版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
母と娘の物語 國重 裕(著) - 松籟社
.
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|地方小|JRC
直接取引: なし
返品の考え方: 返品は常に承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784879844217

母と娘の物語 戦後オーストリア女性文学の《探求》

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:松籟社
四六判
192ページ
上製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-87984-421-7   COPY
ISBN 13
9784879844217   COPY
ISBN 10h
4-87984-421-7   COPY
ISBN 10
4879844217   COPY
出版者記号
87984   COPY
Cコード
C0098  
0:一般 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年2月28日
書店発売日
登録日
2022年3月2日
最終更新日
2022年4月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

家父長制やカトリックの遺風が温存された第二次大戦後のオーストリア。保守的な価値観に支配された「言葉の壁」にぶつかりながら、女性作家たちはどのような言葉を紡ぎ出し、そして何をめざしたのか。彼女たちの文学における《探究》に迫る。

目次

第一章 家父長制社会の共犯者としての主婦─マルレーン・ハウスホーファー「ステラを殺したのはわたしたち」、『屋根裏部屋』
第二章 娘時代の教育の代償─マルレーネ・シュトレールヴィッツ『誘惑。』、ブリギッテ・シュヴァイガー『海の水はなぜからい』、ヴァルトラウト・アンナ・ミットグチュ『体罰』
第三章 女性の言葉(声)の獲得をめざして─インゲボルク・バッハマン『マーリナ』、「ウンディーネ去る」
第四章 家父長制度に抗って書く─エルフリーデ・イェリネク『ピアニスト』、『欲望/快楽』
第五章 母を問いつめる娘─エリーザベト・ライヒャルト『二月の影』、『悪夢』
余録 現代オーストリア文学小史

著者プロフィール

國重 裕  (クニシゲ ユタカ)  (

龍谷大学准教授(教養教育科目ドイツ語)。
一九六八年京都生まれ。京都大学文学部ドイツ文学科卒業。二〇〇三年「表象のユーゴスラヴィア─ユーゴスラヴィア内戦と西欧知識人」で博士号取得。専門は、現代オーストリア・東欧文学、比較文化論。
詩集に『静物/連禱』(七月堂)、『彼方への閃光』(書肆山田)ほか。著書に『ことばの水底へ─「わたし」をめぐるオスティナート』、『《壁》が崩れた後─文学で読む統一後の東ドイツ社会』(郁文堂)がある。共著に『中欧─その変奏』(鳥影社)、『ドイツ文化史への招待』(大阪大学出版局)、『ドイツ文化を知る55のキーワード』(ミネルヴァ書房)、『ドイツ保守革命』『東欧の想像力』(以上、松籟社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。