版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
離島の本屋 朴 順梨(著) - ころから
.

離島の本屋 22の島で「本屋」の灯りをともす人たち

発行:ころから
A5変型判
縦197mm 横148mm 厚さ14mm
144ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-907239-03-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年7月
書店発売日
登録日
2013年7月5日
最終更新日
2013年7月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-06-14 読売新聞
評者: 能町みね子(イラストレーター、エッセイスト)
2013-09-08 産經新聞

重版情報

3刷 出来予定日: 2015-06-25
本屋大賞PR誌「LOVE書店!」で連載中の人気コラム。能町みね子さんが「空想本屋」@読売新聞で紹介くださったこともあり、刊行から2年で3刷となりました。

紹介

北は礼文島から、南は与那国島まで。
誰もが知る小笠原諸島から、誰も知らない家島まで――。
22の島で「本屋」の灯りをともす人たちの物語。
本屋大賞フリーペーパー『LOVE書店!』で好評連載中のルポが単行本になりました!

目次

旅のはじめに

「本屋」がない島で 「本を手渡す」人たち/小笠原諸島(東京都)
昭和のレジが活躍する それが「島の本屋さん」/伊豆大島(東京都)
昔懐かしい紙芝居が 今日も物語を紡いでいます/中通島(長崎県)
図書館司書にして書店員 日本最北端の「本の窓」/礼文島(北海道)
みんなのための一冊 ひとりのための一冊/生口島(広島県)、弓削島(愛媛県)
Uターン青年と 築100年の本屋/周防大島(山口県)
「おもしろい本は 意外に売れないんだよね」/江田島(広島県)
島の本屋の存在理由は そこに「ある」ことと見たり/篠島(愛知県)
本屋がない島の 「自宅内図書館」奮戦記/与那国島(沖縄県)
書店発ディスコ経由書店行き 変遷を支えた家族の力/与論島(鹿児島県)
野菜もらって、パンク修理して 人が集まる本屋さん/八丈島(東京都)
隠岐の本屋にある 隠岐の本が一番いい/島後島(島根県)
本屋が島にやってきた Ya! Ya! Ya!/北大東島(沖縄県)
おもちゃと本と文具に雑貨 まるでタイムカプセル/家島(兵庫県)
100年続く書店の50年続く夫婦 ふたりの間にはいつも本が/大三島(愛媛県)
島と本との出会いで 自分を見つめ直すきっかけに/奄美大島(鹿児島県)
異業種参入の女性店主 伊豆の島で腕まくりするの巻/新島(東京都)
静かな島にたたずむ やさしく静かな本屋たち/小豆島(香川県)
博多の北、釜山の南 国境の島の本屋/対馬(長崎県)
亜熱帯の島 香り立つ本屋たち/沖永良部島(鹿児島県)

旅の途中で

著者プロフィール

朴 順梨  (ボク ジュンリ)  (

1972年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、 テレビ番組制作会社、雑誌編集者を経て、フリーライターに。共著に『韓国のホンネ』(竹書房新書)がある。『離島の本屋』は初の単著。

上記内容は本書刊行時のものです。