版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アメリカの少年野球こんなに日本と違ってた 小国綾子(著/文) - 径書房
.

アメリカの少年野球こんなに日本と違ってた シャイな息子と泣き虫ママのびっくり異文化体験記

発行:径書房
四六判
縦188mm 横133mm 厚さ15mm
重さ 265g
272ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7705-0217-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2013年10月
書店発売日
登録日
2013年5月20日
最終更新日
2014年4月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-03-23 毎日新聞
2013-11-17 読売新聞

紹介

★レッドソックス、上原浩治選手から帯の推薦文をいただきました!
★第24回ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞!!

意外と知られていない、アメリカ少年野球の実態を、4年間現地でプレーした息子の母親が綴った体験記。夫の転職のため一家でアメリカに移り住み、地元の野球チームに入った9歳の息子は、日本と違う練習スタイルや試合風景に愕然とする…。
大リーグをめざす少年はどんな練習をしているのか?親のサポートは必要か?友情は成立するのか?アメリカ少年野球の“いま”がわかる、ちょっぴり泣けるノンフィクション。

目次

球春を待ちわびて
レクチームとの出会い
アグレッシブになれ!!
高額なプライベート・レッスン
言葉にしなければ伝わらない
くり返されるバントサイン
試練のトライアウト
自信を取り戻す
最後の夏

版元から一言

アメリカに馴染めず、英語を話そうとしない太郎が、野球を通して心を開き、成長していく姿に感動します。
また、魅力

著者プロフィール

小国綾子  (著/文

1966年生まれ。90年毎日新聞社に入社。長野支局、社会部、夕刊編集部などを経て、07年に退社。家族とともに、米国メリーランド州に。4年間の米国滞在中は、週刊ポストに「ニッポンあ・ちゃ・ちゃ」を連載。また、季刊誌「青年問題」社会学者の土井隆義氏と往復書簡形式で、日米の若者をめぐる諸問題を連載した。11年に帰国し、毎日新聞社に再就職。著書に『アメリカなう。』(小学館)『魂の声リストカットの少女たち』(講談社)、『ベイビーパッカーでいこう!』(日本評論社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。