版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
[旧字源] 青木 逸平(著) - 瀬谷出版
.

[旧字源] 旧漢字でわかる漢字のなりたち

発行:瀬谷出版
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ12mm
重さ 265g
208ページ
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-902381-38-2
Cコード
C0081
一般 単行本 日本語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年9月
書店発売日
登録日
2018年8月16日
最終更新日
2018年9月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

新字体になる際に大きく変化した旧漢字についてとりあげ、字の成り立ちを解説します。
また、メインとなる2章の他にも、1章では新字体ができる経緯について述べ、3章では漢字の歴史を甲骨文字まで遡り、日本での受容とその後の変化について解説し、1冊通して漢字の全体像がつかめるようになっています。

目次

1章「旧漢字とは」 
    「旧漢字」とはなにか? 
     当用漢字表・新字体までの道のり
     当用漢字のその後
     新字体と旧字体
     漢字をめぐる混乱と迷走
     漢字のこれから  

2章[旧字源]――旧字体から字源をさぐる 

3章 漢字の歴史と基礎知識 
  漢字の歴史 
  漢字の渡来と日本的な変化

新旧字体対照表・索引

前書きなど

まず、旧漢字をじっとながめてみてください。字によっては三千年前のかたちをまだ保っているものさえあります。三千年前の古代中国の儀礼を伝えてくれる字もあります。そのイメージの喚起力を感じていただき、そして、その字源を楽しんでいただけたら幸いに思います。

版元から一言

当用漢字で新字体へと移行した漢字の中には、本来その字が属するグループからはずれてしまったものがあります。たとえば「仮」はもとは「假」であり、つくりの部分が‘かり’の意味をもち、「暇」と同じく「カ」という音をもつグループの字でした。
そのことを知って以来、字の属性から離れてしまう変更がされてしまった理由と、本来の意味・字源を知ることのできる本がほしいと思ってきました。
そして、幸いにしてよい書き手に出会うことができました。
本書にとりあげた旧字を知ると、本来の漢字の意味がわかります。
年齢、性別、国籍を問わず、多くの漢字ファンに楽しんでいただければと思っています。

著者プロフィール

青木 逸平  (

1957年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。出版社、編集プロダクション勤務を経て、フリーランスの編輯者、校正校閲者。著書に『旧字力、旧仮名力』(NHK出版)、『四字熟語の大常識』『妖怪の大常識』『食べものの大常識』(いずれもポプラ社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。