版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ラフマニノフ考―チェロ奏者から見たその音楽像― 伊藤 悠貴(著) - 恵雅堂出版
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次: ト|ニ   書店
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ラフマニノフ考―チェロ奏者から見たその音楽像― (ラフマニノフコウ チェロソウシャカラミタソノオンガクゾウ) ラフマニノフ生誕150周年記念 (ラフマニノフセイタンヒャクゴジュウシュウネンキネン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:恵雅堂出版
四六判
160ページ
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-87430-052-7   COPY
ISBN 13
9784874300527   COPY
ISBN 10h
4-87430-052-9   COPY
ISBN 10
4874300529   COPY
出版者記号
87430   COPY
Cコード
C1073  
1:教養 0:単行本 73:音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年11月3日
書店発売日
登録日
2023年9月8日
最終更新日
2023年10月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 ラフマニノフ研究に新たな地平を切り拓く、日本が世界に誇るチェロ奏者、伊藤悠貴渾身の初著作! 
 ラフマニノフ生誕150周年記念企画。20世紀においては時代錯誤というレッテルを貼られ冷遇されたラフマニノフ作品だが、21世紀になって再評価の機運が高まり演奏機会が増え続けている。
 本書は、第一線の演奏活動と20年に及ぶ研究に基づきラフマニノフの新しい音楽像を描出し、彼が最も信頼した音楽家たちによって伝えられたラフマニノフ自身の言葉と音楽観の記録と共に、その本質を解き明かす野心作である。
 主要作品の解説と併せ、国際的な演奏実績を踏まえた実践的な「器楽演奏のための編曲手引き」も収録。ラフマニノフを愛してやまない若き著者の熱気が、広く読者の音楽愛を掻き立てる。

目次

目次
はじめに ─ラフマニノフ生誕150年に寄せて
第1章 歌曲 ─ラフマニノフ作品の特徴と象徴主義
     作品解説)と「編曲の手引き」
     コラム『交響曲第1番』
第2章 合唱曲 ─ラフマニノフ芸術の“頂点”
     作品解説と「編曲の手引き」
     コラム『交響曲第2番』
第3章 歌劇 ─器楽的抒情と後の作品への影響
     作品解説と「編曲の手引き」
     コラム『交響曲第3番』
第4章 室内楽 ─『チェロとピアノのためのソナタ』へ
     作品解説と「編曲の手引き」
     コラム『交響的舞曲』
     編曲に適したピアノ作品
おわりに ─チェロ奏者から見たラフマニノフの音楽像
ラフマニノフ関連略年表

前書きなど

 ラフマニノフの生涯や史実に関する書物については、2010年代になるまでは「Rachmaninoff: Composer, Pianist, Conductor」(Martyn, 1990)などの英語文献は非常に貴重でした。その後2016年に「Rachmaninoff: Life, Works, Recordings」(Harrison, 2005)の日本語版が刊行されたことによって、ようやく日本語でも史実に基づく正確なラフマニノフ文献が手に入るようになったのは大きな進展です。しかしそれらの書物は全て学者や伝記作家によるもので、演奏家の視点によるラフマニノフ研究については、生誕150年を迎えた2023年になっても依然として、ほとんど開拓されていない領域のままでありました。
 本書ではこれまで私が演奏を通して研究を深めてきた作品を中心に、多岐にわたるラフマニノフ作品を器楽で演奏する上での可能性を最大限追求し、彼が最も信頼した音楽家たちによって伝えられたラフマニノフ自身の言葉と音楽観の記録、そして学際的アプローチを以て、チェロ奏者の視点からラフマニノフの芸術、所謂甘いロマンスとは無縁の音楽精神を考察します。
 弾き手聴き手を問わずひとりでも多くの音楽を愛する方にとって、本書がラフマニノフの果てしない魅力を見つめ直すきっかけとなれば、この上ない幸せです。(「はじめに」より)

版元から一言

ラフマニノフ研究に新たな地平を切り拓く、日本が世界に誇るチェロ奏者、伊藤悠貴渾身の初著作!
ラフマニノフの人と作品を知るための絶好の入門書だが、作品解説にはラフマニノフをライフワークとする著者の知見、経験と愛情が凝縮しており、音楽愛好家だけでなく研究者にも必携の一冊となっている。

著者プロフィール

伊藤 悠貴  (イトウ ユウキ)  (

1989年東京生まれ。15歳で渡英。ブラームス国際コンクール第1位、ウィンザー祝祭国際弦楽コンクール第1位。名門フィルハーモニア管弦楽団との共演でデビューして以来、ソリストとして世界各地に客演。幅広いレパートリーの中核にラフマニノフ研究を据え、その先駆けとして確固たる実績を築いている。2019年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。