版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
後藤正治ノンフィクション集 補巻<第11巻>『天人』『拗ね者たらん』 後藤正治(著/文) - ブレーンセンター
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

後藤正治ノンフィクション集 補巻<第11巻>『天人』『拗ね者たらん』 (ゴトウマサハルノンフィクションシュウ ホカン ジュウイッカン テンジン スネモノタラン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
1056ページ
並製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-8339-0261-8   COPY
ISBN 13
9784833902618   COPY
ISBN 10h
4-8339-0261-3   COPY
ISBN 10
4833902613   COPY
出版者記号
8339   COPY
Cコード
C0090  
0:一般 0:単行本 90:文学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年3月25日
書店発売日
登録日
2022年10月20日
最終更新日
2024年6月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

後藤正治ノンフィクション集、待望の補巻。
傑作評伝、ここに完成!

たまたまの偶然であるが、二人の評伝的な作品を書いた。ジャーナリズムの世界で、心より敬意を覚える二人の先達の物語に取り組むことができたのは幸運というよりない。
新聞がジャーナリズムの中心にあった昭和に、「天人」執筆者として輝きを放ち、惜しまれつつ早世した伝説のコラムニストがいた――。多くの証言から描く人物ノンフィクション! 『天人 深代惇郎と新聞の時代』
読売新聞社会部エース記者として名を馳せ、独立後は「不当逮捕」「誘拐」「警察回り」などの名作を生んだ孤高のジャーナリストの生涯を、その作品群と多くの関係者の証言から浮かび上がらせた人物ノンフィクション! 『拗ね者たらん 本田靖春 人と作品』



『天人 深代惇郎と新聞の時代』初版2014年

朝日新聞の「天声人語」といえば深代惇郎――そう思い浮かべる人も多いはずだ。名コラムニストとして名を馳せた深代惇郎だったが、実際に「天声人語」を執筆したのはわずか3年弱だった。46年の短い生涯を、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家が丹念な取材から描いた人物ノンフィクション。

本書は、稀代の名コラムニストとして知られた深代惇郎の〈心根〉を探りながら、ノンフィクション界の大ベテランとなった後藤さんが、「取材して書く」という営みについて、ひとり思考し、反芻し、掘り下げた作品である。そうして紡ぎ出した言葉が、随所に鏤められている。まさに〈手仕事〉によってなしとげられた、滋味豊かな本である。悩みつつ書く者のひとりである私は、この本をあたたかな励ましとして、受けとった。(河原理子氏 東京大学大学院情報学環特任教授、元朝日新聞記者) 


『拗ね者たらん 本田靖春 人と作品』初版2019年

『現代家系論』『日本ネオ官僚論』『私のなかの朝鮮人』『誘拐』『私戦』『不当逮捕』『疵』『警察回り』『「戦後」美空ひばりとその時代』『我、拗ね者として生涯を閉ず』・・・読売新聞社会部エース記者として名を馳せ、独立後は『不当逮捕』『誘拐』などの名作を生んだ孤高のジャーナリスト・本田靖春の生涯を、その作品群と新聞記者・編集者など多くの関係者のインタビューから浮かび上がらせた人物ノンフィクション。

今年さまざまな本を読んだが、おそらくこの本が、今年のベストワンであろう。平坦な文であるのに、激昂する本田、勇躍する本田、静かに目を閉じている本田の姿が臨場にいるごときあらわれた。『不当逮捕』『誘拐』『警察回り』『疵』……数々の名著を、私は今の若い人が1冊だけでもいいから読んでくれればと思う。(中略)若者よ。『拗ね者たらん』を読みなさい。そうすれば、君も少し大人の男に近づくだろう。(伊集院静氏「解説に代えて」より)

上記内容は本書刊行時のものです。