版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
プラヴィエクとそのほかの時代 オルガ・トカルチュク(著) - 松籟社
.
詳細画像 0
東欧の想像力 16

プラヴィエクとそのほかの時代

発行:松籟社
四六判
368ページ
上製
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-87984-383-8
Cコード
C0397
一般 全集・双書 外国文学小説
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年11月30日
発売予定日
登録日
2019年10月24日
最終更新日
2019年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ノーベル賞作家(2018年)トカルチュクの名を一躍、国際的なものにした代表作。
ポーランドの架空の村「プラヴィエク」を舞台に、この国の経験した激動の二十世紀を神話的に描き出す。

著者プロフィール

オルガ・トカルチュク  (トカルチュク オルガ)  (

現代ポーランドを代表する作家のひとり。国内で最も多くの読者に支持されるとともに、国外にも広く翻訳紹介されている。
1962年、ポーランド共和国西部スレフフ生まれ。1993年の『本の人々の旅』で本格的に文壇デビューを果たす。本作『プラヴィエクとそのほかの時代』(1996)で、ポーランドの架空の村を舞台に、この国の経験した激動の二十世紀を神話的に描きだし、国外にもひろくその名を知られるようになった。その後も『昼の家、夜の家』(1998、邦訳:白水社)、『最後の物語』(2004)などコンスタントに話題作を発表、『逃亡派』(2007、邦訳:白水社)ではポーランドの権威ある文学賞ニケ賞を受賞。扱うテーマはメソポタミア神話から政治、フェミニズムまで多彩である。
2018年のノーベル文学賞を受賞。

小椋 彩  (オグラ ヒカル)  (

東洋大学文学部日本文学文化学科助教。
専門はポーランド文学、亡命ロシア文学。訳書にトカルチュク『昼の家、夜の家』、『逃亡派』(ともに白水社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。