版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
配信映えするマスタリング入門 チェスター・ビーティー(著/文) - DU BOOKS
.

配信映えするマスタリング入門 YouTube、Spotify、Apple Musicにアップする前に知ってほしいテクニック

発行:DU BOOKS
四六判
176ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-86647-127-3
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年8月5日
最終更新日
2020年10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ラウドネス基準に対応!
ポイントは3つだけ!
右も左もわからない初心者でも、
これだけ読めばDAWで確実にかっこいい音になります。

従来の音圧本や、マスタリング本とは違い、
CDのフォーマットではなく、
ストリーミング、サブスクリプション など
「配信」だけにテーマを絞ることで、
最短の手順で実践できる、効率的&効果的な方法だけを紹介。


せっかくつくった楽曲がネットで聴くとしょぼい…
YouTubeでも迫力のある音に。

<目次>
1章 タテのラインで整える
1 配信用にDAWをカスタマイズ
2 はじめてのマスタリング
3 最適なファイル形式でファイナルマスターを作る
4 リミッターはなるべく使わない
 初級編まとめ
5 ミキサーの仕組みを知る
6 プロも使用するマスタリングセット
7 トゥルーピークリミッターでエラー回避
8 コンプレッサーの使い方
9 適切なダイナミックレンジをキープする
 上級編まとめ Spotify用マスタリング パート1

2章 ヨコのラインで整える
10 配信用マスタリングは「ボーカル」と「コーデック」を意識する
11 5つのプラグインをセットアップ
12 EQの種類と使い方
13 カットしながら低域を整える 前段EQ編
14 アップしながら低域を整える 後段EQ編
15 高域はボーカルの抜け感を意識する
16 配信映えする高域はディエッサーで
17 マルチバンドコンプレッサーは必要なところだけ使う
18 仕上げのローパスフィルター
 2章まとめ Spotify用マスタリング パート2

3章  立体的に整える
19 M/S処理で音像を調整する
20 ステレオアジャストとは広がりを制御すること
21 力強いシャープな低域に
22 ボーカルをくっきりとさせるには?
23 楽曲スタイルによるボーカルのポイント
24 高域に奥行きをつけ、立体感のある楽曲に仕上げる
25 配信の規定値に注意してコンプレッサーで締める
3章まとめ Spotify用マスタリング パート3

あとがき 音楽はファーマットにつれ

コラム
・ダイナミックレンジと、ダイナミックレンジを整えるエフェクト
・スタートとエンドのちょっとした工夫
・ラウドネスってなに?
・配信サービス別のラウドネス値とコーデック
・ラウドネスメーター、まずはこの5つ
・もっておいて損はしないPultec EQのユニークな使い方
・各メーターの数値で注目すべきポイント

目次

<目次>
1章 タテのラインで整える
1 配信用にDAWをカスタマイズ
2 はじめてのマスタリング
3 最適なファイル形式でファイナルマスターを作る
4 リミッターはなるべく使わない
 初級編まとめ
5 ミキサーの仕組みを知る
6 プロも使用するマスタリングセット
7 トゥルーピークリミッターでエラー回避
8 コンプレッサーの使い方
9 適切なダイナミックレンジをキープする
 上級編まとめ Spotify用マスタリング パート1

2章 ヨコのラインで整える
10 配信用マスタリングは「ボーカル」と「コーデック」を意識する
11 5つのプラグインをセットアップ
12 EQの種類と使い方
13 カットしながら低域を整える 前段EQ編
14 アップしながら低域を整える 後段EQ編
15 高域はボーカルの抜け感を意識する
16 配信映えする高域はディエッサーで
17 マルチバンドコンプレッサーは必要なところだけ使う
18 仕上げのローパスフィルター
 2章まとめ Spotify用マスタリング パート2

3章  立体的に整える
19 M/S処理で音像を調整する
20 ステレオアジャストとは広がりを制御すること
21 力強いシャープな低域に
22 ボーカルをくっきりとさせるには?
23 楽曲スタイルによるボーカルのポイント
24 高域に奥行きをつけ、立体感のある楽曲に仕上げる
25 配信の規定値に注意してコンプレッサーで締める
3章まとめ Spotify用マスタリング パート3

あとがき 音楽はファーマットにつれ

コラム
・ダイナミックレンジと、ダイナミックレンジを整えるエフェクト
・スタートとエンドのちょっとした工夫
・ラウドネスってなに?
・配信サービス別のラウドネス値とコーデック
・ラウドネスメーター、まずはこの5つ
・もっておいて損はしないPultec EQのユニークな使い方
・各メーターの数値で注目すべきポイント

著者プロフィール

チェスター・ビーティー  (チェスタービーティー)  (著/文

Chester Beatty。音楽制作プロデューサー/エンジニア。1990年代ごろよりドイツの名門レーベルTRESORやBpitch Control、Turbo Recordingsより作品をリリース。BBCのJohn Peel Sessionに選ばれるなどワールドワイドな活動をおこなう。現在はSONY、YAMAHA、トヨタ自動車などの広告音楽を制作する会社=ラダ・プロダクションを共同経営。日本レコーディングエンジニア協会(JAREC)理事。ラウドネス規制が重要視されるCM音楽や配信、MAの現場でのミックス、マスタリングを得意とする。

上記内容は本書刊行時のものです。