版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ハンターギャザラー 鴻池朋子(著/文) - 羽鳥書店
.

ハンターギャザラー

発行:羽鳥書店
A5変型判
128ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-904702-73-4
Cコード
C1071
教養 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年11月5日
書店発売日
登録日
2018年10月9日
最終更新日
2019年1月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

獲物を捕り料理する、木を伐採し石を積み家にする、モチーフを集め絵画にする。ハンターギャザラー(狩猟採集民)として人間は、自然を人間界へ引きずり込む方向のみへと文化を発展させてきた。この〈原型〉をいかに解体、転換できるか。
喰う動物たちの姿を描いた幅8m×高さ6mのカービング(板彫り絵画)、東北で害獣駆除された動物たちの毛皮と山脈の空間「ドリーム ハンティング グラウンド」などの新作を収録。

目次

ロンドンのカレー屋で 村井まや子(対談)
木枠のなかで宗教を想う 江川純一
かたどる 三浦佑之(対談)

かかとに棲む狼
呪文/山に食べられる/竜巻/毛皮/啼き声/トンビ/刺しては縫う物語/宝と棺/海にのまれ/見る人よ何を見ている/1といっぱい/大切なことは言葉にしない

地球にぶたれる
ハンターギャザラー
Hunter Gatherer

展覧会記録
作品一覧

前書きなど

 私はいつもエネルギーのことを考えています。
 絵でも彫刻でもなんでも、ものづくりは、バラバラだった素材や思考が完成に近づくと、途端に世界が閉じて保守的になり安定をしはじめます。そこで私の場合、あえて完成間近のものに、異質な裂け目のようなものを穿って不安定にさせ、大きくバランスを崩します。ドローイングなら邪魔な線を加えるか、もしくは重要な部分を消し去るとか、絵の天地を逆転するとか、台無しになるような無慈悲なことをしてしまいます。なぜなら、その不均等を埋めようと、作品の深部に一気に爆発的なエネルギーが興り、それが今の安定した次元を突き破り、変容を遂げようとしてくれるからなのです。制作の博打が毎回繰り返され、エネルギー変換を経て作品はさらに強度を持ち完成へと向かいます。
 そんなまるでダム発電のようなことが、日々の制作過程で起こっています。(後略)

著者プロフィール

鴻池朋子  (コウノイケトモコ)  (著/文

現代アーティスト。1960年秋田県生まれ。おもちゃ、雑貨のデザイン企画を
経て1998年より絵画、彫刻、映像、アニメーション、絵本、手芸、パフォーマンスなど、様々なメディアでトータルインスタレーションを行い現代の神話を発表。芸術の問い直しを試みている。[著書]『インタートラベラー 死者と遊ぶ人』(2009年)、『焚書 World of Wonder』(2011年)、『根源的暴力』(2015年)、『どうぶつのことば 根源的暴力をこえて』(2016年)、いずれも羽鳥書店刊。

上記内容は本書刊行時のものです。