版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ところで軍国少女はどこへ行った 本田 和子(著) - ななみ書房
.

ところで軍国少女はどこへ行った

発行:ななみ書房
A5判
184ページ
並製
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-903355-83-2
Cコード
C3000
専門 単行本 総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月15日
書店発売日
登録日
2019年3月13日
最終更新日
2019年4月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 戦争がはじまったとき,少女は小学校低学年だった。工場動員は免れた。その代わり、校庭に薩摩芋を植えたり、人手不足の農家に農作業の手伝いに行かされたりした。その頃歌われた『学徒動員の歌』、すなわち、「君は鍬取れ、我は鎚、戦う道に二つなし」という戦時歌謡さながらであった。こんな歌に励まされ、お米や野菜を作ることは重要だと思っていたから、とにかく真面目に働いた。何しろ、この戦いは正しく、神州は不滅であると教え込まれていたから、どんなに敗け戦が続いても、日本が敗けるなどとは考えもしなかったのである。
 こうした「戦争観」の中で、少女たちは「少国民」となり、「軍国少女」へと成長した。こうした「日本観」は、「皇国史観」に基づく「日本国史」の授業で、しっかりと形成されていた。それに、勇壮で覚えやすい戦時歌謡は、少女たちの心を揺さぶり、「正義のための聖なる戦い」を疑うこともなかったのである。
 今,大人になった少女が「日本国史」と「戦時歌謡」を取り上げて、自分自身を語ってみようと考えたのは、こうした所似に他ならない。そして、このことは、「私」という一人の子どもの物語でありつつも、あの時代を生きた同世代の女たちにとっても、共有される物語に他ならない。

目次

はじまりのことば
第一部 戦時下の学校教育 
 第一章 「日本国史」の教育力
  ⑴  「縄文」も「弥生」も知らない子どもたち
  ⑵  「ヤマトタケル」の物語
  ⑶ 南北朝と後醍醐天皇
  ⑷ 吉野の行宮に集った「いい人」たち
  ⑸ 護良親王異聞
  ⑹ 天皇のよしあし
  ⑺ 私にとっての「いい人」たち
  ⑻ 大政を天皇に返した徳川最後の将軍

 第二章 私たちの万葉集
  ⑴ 撃ちてし止まむ
  ⑵ 防人のうた
  ⑶ 大君の辺にこそ死なめ
  ⑷ 生ける驗あり
  ⑸ 自分勝手な「万葉集」

 第三章 子どもたちの「唱歌教育」
  ⑴ 四大節の歌
  ⑵ 唯一無二の日本
  ⑶ チョクゴホートーカ(勅語奉答歌)
  ⑷ 日本を讃える歌
  ⑸ アジアの盟主

第二部 戦時歌謡と子ども
 第一章 歌の力・歌詞のイメージ
  ⑴ 音楽を動員せよ
  ⑵ 映画とその主題歌
  ⑶ 唱歌コンクールと戦時歌謡
  ⑷ 唱歌コンクールと教科書の歌
  ⑸ 従軍看護婦ごっこ
  ⑹ ハニホヘトイロハ
  ⑺ 戦時歌謡と兄弟喧嘩
  ⑻ 「 私」の愛唱した戦時歌謡
  ⑼ 「任侠もの」の隠れ流行
  ⑽ 靖国神社の歌
  ⑾ 連合艦隊司令長官の死
  ⑿ 桜とアリラン

 第二章 子どもの戦争体験
  ⑴ 歌詞の力
  ⑵ 選民思想と日本神国論
  ⑶ 戦時歌謡の巧みさ
  ⑷ 替え歌のこと
  ⑸ 拡散者としての子ども
  ⑹ 子どもたちの戦時歌謡
  ⑺ 戦時歌謡と遊び歌
  ⑻ 戦時歌謡と私

 第三章 私という子どもの戦時観
  ⑴ 辞 世
  ⑵ 食べ物のこと
  ⑶ 母の江戸褄
  ⑷ もんぺと救急袋
  ⑸ 愛国百人一首のこと
  ⑹ 陸軍情報局推薦の映画鑑賞
  ⑺ 戦争ごっこ
  ⑻ 弟妹を哀れむ
  ⑼ 真面目だった「母」の真面目だった「子ども」
  ⑽ 文語体の活用

第三部 軍国少女はどこへ行ったか
 第一章 私の戦後体験
  ⑴ 戦いすんで日が暮れて
  ⑵ 子どもは一直線
  ⑶ 男女同権
  ⑷ 洋書のこと
  ⑸ ダンスパーティー
  ⑹ 皆で旅行をしましょう
  ⑺ ところで軍国少女はどこへ行った?

版元から一言

戦争が始まったとき少女は小学校低学年だった。この戦いは正しく神州は不滅であると教え込まれていたから、どんなに敗け戦が続いても日本が敗けるとは考えもしなかった。少女たちは「少国民」となり、「軍国少女」へと成長した。こうした日本観は、「日本国史」の授業でしっかりと形成され,勇壮で覚えやすい「戦時歌謡」は、少女たちの心を揺さぶり、正義のための聖なる戦い」を疑うこともなかった。今,大人になった少女が「日本国史」と戦時歌謡」を取り上げて、自分自身を語ってみようと考えたのは、こうした所似に他ならない。

上記内容は本書刊行時のものです。