版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
みんなのための教育改革 関 曠野(著) - 太郎次郎社エディタス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

絶版

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

みんなのための教育改革 (ミンナノタメノキョウイクカイカク) 教育基本法からの再出発

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦196mm 横132mm
200ページ
上製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-8118-0656-3   COPY
ISBN 13
9784811806563   COPY
ISBN 10h
4-8118-0656-5   COPY
ISBN 10
4811806565   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
絶版
初版年月日
2000年6月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2018年2月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

教育改革の中心は教師であって、教師の仕事とは何かを出発点として組み立てられなければならない。大学教育のために初中等教育があるのではなく、高校卒業までに次代の市民を育成するコモン・エデュケーションこそが近代教育の理念であり、その実現について提言する。

目次

プロローグ みんなのための教育
      教育基本法についての少し長いコメント
I章  教師、学校、ネーションとはなにか
  1教師の公的な役割とはなにか
   戦前的「公」にかわる市民的「公」の論理の創出
  2教師固有の権利をどう実現するか
   教師の役割は新しい社会をつくる実験のガイド
  3教師にとって学校とはなにか
   国家社会の未来を実験し、民主主義を日常化する場
  4ネーション(民族)とはなにか
   「国家からの自由」と教育
II章  未来を決定する子ども、家族、学校
  1大人ではなく、子どもが未来を決定する
   市民社会を紡ぐ営みとしての教育
  2現代の戦争と平和をどう教えるか
   平和教育に悩むK・Sさんに答えて
  3軍事社会と市民社会の岐路
   家族の文化が市民社会を創る
  4家族とは何か、親とは何か
   家族は社会の変化や発達の大きな要因
III章  改革、または教師へ
  1学校をどう変革するか
   学校崩壊のなかで再生への提言
  2教師の授業づくりは社会づくりのミクロな実験
   M・Sさんへの返信 パーソナルな営みから公的なるものの形成へ

前書きなど

◎学校とは“公”と“私”、制度と人間の相克と緊張
 をはらむ、潜在的な紛争の場である。
 しかし、制度と人間の一致という理想をめざし、不
 断に実験が行なわれ、失敗が許容される場である。
 その実験のガイドないしリーダーが教師である。…
 …1章「教師、学校、ネーションとはなにか」より

著者プロフィール

関 曠野  (セキ ヒロノ)  (

1944年東京生まれ。通信社勤務を経て、著作活動にはいる。
プラトン、シェイクスピア、ルソーらの根底的な読みなおしをとおして、独自の西欧近代主義批判を構築。19世紀以来われわれを呪縛しつづける進化イデオロギー(マルクス主義もそのひとつ)の克服、歴史をつくってきたさまざまな思想の役割を明らかにすることライフワークとしている。
〈著書〉『プラトンと資本主義』(1982、北斗書房、品切中)、『ハムレットの方へ』(1983、北斗出版)、『資本主義』(1985、影書房)、『野蛮としてのイエ社会』(1987、お茶の水書房、品切中)、『世紀転位の思想』(1992、新評論)、『左翼の滅び方について』(1992、窓社)、『国境なき政治経済学へ』(1994、社会思想社)、『教育、死と抗う生命』(1995、太郎次郎社)、『歴史の学び方について』(1997、窓社)、『みんなのための教育改革ーきょういく基本法からの再出発』(2000、太郎次郎社)、ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。