版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
松田優作と七人の作家たち 李 建志(著) - 弦書房
.

松田優作と七人の作家たち 『探偵物語』のミステリ

発行:弦書房
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ20mm
272ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-86329-055-6
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年2月
書店発売日
登録日
2011年1月28日
最終更新日
2020年5月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2011-03-20 東京新聞/中日新聞

重版情報

2刷 出来予定日: 2020-06-01

紹介

あの人気テレビドラマ『探偵物語』の魅力の真相に迫る。個性豊かな脚本から生まれた名セリフの意味が、1979~80年(昭和54~55)という時代を読み解くことで見えてくる。全27話の中で、松田優作が語りかけようとしたものは何か―そのミステリを解き明かそうと試みた一冊。

目次

第1章 佐治乾 ヤクザとポルノと街の仲間
暴力組織と街の仲間
第2章 丸山昇一 ハートボイルドの原点
笑いとハートウォーミングの「探偵物語」
第3章 那須真智子 母と娘の物語
自滅する女たち
第4章 柏原寛司 江戸っ子のケレンとハードボイルド
アンチ・ヒーローの系譜
第5章 内田栄一 マイノリティから見た「この社会(マチ)」
いらだちの根拠
第6章 宮田雪 共同体の破壊と再生
街の仲間という「共同体」とテロル
第7章 小鷹信光 自作自演の固茹で玉子(ハードボイルド)
原案のパラレリズム
第8章 松田優作=工藤俊作の身体

著者プロフィール

李 建志  (リ ケンジ)  (

一九六九年東京生まれ。本籍は韓国済州島。朝鮮文学朝鮮文化・比較文学比較文化、東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。関西学院大学社会学部教授。主な著書に『朝鮮近代文学とナショナリズム―「抵抗のナショナリズム」批判』(作品社、二〇〇七年)『日韓ナショナリズムの解体―「複数のアイデンティティ」を生きる思想』(筑摩書房、二〇〇八年)『京都の町家を再生する―家づくりから見えてくる日本の文化破壊と文化継承』(共著、関西学院大学出版会、二〇一五年)『李氏朝鮮最後の王李垠―大韓帝国 1897-1907』(作品社、二〇一九年)『李氏朝鮮最後の王李垠―大韓帝国明治期 1907―1912』(作品社、二〇一九年)

上記内容は本書刊行時のものです。