版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
共生の社会学 岡本 智周(編著) - 太郎次郎社エディタス
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784811807928

共生の社会学 ナショナリズム、ケア、世代、社会意識

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm
272ページ
上製
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-8118-0792-8   COPY
ISBN 13
9784811807928   COPY
ISBN 10h
4-8118-0792-8   COPY
ISBN 10
4811807928   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年4月
書店発売日
登録日
2016年3月15日
最終更新日
2016年3月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

なぜ、共生しなければならないのか、
日本社会において共生はどのように捉えられているのか、
われわれは問題状況にどうかかわりうるのか──。

共生への一歩はつねに、認識の枠組みを更新することによって踏みだされる。
序列と葛藤、排他の事実を出発点としながら、
「あるもの」と「異なるもの」とを隔てている
社会的カテゴリを問いつづけること。
そこから共生への道が拓かれる。

「ナショナリズム」「ケア」「世代」「社会意識」という、
いま、もっともアクチュアルな4つの論題をとおして、
現代日本社会のありようについて検討し、
その思考の先に、社会的共生の方向性を指し示す。

目次

本書のねらい──共生の論理の社会学的探究◎岡本智周

【ナショナリズム】

第1章◆保守言論における「日本」と「危機」◎平野直子
   ──カテゴリの更新を拒む言説とその限界

第2章◆歴史教育内容の現状と、伝統の学び方のこれから◎岡本智周

第3章◆沖縄におけるネイションの位相と米軍基地◎熊本博之

ナショナリズムをめぐって◆「国民」カテゴリの揺らぎへの対処

【ケア──ジェンダーと障害】

第4章◆ジェンダーカテゴリとマイノリティ◎笹野悦子
   ──父子家庭が問いかけるもの

第5章◆子育てとはいかなる営みか◎丹治恭子
   ──責任・担い手の変容から

第6章◆障害者権利条約からみた新たな意思決定支援◎麦倉泰子

ケアをめぐって◆ジェンダーと障害が問う「社会」のあり方

【世代】

第7章◆「青壮年/高齢」の区分をめぐって◎笹野悦子・丹治恭子

第8章◆世代間経済格差と世代間共生◎和田修一
   ──共生策としての共助

世代をめぐって◆年齢を超えた「主体」への更新

【社会意識】

第9章◆「共生」にかかわる社会意識の現状と構造◎坂口真康・岡本智周

第10章◆戦後日本の社会学にみる学知の更新◎大黒屋貴稔
   ──『社会学評論』における「共生」言説の量的・質的変遷

社会意識をめぐって◆私たちは「共生」をどのようなものとしてとらえているのか

おわりに──共生の追求/追究のために◎丹治恭子

著者プロフィール

岡本 智周  (オカモト トモチカ)  (編著

おかもとともちか
筑波大学人間系(大学院人間総合科学研究科)准教授。
専門分野:教育社会学、共生社会学、ナショナリズム研究
主要著作:『国民史の変貌──日米歴史教科書とグローバル時代のナショナリズム』日本評論社、第1回日本教育社会学会奨励賞)、『共生社会とナショナルヒストリ──歴史教科書の視点から』(勁草書房)、『「ゆとり」批判はどうつくられたのか──世代論を解きほぐす』(共著、太郎次郎社エディタス)

丹治 恭子  (タンジ キョウコ)  (編著

たんじきょうこ
立正大学仏教学部准教授。
専門分野:教育社会学、幼児教育・保育学、ジェンダー論
主要著作:『ケアのはじまる場所──哲学・倫理学・社会学・教育学からの11章』(共著、ナカニシヤ出版)、『共生と希望の教育学』(共著、筑波大学出版会)、幼稚園・保育所の「制度的一元化」への志向性──2000年代における「機能拡大」との関連から」『子ども社会研究』第15号(日本子ども社会学会)

平野 直子  (ヒラノ ナオコ)  (

ひらのなおこ
早稲田大学非常勤講師。
専門分野:宗教社会学
主要著作:『〈オウム真理教〉を検証する──そのウチとソトの境界線』(共著、春秋社)、『宗教と社会のフロンティア──宗教社会学からみる現代日本』(共著、勁草書房)、『情報時代のオウム真理教』(共著、春秋社)

熊本 博之  (クマモト ヒロユキ)  (

くまもとひろゆき
明星大学人文学部准教授。
専門分野:地域社会学、環境社会学、沖縄研究
主要著作:『持続と変容の沖縄社会──沖縄的なるものの現在』(共著、ミネルヴァ書房)、『米軍基地文化』(共著、新曜社)、『沖縄学入門──空腹の作法』(共著、昭和堂)

笹野 悦子  (ササノ エツコ)  (

ささのえつこ
早稲田大学ほか非常勤講師。
専門分野:社会学、ジェンダー研究、家族研究
主要著作:『ジェンダーが拓く共生社会』(共著、論創社)、『希望と共生の社会学』(共著、筑波大学出版会)

麦倉 泰子  (ムギクラ ヤスコ)  (

むぎくらやすこ
関東学院大学社会学部准教授。
専門分野:障害学、障害者福祉、福祉社会学
主要著作:『共生と希望の教育学』(共著、筑波大学出版会)、『障害学入門──福祉・医療分野に関わる人のために』(共訳、明石書店)、『支援の障害学へ向けて』(共著、現代書館)

和田 修一  (ワダ シュウイチ)  (

わだしゅういち
早稲田大学文学学術院教授
専門分野:老年社会学、近代社会論
主要著作:『生きがいの社会学──高齢社会における幸福とは何か』(共編著、弘文堂)、Images of Aging: Cultural Representations of Later Life(共著、Routledge)、『中高年齢層の職業と生活―定年退職を中心にして』(共編著、東京大学出版会)

坂口 真康  (サカグチ マサヤス)  (

さかぐちまさやす
筑波大学大学院3年制博士課程人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻在籍
専門分野:教育社会学、共生教育論、南アフリカ共和国の教育研究
主要著作:「南アフリカ共和国における「共生」のための教育に関する一考察──西ケープ州の高等学校を舞台とした認識のせめぎ合いに着目して」『比較教育学研究』第50号(日本比較教育学会)、「高校生における外国や外国人に関する意識の考察──ナショナルな枠組みの柔軟性に焦点をあてて」『高校生のコミュニティとの関わり合いに関する調査──2013-14年調査報告』(筑波大学共生教育社会学研究室)

大黒屋 貴稔  (オオグロヤ タカトシ)  (

おおぐろやたかとし
聖カタリナ大学人間健康福祉学部専任講師
専門分野:知識社会学、社会学史、理論社会学
主要著作:『生活世界の構造』(共訳、筑摩書房)、「社会学教育にみる学知の変遷──『社会学史』科目を事例として」『社会学年誌』第53号(早稲田社会学会)、「顕在的な統一体と潜在的な統一体──『分析的リアリズム』をめぐるシュッツとルーマンのパーソンズ批判を手がかりとして」『ソシオロジカル・ペーパーズ』第20号(早稲田大学大学院社会学院生研究会)

上記内容は本書刊行時のものです。