版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
国語の授業、最前線! 大塚 葉(編著) - ボイジャー
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ツバメ出版流通     鍬谷     ト・日・他 → 書店
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

国語の授業、最前線! (コクゴノジュギョウサイゼンセン) デジタル出版ツール活用事例に見るICT (デジタルシュッパンツールカツヨウジレイニミルアイシーティ)

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ボイジャー
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ8mm
144ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-86689-330-3   COPY
ISBN 13
9784866893303   COPY
ISBN 10h
4-86689-330-3   COPY
ISBN 10
4866893303   COPY
出版者記号
86689   COPY
Cコード
C0037  
0:一般 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年7月12日
書店発売日
登録日
2023年6月22日
最終更新日
2023年9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2023-10-01
MORE
LESS

紹介

教育現場へのICT(情報通信技術)導入が進んでいる。プロジェクターやデジタル教科書の採用、生徒や学生一人1台の情報端末利用などにより、紙中心だった従来の学校教育が大きく変わろうとしている。このような中、ボイジャーのデジタル出版ツール「ロマンサー」や「ロマンサークラスルーム」を国語の授業に導入し、「学びの質」を向上させる取り組みを始めた大学や小中学校がある。本書ではこうした学校現場での電子書籍の活用事例を、インタビューを通じて紹介する。これからのデジタル教育や学校図書館のあり方についても考察する。

目次

はじめに

第1章 ロマンサーがデジタル教育を支援する
 デジタル出版を活用した国語教育の広がり
 デジタル出版ツール、ロマンサーを使ってみよう

第2章 教育現場でのデジタル出版最前線!
 中学から大学まで、デジタル出版で学ぶ学生たち
 ケーススタディ1
  15歳でデジタル出版に挑戦、国語の授業を通じて知的探究を推進する
  ~都立大泉高等学校国語科 石鍋雄大先生に聞く~
 ケーススタディ2
  グーグル教育ツールや電子出版で、さまざまなアウトプットに挑戦する
  ~公立都留文科大学文学部国文学科 野中潤先生に聞く
 ケーススタディ3
  子ども園から大学まで「図書館中心の学校」コンセプトを進める
  ~追手門学院大学国際教養学部教授 湯浅俊彦先生に聞く

第3章 どうなる?これからのデジタル出版
 デジタル出版で市場や教育現場はどう変わるか
 インタビュー1 専修大学文学部教授 植村八潮生に聞く
 インタビュー2 滋賀文教短期大学国文学科講師 有山裕美子先生に聞く

第4章 学校現場でのロマンサー活用事例

第5章 ロマンサー導入校に使用感をアンケート

おわりに

前書きなど

はじめに
 この本を手にとってくださった皆さんは、今どんな立場にいらっしゃるでしょうか。学校で教えておられる先生か、学ぶ立場の生徒や学生さんでしょうか。それとも教師を目指して勉強中、という方々でしょうか。または、生徒や学生の保護者の方々かもしれません。
 本書は「教育とICT」をテーマにしています。ICTとはInformation and Communication Technologyの略で、情報通信技術のことです。
 読者の皆さんが10代、20代ならば、生まれたときからインターネットやデジタル機器(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)があるのが当たり前で、ICTを特に意識することもなかったでしょう。
 一方で、筆者を含め40代以降の方たちにとってはICTの登場はまさに革命ともいえるものでした。この数十年で私たちの生活は、アナログからデジタルに大きくシフトしてきました。
 さて教育の現場に目を向けてみると、デジタル化はまさに「現在進行形」のテーマといえるでしょう。
 一口に教育のICT化といっても、さまざまな手法が考えられます。先生が白いチョークで手書きしていた黒板を電子黒板に変えるのもデジタル化ですし、生徒がデジタル端末を使ってインターネットにつないだり、紙の教科書の代わりにデジタル教科書で学んだりすることも、ICT化といえます。文部科学省が2020年に、「生徒1人1台のデジタル端末利用」という「GIGAスクール構想」を打ち出したのも、皆さんの記憶に新しいと思います。
 教育現場のICT化は、このような授業そのものへの活用だけではありません。例えば生徒の学習状況や個人状況の記録を取ってデータ化することで、生徒の「エンゲージメント(学校や授業への満足度、愛着心)」を分析し、生徒の抱える課題にいち早く気づいたり先生が指導するときの参考にしたりするのも、教育のICT化の一つということができます。
 こうしたさまざまな手法がある中で、本書は特に「国語の授業でのICT活用」に焦点を当てました。国語といえば「読む」「聞く」「書く」「話す」が基本といわれていますが、そこにICTを取り入れると、教え方や学び方はどのように変わっていくのでしょうか。
 そのカギであり、本書のキーワードにもなっているのが「デジタル出版」です。
 紙の本や雑誌を出版するというのは、誰もが日常的にできることではありませんが、電子書籍を制作して公開するデジタル出版ならば、比較的手軽に行うことができます。 教育現場でデジタル出版を活用すれば、読者を意識して文章を書いたり、できた作品を生徒や学生同士で批評しあってブラッシュアップすることによって、「国語力」が飛躍的に向上する可能性があります。
 ここで登場するのが、ボイジャーが提供するデジタル出版ツール「Romancer(ロマンサー)」です。ロマンサーを使えば、文章作成、編集、電子書籍化、そして公開まで誰でも簡単に行えます。
 そこで本書では、ロマンサーによって授業の質の向上に成功している学校へのインタビューを通じて、「国語の授業の最前線」をお伝えしていきます。
 第1章では、ロマンサーがどのようなツールなのか、基本的な使い方とともに解説します。学校での利用に特化した「ロマンサークラスルーム」との違いも紹介しました。
 第2章では、ケーススタディとしてロマンサーを国語の授業に活用している学校を紹介します。
 第3章では教育とICTの未来について、デジタル出版や学校図書館に造詣の深い先生方にインタビューを行いました。
 第4章では、先生や生徒による、ロマンサーを使った作品事例を集めました。
 第5章では、第2章、第3章のほかにロマンサーを導入している学校の先生方へのアンケートを紹介しています。
 本文で出てきた専門用語は、注のページで詳説しました。
 本書を通じて、ICTの導入による国語の授業がここまで進化しているということを、ぜひ感じ取っていただければ幸いです。

版元から一言

幼児教育から大学まで~国語授業でのICT活用が手に取るようにわかる!
本書のポイント
①GIGAスクール時代の先進学校、3校を取材
・中学で!デジタルでグループ創作を実現
・大学で!ゼミのフィールドワークに活用
・電子図書館で!アクセシブルな環境を整備
②これからの国語授業を推進する、2教諭へインタビュー
・専修大学文学部 植村八潮先生
・滋賀文教短期大学 有山裕美子先生
③デジタル出版ツールと事例紹介
・教育現場に最適!~デジタル出版ツール「ロマンサー」を紹介
・作例紹介 中学生のショートショート集紹介ほか

著者プロフィール

大塚 葉  (オオツカヨウ)  (編著

1984年早稲田大学法学部卒業後、技術評論社に入社。パソコン関連の雑誌、書籍の編集に携わる。1996年、日本初の女性向けパソコン誌「パソコンスタイルブックfor Women」を創刊。現在は日経BP総合研究所上席研究員シニアコンサルタント。人的資本経営、ダイバーシティ、働き方改革に関する講演や執筆多数。主な著書に『人材マネジメント革命~会社を変えるカリスマ人事たち~』『ミリオネーゼのコミュニケーション術』(ディスカヴァートゥウェンティワン)など。裏千家茶道助教授として茶道教室も展開する。

上記内容は本書刊行時のものです。