版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
神秘劇をオペラ座へ 岡本 佳子(著) - 松籟社
.

神秘劇をオペラ座へ バルトークとバラージュの共同作品としての《青ひげ公の城》

発行:松籟社
A5判
304ページ
上製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-87984-380-7
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年7月31日
書店発売日
登録日
2019年7月30日
最終更新日
2019年8月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

オペラ史上、特異な存在感を放つ《青ひげ公の城》。
筋は起伏に乏しく、群集合唱も派手なバレエもない、
しかしその神秘性ゆえに忘れがたい印象を残すこの作品は、
いっとき同じ建物に暮らした2人の芸術家──バルトークとバラージュ──によって創りあげられた。
彼らが生きた20世紀初頭ブダペシュトにおける文化的・歴史的文脈を、
そして作者2人を取りまく人的交流を踏まえて、この謎めいたオペラを捉え直す。

目次

序章 ブダペシュト テレーズ環状通り17番に住む芸術家たち──「周縁」地域のオペラ作品へのアプローチ
第1章 「国民音楽」の殿堂──ハンガリー・オペラと王立歌劇場
第2章 音楽と演劇における「ハンガリー」の所在──モダニズム運動の多層性
第3章 バルトークとバラージュによる《青ひげ公の城》の制作
補 論 亡き作曲家への「回想」──バラージュによるバルトーク像
第4章 バラージュの神秘劇──戯曲としての『青ひげ公の城』
第5章 バルトークの「音楽」──「夢」から「夜」への道筋
終章 オペラ初演、そして別れ

著者プロフィール

岡本 佳子  (オカモト ヨシコ)  (

東京大学教養学部卒業。同大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース修士課程、博士課程修了。博士(学術)。
 現在、東京大学教養学部附属教養教育高度化機構特任講師。

上記内容は本書刊行時のものです。