版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
新版どこ行っきょん 短歌おまけ 森村 稔(著/文) - 書肆アルス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
楽天   書店
地方小
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

新版どこ行っきょん 短歌おまけ (シンパンドコイッキョン タンカオマケ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:書肆アルス
文庫判
288ページ
並製
定価 800円+税
ISBN
978-4-907078-45-4   COPY
ISBN 13
9784907078454   COPY
ISBN 10h
4-907078-45-5   COPY
ISBN 10
4907078455   COPY
出版者記号
907078   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年10月10日
書店発売日
登録日
2023年9月21日
最終更新日
2023年11月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「若い頃は、しばしば「おまえ、どこ行っきょん」(どこへ行きつつあるのか)と、少年時代を過ごした阿波の徳島弁で自分に問うことがあった。――(本文より)」
腹を空かした少年時代(Ⅰ)、東京へ出てきた青年時代(Ⅱ)、我を忘れて働いた壮年時代(Ⅲ)を綴ったエッセイに、老年時代になってふと目覚め詠んだ短歌作品(Ⅳ)のうち、自伝ふう作品をチョイスして収録。文庫版で送る著者初の自分誌です。

目次

Ⅰ 腹を空かして
どこ行っきょん
入道雲
歌謡曲で育った
腹を空かして
充満の快
積み木で字を覚えた
初めて買った本
たった一度のキセル
デラシネの如く
女体の美
ええのん買うてやる
幻の国民学校
胸に突き刺さっている歌
本が好きな子ども
深夜の頭の旅

Ⅱ 東京へ出て
あの一言
奇遇1
奇遇2
ミノル
東京へ出て
初めてのコーヒーその他
ゲルピン時代
小説落選
就職のこと
社会人第一歩
社会人第二歩
アマチュアの特権
レイアウト
橘君にもらった猫
メモ哀話
自分だけの体験
伸びる新人
タバコをやめた
ザッチョマン
飽きっぽいか
スポーツだめ
たとえば、料理人
おれも職人だ
プロ根性

Ⅲ 我を忘れて
〝長のつくもの〟
 閉店閉口
独り酒讃歌
本を読む場所
あれはどうなったか
たまには本格読書
大いなる世代
遠くが見たい
アラン・ドロンから余談へ
男も喋りたい
樹木讃
朝の公園ベンチで

Ⅳ ふと目覚めて…短歌おまけ
ここに至りて
家族の記憶ー大阪に生まれて
郷里、徳島ー疎開先
あの日々ー大学進学
ホの字
著述生活
博報堂、リクルート、大学非常勤講師
わけても、リクルート

あとがき
新版あとがき
エディターズ・ノート

前書きなど

若い頃は、しばしば「おまえ、どこ行っきょん」(どこへ行きつつあるのか)と、少年時代を過ごした阿波の徳島弁で自分に問うことがあった。老境を迎えた今、そんな台詞が頭をかすめることもないではないが、多くの場合は、だれに迷惑をかけることもない〝その他大勢〟の一人として自分の世界に浸っていることができる。神様がくれる最高の贈り物。老年のたっぷりある時間を使い、アンチ・エイジングに対抗して、プロ・(賛)エイジングとでも言おうか、老後の安逸、加齢自足の哲学を追求する学派でも構想してみようかな。
ま、そんなことでも夢見て昼寝しようか。
 

版元から一言

2013年、小B6判の単行本『どこ行っきょん』を出版し、しばらく品切れ状態でした。
その『どこ行っきょん』から「自分についてのエッセイ」を選び、近年著者が詠んだ短歌のうち、「越し方に触れた短歌」約200首を新たに加え、新版として文庫サイズで刊行するのが本書です。

業績を上げてもどこか学生気分を残していて、ゆえに何事にも少し冷めている、そして面白いことには敏感で直向きな著者と、著者ゆかりの人たち。
昭和の企業人がおしなべて共通にもっていた核心のようなものが、『新版どこ行っきょん短歌おまけ』に見出せるかもしれません。
そんな願いを込めて送り出します。

著者プロフィール

森村 稔  (モリムラ ミノル)  (著/文

昭和10年大阪市生まれ。小学校3年生のとき、戦時疎開で徳島へ。徳島県立名西高等学校を経て、東京大学文学部美学美術史学科卒業。20代後半、博報堂を退社し、東大新聞研究所研究生に。リクルート創業期の仕事を手伝い、昭和38年、会社設立と同時に入社。社員番号4。編集部長、制作本部長、専務取締役などを経て、平成9年退職。リタイア後は、お茶の水女子大学でメディア論、東京経済大学で文章作法などの講師を数年間つとめた。
著書に『スペシャリスト時代』(実業之日本社)、『広告マンの世界』(天野祐吉氏との共著)、『仕事を活かすセンス』(以上、東洋経済新報社)、『昇進術入門』(文藝春秋)、『頭の散歩』(産業能率大学出版部)、『クリエイティブ志願』(青英舎、後にちくま文庫)、『朝の独学』(筑摩書房)、『ネクタイのほどき方』(同)、『自己プレゼンの文章術』(ちくま新書)、『青空は片思い』(書肆アルス)、『老童雑記』(同)など。歌集に『寝しなの歌』、『帰りしなの歌』、『須臾の残響』(同)。

旧版ISBN
9784907078041

上記内容は本書刊行時のものです。