版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
語りと祈り 姜信子(著/文) - みすず書房
..
【利用不可】

語りと祈り (カタリトイノリ)

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:みすず書房
四六判
重さ 430g
328ページ
定価 4,000円+税
ISBN
978-4-622-09569-9   COPY
ISBN 13
9784622095699   COPY
ISBN 10h
4-622-09569-6   COPY
ISBN 10
4622095696   COPY
出版者記号
622   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年1月16日
書店発売日
登録日
2022年12月9日
最終更新日
2022年12月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-04-01 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 松村洋(音楽評論家)
2023-03-18 朝日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

かつてこの世の物語の多くは、土地に息づく小さな神々の声をもって語られていた。世界を語る言葉は「風土を生きる身体」によって紡がれ、人や鳥獣虫魚草木のいのちが宿っていた。そして、人びとは近代の到来とともにそれをあっけなく忘れた。
近代の前と後の断絶。たとえば村共同体の核にあった「神」や「仏」が国家神道によって追放された歴史。あるいは折口信夫が来訪神の祝言に「この世にあらわれたはじめての文学のことば」を聴き、祈りの所作に「芸能の発生」を見た、人びとの暮らし。風土の神々と共にあった民の記憶、民の物語も忘れられていった。
この列島は太古からずっと「ひとつの日本」だったのか。声を奪われつづけた世界のなれの果ての時代に、取り戻した声を手がかりにして再生の道を拓くことはできないか。
説経、山伏祭文、貝祭文、説経祭文、瞽女唄、浄瑠璃、浪曲、パンソリ……、「語り」の声に耳澄まし、失われた声を追い、名残の声に引かれて、足尾銅山、水俣、八重山諸島、済州島をゆく。来るべき「声」の場、そして反旗を翻す詩の可能性を眼差して。

目次

前口上  名残の声に耳を引かれて

第一部 語り
第一章 この世の物語は命の記憶をつなぐためにある
1 山伏、比丘尼、一切成就カンマンボロン
2 近代という仕組みは、きわめて高機能の忘却装置である

第二章 「説経」と「祭文」──千年の時間の流れを早送り
1 山、野、道にある芸能
2 大道の傘の下に広がる異界からの声、「ささら説経」
3 京都・四条河原 説経操り「阿弥陀胸割」
4 忘れられた時代の声、説経「弘知法印御伝記」
5 貝祭文、上州祭文は別名デロレン祭文。江州音頭はいまでもデロレン
6 説経祭文は江戸で起こって武蔵国多摩の村々へ。村の陰陽師は芸能者
7 語りは世につれ、人につれ

第三章 なぜ「瞽女」は消えたのか?
1 語りの近代
2 前近代と近代の交わる道を越後瞽女はゆく
3 「場」、小さな声たちの共同体

第四章 浪曲! 解放奴隷の魂はビヨーンと震える
1 空気を震わせ、この世を揺らがせること
2 語りの最新型 浪曲
3 近代文学百五十年の孤独
4 近代の荒れ野を野生の説教祭文語りがゆく

第五章 なもあみだんぶーさんせうだゆう外伝

残響 壱 「記憶喪失の安寿と靴の話」

第二部 祈り
第六章 語りつぐ声、歌いつがれる祈り──近代的な私たちが忘れて生きているもの

第七章 反旗を翻す歌
1 詩人、あるいは反旗を翻す者
2 詩する者/死する者──詩人金時鐘との出会いから
3 ここに生きる──詩人谺雄二と千年ブルース
4 植民地、水俣、苦海浄土
5 若き死者からの手紙

第八章 滅びゆく水の世──足尾鉱毒事件の跡を訪ねて渡良瀬川源流、松木渓谷

第九章 来たるべきアナキズム──近代を潜り抜けた「アニミズム」と「異人」をめぐって

第十章 旅するカタリとじょろり
1 近代の彼方には「じょろり」でゆく
2 不知火浄瑠璃「トヨコ桜」
3 石牟礼道子の「じょろり(浄瑠璃)」とは何なのか?

第十一章 「ひとり」たちのための祈り

残響 弐 満月の夜の狼のように〝水俣異聞〟

納口上  私はケモノで、声で、カビで

あとがき

著者プロフィール

姜信子  (キョウノブコ)  (著/文

(きょう・のぶこ/カン・シンジャ)
1961年横浜生まれ。作家。路傍の声に耳傾けて読む書く歌う旅をする日々を重ねてきた。近年は「口先案内人」と称して、歌や語りの芸能者と共に小さな「語りの場/声が解き放たれる乱場」を開く試みも。『生きとし生ける空白の物語』(港の人)『声 千年先に届くほどに』『現代説経集』(ぷねうま舎)『平成山椒大夫 あんじゅあんじゅさまよい安寿』(せりか書房)『はじまれ、ふたたび』(新泉社)『忘却の野に春を想う』(山内明美との共著 白水社)など著書多数。訳書に詩集『海女たち』(ホ・ヨンソン 共訳 新泉社)『あなたたちの天国』(李清俊 みすず書房)『京城のモダンガール』(徐智瑛 共訳 みすず書房)『モンスーン』(ピョン・ヘヨン 白水社)『たそがれ』(ファン・ソギョン 共訳 CUON)、編書に『死ぬふりだけでやめとけや 谺雄二詩文集』(みすず書房)等がある。
*ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

上記内容は本書刊行時のものです。