 (コクサイカンキョウノナカノメイジロクネンセイヘン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:有志舎
四六判
380ページ
上製
定価 3,400円+税
ISBN
978-4-908672-71-2   COPY
ISBN 13
9784908672712   COPY
ISBN 10h
4-908672-71-7   COPY
ISBN 10
4908672717   COPY
出版者記号
908672   COPY
Cコード
C1021  
1:教養 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年2月15日
書店発売日
登録日
2023年12月6日
最終更新日
2024年3月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

明治六年政変(征韓論政変)は、国内政局から論じられることが多く、その国際環境との関わりについては良くわかっていない。アメリカが新たな東アジア政策を模索するなかで、慶応三年、徳川慶喜政権は公議機関に支えられつつ米朝間の仲介と日朝関係の革新に踏み出そうとしていた。公議と対朝鮮外交は幕末の二大課題であったが、それらを継承した明治新政府は、戊辰戦争からの旧雄藩帰還将兵の暴発を怖れて外征へと傾斜してゆく。左院や地方官が公議と立憲制を要求するなかで、征韓・征台の主導を画策する薩土肥勢力と、薩長出身者のうちの「開化」勢力が激突したこの政変を、外交・内政の両面から新たに分析する。

目次

プロローグ
1 幕末維新期の外征論と公議論
2 戊辰戦争 
3 アメリカ登場
4 新政府の外交と辛未洋擾
5 留守政府の外征政策
6 明治六年政変(征韓論政変)
エピローグ

著者プロフィール

大島 明子  (オオシマ アキコ)  (

晃華学園・東京女子大学非常勤講師

上記内容は本書刊行時のものです。