版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ニッポン政界語読本【会話編】 イアン・アーシー(著) - 太郎次郎社エディタス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中|日教販   書店
八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ニッポン政界語読本【会話編】 (ニッポンセイカイゴドクホン カイワヘン) 無責任三人称から永遠の未来形まで (ムセキニンサンニンショウカラエイエンノミライケイマデ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ14mm
重さ 205g
160ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-8118-0866-6   COPY
ISBN 13
9784811808666   COPY
ISBN 10h
4-8118-0866-5   COPY
ISBN 10
4811808665   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年11月10日
最終更新日
2024年1月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「誤解」の特殊用法、「させていただきます」言葉、選挙必勝の二人称、甘い未来形、答弁回避形、現在否定形、ニセ遂行文⋯⋯。歴代センセイたちの悶絶発言を総教材化。楽しく学んで、手練手管の会話術を見抜く力を身につける。

【単語編】【会話編】同時発売

目次

第1部●ふつうの日本語のふつうじゃない使い方
レッスン0 あなたの政界語レベルチェック
レッスン1 「理解」の特殊用法
レッスン2 「誤解」の特殊用法
レッスン3 その他の日常語の特殊用法「ご心配をかけた」「申し訳ない」「最適化」「募る/募集する」

第2部●政界語の文法的特徴
レッスン4 人称の政治的に正しい使い分け
     「させていただきます」言葉/自画自賛の一人称/懇願の二人称
      他党こきおろしの二人称・三人称/無責任三人称/主語のぶれ
レッスン5 答弁回避形
    「個別の事案だから」「人事に関するものだから」「訴訟中だから」「仮定の質問だから」「所管外だから」
      「個人情報だから」「いま発言している自分とは違う自分の話だから」/答弁回避形の見える化
レッスン6 その他の文法事項
      甘い未来形/永遠の未来形/現在否定形/御指摘否定形

前書きなど

●この教材を使用するにあたって

一 本書は、いわゆる「政界語」の理解力を高めたい庶民の一助として編集したものです。

一 政界語とは、永田町を中心に分布し、「政治家」とその近縁種の「役人」とよばれる生きものたちが発する特殊な言語。日本語によく似た言語的特徴を有しながら、政界という不思議な環境で特異な発展を遂げてきました。結果として、日本語で聞き慣れない、日本語と微妙に意味の違う、あるいは日本語としてほとんど通じない表現も多くふくんでいます。そのため、正しく理解するには、日本人であっても、特別な訓練が欠かせません。なのに、その助けとなる教材や参考書は皆無といってもいいでしょう。それが本書を世に問うゆえんです。

一 本書を通じて、歴代総理大臣や閣僚をはじめ、多くの政治家の方々に教材のご提供をお願いしたところ、快く応じてくださいました。もとい、勝手にその発言を使っています。この場を借りて、心からお礼申し上げます。吹きだすしかない文例もたくさんふくまれていますので、その精神を大事に、「その言葉を笑って、その人を憎まず」という学習姿勢で臨みましょう。

著者プロフィール

イアン・アーシー  (イアン アーシー)  (

カナダ人のフリー翻訳家、ことばオタク。1962年生まれ。1984年から3年間、日本の中学校で英会話講師を務めるとともに、日本語を独学で習得。現在、日本在住。翻訳のかたわら、古文書解読などの研究にいそしむ。漢字に目がなく、永遠の日本語学習者を自覚。古代ギリシア語オタクでもある。趣味は史跡巡り、筋トレ、スキンヘッドの手入れ。著書に、『怪しい日本語研究室』(新潮文庫)、『政・官・財(おえらがた)の日本語塾』『マスコミ無責任文法』(ともに中央公論新社)がある。本書は20年ぶりの著書となる。

上記内容は本書刊行時のものです。