版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中国のロジックと欧米思考 天児 慧(著/文) - 青灯社
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|新日本|八木
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784862281180

中国のロジックと欧米思考

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青灯社
四六判
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-86228-118-0   COPY
ISBN 13
9784862281180   COPY
ISBN 10h
4-86228-118-4   COPY
ISBN 10
4862281184   COPY
出版者記号
86228   COPY
Cコード
C0031  
0:一般 0:単行本 31:政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年12月1日
最終更新日
2021年12月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中国はこの先、どこへ向かうのか
中国の本質が初めて分かる! 権威主義体制の背景

・ 国内の言論抑圧、南・東シナ海への海洋進出、香港市民やウィグル・チベット民族弾圧──。中国にはなぜ、民主主義の芽が育たないのか。西欧と中国の「民主」観の違いをさぐる。
・民衆を政治の主体とする欧米に対し、民衆は優れた指導者に導かれるべきとする中国。儒教思想や「天下論」など、統治ヒエラルキーを支える独特の伝統的思想を解説。
・「イニシアティブ」(主導性)に対する強いこだわりと、大国としての「型」を重んじる外交姿勢。
・実体は多民族である「中華民族」概念を用いた民族主義の鼓舞=「漢化」。
・米国との二大国体制は〝新冷戦″へ向かうのか? 台湾への野心の行きつく先は? これからの国際社会に起こり得る問題について、理論的・客観的に分析。
・今後の米中関係の中で、日本のとるべき態度、果たすべき役割を考える。

目次

序章 強大化する中国への五つの問い
第一章 民主と統治
第二章 政治文化から考える中国の権威主義
第三章 「国家」「民族」と「秩序」の見方
第四章 中体西用論とイニシアティビズム
第五章 国家戦略としての中国モデルの模索
第六章 伝統思想から見た中国の外交観
第七章 新たな「影響圏」建設の試み
終章 米中衝突はあるか

前書きなど

中国はもともと国境概念が乏しく、国内の延長線の文脈として理解できた冊封=朝貢体制が、中国にとってのオリジナルな国際社会の見方であった。そのような見方は、近現代史においても潜在的に生き続けていた。現在では肥大化する中国の力量とともに、それが極めて限定的であるが次第に再浮上し、今日のある見方となりつつあるように見える。(第3章より)

著者プロフィール

天児 慧  (アマコ サトシ)  (著/文

早稲田大名誉教授。1947年生まれ。
早稲田大学卒業、一橋大学大学院博士課程修了。社会学博士。外務省専門調査員として北京日本大使館勤務、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授等を歴任。
専門は、中国政治、東アジア国際関係論。
著書『中華人民共和国史 新版』(岩波新書)、『中国政治の社会態制』(岩波書店)、『「中国共産党」論』(NHK出版新書)、『日中対立』(ちくま新書)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。