版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
陸軍参謀 川上操六 大澤 博明(著/文) - 吉川弘文館
..

陸軍参謀 川上操六 日清戦争の作戦指導者

発行:吉川弘文館
四六判
304ページ
定価 1,900円+税
ISBN
9784642058803
Cコード
C0320
一般 全集・双書 歴史総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年2月1日
書店発売日
登録日
2018年12月6日
最終更新日
2019年1月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

薩摩出身の陸軍軍人で、大本営参謀として日清戦争を勝利へと導いた川上操六。山県有朋ら長州閥との対立に苦悩しながらの作戦指導、戦後の軍拡計画や、清との関係の再構築に尽力した姿から、その知られざる実像に鋭く迫り、昭和軍国主義の先駆者というこれまでの誤解を解く。また、清や朝鮮と比較しながら、日本の軍事的近代化の過程も振り返る。

目次

忘れられた陸軍軍人川上操六―プロローグ/明治陸軍の近代化と川上操六(次世代のリーダーとして認められるまで/軍事的近代化の日清比較/川上操六と参謀本部/日清戦争前の国防計画と対清政策)/日清開戦過程の虚像と実像(謀略家としての川上操六像/出兵過程の実像/政府主導という実態/日清共同朝鮮内政改革提案の行方/開戦と作戦)/川上操六と日清戦争(大本営兵站監としての川上操六/大本営陸軍上席参謀としての作戦指導/伊藤博文首相の戦争指導と川上操六)/東アジアにおける戦争観の相剋(戦争のルール/東学党と戦時国際法)/日清戦後経営(戦後軍拡/植民地統治体制)/朝鮮をめぐる日露関係(朝鮮内政改革/ロシアの日本軍評価と朝鮮政策)/戦後経営の調整(戦後日清提携論/参謀本部と日清提携策/参謀総長就任)/ 陸軍非主流派の始祖としての川上操六―エピローグ

著者プロフィール

大澤 博明  (オオサワ ヒロアキ)  (著/文

1960年、熊本県生まれ。1983年、熊本大学法学部卒業。現在、熊本大学大学院人文社会科学研究部教授。 ※2019年2月現在
【主要編著書】『近代日本の東アジア政策と軍事』(成文堂、2001年)、『児玉源太郎』(日本史リブレット人、山川出版社、2014年)

上記内容は本書刊行時のものです。