版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
町の本屋という物語 奈良 敏行(著/文) - 作品社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

町の本屋という物語 (マチノホンヤトイウモノガタリ) 定有堂書店の43年 (テイユウドウショテンノヨンジュウサンネン)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:作品社
四六判
240ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-86793-013-7   COPY
ISBN 13
9784867930137   COPY
ISBN 10h
4-86793-013-X   COPY
ISBN 10
486793013X   COPY
出版者記号
86793   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年3月
書店発売日
登録日
2023年12月14日
最終更新日
2024年5月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-05-25 図書新聞
評者: 岩田直樹(公立鳥取環境大学特任教授・「読む会」講師)[本を介して「小さな声」が響きあう奇跡]
2024-05-05 下野新聞
評者: 笈入建志(往来堂書店店主)
2024-05-04 福島民報
評者: 笈入建志(往来堂書店店主)
2024-05-01 月刊ブレーン  2024年6月号
評者: エディターズブックセレクト
2024-04-29 ダ・ヴィンチWeb  
評者: すずきたけし
2024-04-21 北海道新聞  2024年4月21日号
評者: 石山府子(古本とビール・アダノンキ店主)
2024-04-20 朝日新聞  朝刊
2024-04-07 読売新聞  朝刊
2024-04-05 小説丸  
評者: 日野剛広さん(ときわ書房志津ステーションビル店)[週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド)
2024-03-17 産經新聞  朝刊
評者: 南陀楼綾繁(編集者・ライター)
2024-03-16 毎日新聞  朝刊
評者: 角田光代(作家)
2024-03-09 西日本新聞  2024年3月9日号
評者: 大井実(ブックスキューブリック)「カリスマ書店員の激オシ本」
MORE
LESS

重版情報

3刷 出来予定日: 2024-05-20
2刷 出来予定日: 2024-04-10
MORE
LESS

紹介

本は、本屋は、これからも大丈夫――そのように思わせてくれる一冊である。
本屋「Title」店主・辻山良雄さん推薦!

鳥取の定有堂書店は、いかにして地域の文化拠点となり、日本中から本好きや書店員が足を運ぶ「聖地」となっていったのか。名店の店主が折に触れつづった言葉から、その軌跡が立ち現れる。〈本の力〉が疑われる今まさに、手に取るべき一冊。

 鳥取に根を下ろし、一から自分の仕事を作りあげてきた奈良さんの言葉には、時代と地域を超えた普遍がある。それはとてもシンプルなことで、「本が好き、人が好き」。いつの時代も定有堂書店は本と人とのあいだにあり、そうした素朴なスピリットが、その店を全国から人が集う「聖地」たらしめたのだ。
 いま、本の力を疑いはじめた人にこそ読んでほしい。本は、本屋は、これからも大丈夫――そのように思わせてくれる一冊である。
本屋「Title」店主・辻山良雄

目次

はじめに 身過ぎ世過ぎは草の種

第一章 町の本屋という物語
楽しい本屋は可能か/“夢を託す”ということ/どうして素人が書店を始めることになったかと言うと……/日常の可能性/本のことは井狩春男さんに教わった/本を並べる/本屋の愉しみ/ブック・カバーへの思い入れの話/定有堂から/人文書で、もうおともだち
/町の本屋の物語

第二章 「書店」と「本屋」
「本屋」論/ザ・ブックマン/本屋は「舞台」なのだ/本の紹介は楽しい/本屋のカスタマイズ/「本屋アジール」論/本の泉/「書店」と「本屋」/ウェブ、そして町の本屋/町の本屋から生まれた本──『伝えたいこと』出版のこと

第三章 「身の丈」の本屋
人に教わり、本に教わる/座敷わらしの荒ぶる魂/本屋の学校/本屋を歩く/なぜ人文書なのか/本屋ですから/希望/本屋の源泉/スタンダードとカスタマイズ/京都書店研修会へいく/永六輔さんトーク&サインの会顛末記/朋有り遠方より来る/ノアの箱舟/バーチャル書店/町の書店に未来はあるか

第四章 本屋の青空
書と戯れる/就職しないで生きるには/脱個性/徳俵/一周遅れのトップ/書の底力/町に生きる/再生力/本屋と個性/本のビオトープ/好きだからやる

第五章 定有堂書店の生成変化
本屋の未来を創造する/定有堂書店の生成変化

附録 定有堂書店の本棚 往来のベーシックセオリー
あとがき 一冊の本の衝撃
編者後記 三砂慶明
奈良敏行・定有堂書店略年譜

著者プロフィール

奈良 敏行  (ナラ トシユキ)  (著/文

(なら・としゆき)1948年生まれ。1972年早稲田大学第一文学部卒。1980年鳥取にて、定有堂書店を開業。共著書に、『街の本屋はねむらない』(アルメディア)、三砂慶明編『本屋という仕事』(世界思想社)など。

三砂 慶明  (ミサゴ ヨシアキ)  (編集

(みさご・よしあき)1982年生まれ。「読書室」主宰。株式会社工作社などを経て、梅田 蔦屋書店の立ち上げから参加。著書に『千年の読書』(誠文堂新光社)、編著書に『本屋という仕事』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。