版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
未来への周遊券 最相 葉月(著) - ミシマ社
.

未来への周遊券

発行:ミシマ社
四六判
187ページ
上製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-903908-17-5
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年3月
書店発売日
登録日
2010年10月20日
最終更新日
2010年10月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2010-05-30 日本経済新聞

紹介

●内容
この切符の終着駅はどこだろう?
「瀬名さん、準備はよろしいですか?」
「最相さん、切符は手にしました」
こうして始まった、1年半にわたる往復書簡。
「未来を考えるということは、私たちひとりひとりが今と未来の間に「ひとつの装置」を見いだすことなのかもしれない。―― 瀬名」
「星新一もまた、暗闇と希望を知る人だったのだろう。……暗闇と希望をつなぐのは物語る力だろうか ―― 最相」
…手紙が行き交うたびに紡がれる、未来へ語り継ぐべき言葉の数々。
二人の「物語る力」が暗闇と希望をつないでいく。

未来を周遊するブックガイド付

●書店員さんの言葉
一回見開き二ページ読みきりの往復書簡という形式もあって、文章がきりりと引き締まっていて、立ち姿がとても美しく凛々しい。十年に一度の傑作。
(ジュンク堂書店池袋本店 大内達也氏)

科学を柱にノンフィクション作家と小説家が融合した魂の往復書簡。トークショーでも対談集でも味わえない思考の連鎖反応。二人によって私の未来が広がった。
(萬松堂、中山英氏)

目次

Ⅰ 2008年春 未来をめぐる旅
Ⅱ 2008年夏 時間と空間を超える旅
Ⅲ 2008年秋 生命の不思議をめぐる旅
Ⅳ 2009年冬 子どもの未来をめぐる旅
Ⅴ 2009年春 宇宙と伝統をめぐる旅
Ⅵ 2009年夏 感覚をめぐる旅
Ⅶ 2009年秋 いのちをめぐる旅

著者プロフィール

最相 葉月  (サイショウ ハヅキ)  (

1963年、東京都生まれ。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、スポーツ、教育などをテーマに執筆。
97年、『絶対音感』で小学館ノンフィクション大賞受賞。07年、『星新一 一〇〇一話をつくった人』で大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞、日本SF大賞、08年、同書で日本推理作家協会賞、星雲賞受賞。
他の著書に『青いバラ』『いのち 生命科学に言葉はあるか』『ビヨンド・エジソン』など多数ある。

瀬名 秀明  (セナ ヒデアキ)  (

1968年、静岡県生まれ。東北大学大学院薬学研究科(博士課程)在学中の95年『パラサイト・イヴ』で日本ホラー小説大賞を受賞し、作家デビュー。
小説の著作に、第19回日本SF大賞受賞作『BRAIN VALLEY』、『八月の博物館』『デカルトの密室』などがある。
他の著書に『大空の夢と大地の旅』、『パンデミックとたたかう』(押谷仁との共著)、『インフルエンザ21世紀』(鈴木康夫監修)など多数ある。

上記内容は本書刊行時のものです。