版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
石母田正と戦後マルクス主義史学 原秀三郎(著/文) - 三元社
..

石母田正と戦後マルクス主義史学 アジア的生産様式論争を中心に

発行:三元社
A5判
272ページ
定価 4,200円+税
ISBN
9784883034772
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年5月
発売予定日
登録日
2019年2月14日
最終更新日
2019年2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

石母田史学とは何であったのか。
マルクスによって記述された「アジア的生産様式」をめぐる論争は、古代から近現代にいたる日本「特有」の性質の究明を目的としておこなわれてきた。この論争を緒として歴史家石母田正と京大日本史学のかかわりを中心に戦後歴史学の軌跡をたどり、時代区分なき政治史、形骸化した実証史学といった現在の歴史学への反省のうえに、マルクス主義歴史学の可能性を問いなおす。

目次

自序 原秀三郎
第1部 石母田正と戦後マルクス主義史学 
――アジア的生産様式論争を中心に [原秀三郎+磯前順一]
はじめに
第1章 生い立ちから静岡大学史学専攻課程設立まで
伊豆下田時代
 生まれ故郷、稲梓村
 静岡大学入学と民科での活動
 内藤晃先生との出会い
 石母田正『歴史と民族の発見』
 静岡大学文理学部史学専攻課程の設立
第2章 京都大学大学院時代
 安良城理論と芝原拓自の登場
 安丸良夫との交流
 河音能平と早川二郎、そして渡部義通
 西田直二郎の文化史学
 清水三男の流れ
第3章 『資本制生産に先行する諸形態』と京大国史学
 『諸形態』の日本語訳
 時代区分論の必要性
 経済史による影響
 大山喬平の構成的支配論
第4章 『諸形態』と石母田正の『日本の古代国家』
 芝原拓自の『諸形態』理解
 原秀三郎のアジア的生産様式論批判報告
 『諸形態』解釈の分岐点
 石母田『日本の古代国家』との決別
 国家史と国制史の違い
 寺奴の論理
 石母田理論の陥穽
第5章 石母田史学とは何か
 石母田「英雄時代論」
 ヒューマニスト石母田正
 「歴史評論家」としての石母田正
第2部 内在化する「アジア」という眼差し
――アジア的生産様式論争と石母田正 [磯前順一]
1. 方法論的アプローチ――他者の眼差しと主体化過程
2. 知識人と大衆という問題設定――福本イズムから転向問題へ
3. 停滞論から特殊性論へ――『日本歴史教程』から『中世的世界の形成』へ
4.  石母田正と第三次歴史教程グループ――三木清の遺産
5.  石母田正のアジア的古代論――世界史の基本法則と歴史の余白
6. 挫折と経験――安良城盛昭と石母田正
7. 東アジア論への展開――石母田正『日本の古代国家』

跋にかえて 学問の死の後で――1981年の原先生と私 [磯前順一]

著者プロフィール

原秀三郎  (ハラヒデサブロウ)  (著/文

1934年(昭和9)静岡県下田市生まれ。
1958年(昭和33)静岡大学文理学部史学専攻卒業。
1965年(昭和40)京都大学大学院文学研究科博士課程国史学専攻修了。
奈良国立文化財研究所員、静岡大学人文学部教授、千葉大学文学部教授を歴任。
現在  静岡大学名誉教授
京都大学文学博士。
主な著書 
『日本古代国家史研究―大化改新論批判』東京大学出版会、1980年
『地域と王権の古代史学』塙書房、2002年
『日本古代の木簡と荘園』塙書房、2018年

磯前順一  (イソマエジュンイチ)  (編集

1961年(昭和36)茨城県水戸市生まれ。東京大学文学博士。
国際日本文化研究センター教授。宗教・歴史研究
主な編書
『マルクス主義という経験―1930‐40年代日本の歴史学』青木書店、2008年
『希望の歴史学―藤間生大著作論集』ぺりかん社、2018年

磯前礼子  (イソマエレイコ)  (編集

1962年(昭和37)愛知県春日井市生まれ。日本近代思想史研究
主な共著書
『ザ・タイガース研究論―昭和40年代日本のポピュラー音楽の社会・文化的分析』近代映画社、2015年
『希望の歴史学―藤間生大著作論集』ぺりかん社、2018年

上記内容は本書刊行時のものです。