版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
若松英輔エッセイ集 悲しみの秘義 若松 英輔(著) - ナナロク社
...

若松英輔エッセイ集 悲しみの秘義

発行:ナナロク社
B6判
縦190mm
150ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-904292-65-5
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2015-11-30
登録日
2015年12月30日
最終更新日
2015年12月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-02-07 東京新聞/中日新聞
評者: 藤沢周(作家)
2015-12-27 朝日新聞
評者: 星野智幸(小説家)
2015-12-13 日本経済新聞

紹介

悲しみを通じてしか見えてこないものが、この世には存在する。涙は、必ずしも頬を伝うとは限らない。悲しみが極まったとき、涙は涸れることがある。深い悲しみのなか、勇気をふりしぼって生きている人は皆、見えない涙が胸を流れることを知っている。人生には悲しみを通じてしか開かない扉がある。悲しむ者は、新しい生の幕開けに立ち会っているのかもしれない。耳をすます、小さな声で勇気と希望に語りかける、二十五編のエッセイ。

目次

悲しみの秘義
見えないことの確かさ
低くて濃密な場所
底知れぬ「無知」
眠れない夜の対話
彼方の世界へ届く歌
勇気とは何か
原氏喜の小さな手帳
師について
覚悟の発見〔ほか〕

上記内容は本書刊行時のものです。