版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
下半身から読むアメリカ小説 高野 泰志(著) - 松籟社
.

下半身から読むアメリカ小説

発行:松籟社
四六判
408ページ
上製
価格 2,800円+税
ISBN
978-4-87984-362-3
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年3月
書店発売日
登録日
2018年3月7日
最終更新日
2018年3月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

19世紀のポー、ホーソーン、メルヴィルから、ヘンリー・ジェイムズ、フランク・ノリス、20世紀のヘミングェイ、フィッツジェラルド、フォークナー、第二次大戦後のカポーティ、サリンジャーにいたる、アメリカ文学史において太文字で特筆される男性作家たち。彼らは、その作品中で女性登場人物にどのような視線を向け、そして彼女たちをどのように描いてきたのか。

視線と欲望、女性のセクシャリティ、身体性といった観点から数々のアメリカ小説を読み直し、男性作家たちが(そして同時代の読者もまた)内面化していた、男性性に基づいた価値観を、そしてその変遷をあとづける。

目次

第一部 欲望の誕生─覗かれる身体

1.都市の欲望─ポーの推理小説と覗き見の視線
2.さらし台と個室の狭間で─ホーソーンとメタフィクションの試み
3.語り手はなぜ語ったか─閉じ込められる「バートルビー」
4.覗き返す視線─ジェイムズの国際状況小説と都市


第二部 陵辱される女たち─欲望する身体

1.性欲の詩学─殺害されるポーの女性たち
2.敷居に立つヘスター・プリン─『緋文字』における性欲の感染
3.欲望の荒野─トウェインのレイプ願望
4.麻酔、マゾヒズム、人種─『マクティーグ』における痛みの認識論
5.素脚を見せるブレット・アシュリー─矛盾する欲望と『日はまた昇る』
6.音のない炎─欲望の象徴としての『サンクチュアリ』
7.近親相姦の時代─『夜はやさし』の欲望を読む
8.創造と陵辱1─『誰がために鐘は鳴る』における性的搾取の戦略


第三部 見られる男たち─内なる他者としての身体

1.創造と陵辱2─『河を渡って木立の中へ』における性的搾取の戦略
2.異形の身体─サリンジャー作品に見られる身体へのまなざし
3.冷戦下のカメレオン─トルーマン・カポーティの同化の戦略
4.ポーの見たサイボーグの夢

著者プロフィール

高野 泰志  (タカノ ヤスシ)  (

京都大学文学部卒業、京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
岩手県立大学講師を経て、現在、九州大学大学院人文科学研究院准教授。
専攻はアメリカ文学、とくにアーネスト・ヘミングウェイを中心に研究。
著書に『引き裂かれた身体─ゆらぎの中のヘミングウェイ文学』(松籟社)、『悪夢への変貌─作家たちの見たアメリカ』(共編著、松籟社)、『ヘミングウェイと老い』(編著、松籟社)、『アーネスト・ヘミングウェイ─21世紀から読む作家の地平』(共著、臨川書店)、『アーネスト・ヘミングウェイ、神との対話』(松籟社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。