版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
独裁者の料理人 ヴィトルト・シャブウォフスキ(著/文) - 白水社
..
【利用可】

独裁者の料理人 (ドクサイシャノリョウリニン) 厨房から覗いた政権の舞台裏と食卓 (チュウボウカラノゾイタセイケンノブタイウラトショクタク)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白水社
四六判
344ページ
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-560-09482-2   COPY
ISBN 13
9784560094822   COPY
ISBN 10h
4-560-09482-9   COPY
ISBN 10
4560094829   COPY
出版者記号
560   COPY
Cコード
C0022  
0:一般 0:単行本 22:外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年1月30日
最終更新日
2023年3月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-09-10 読売新聞  朝刊
評者: 辻田真佐憲(近現代史研究者)
2023-07-22 読売新聞  朝刊
評者: 池澤春菜(声優・作家・書評家)
2023-06-10 朝日新聞  朝刊
2023-05-27 東京新聞/中日新聞  朝刊
2023-05-20 日本経済新聞  朝刊
評者: 山崎佳代子(詩人)
MORE
LESS

紹介

コウケンテツ氏推薦! 元お抱え料理人たちの証言

 歴史の重要な瞬間に彼らは何を目にしたか? 20世紀の独裁者5人に仕えた料理人たちの悲喜こもごもの人生。2021年度〈グルマン世界料理本賞〉受賞作。
 著者はあるとき、ユーゴスラヴィアの独裁者チトーの料理人についての映画を見て、歴史上の独裁者に仕えた料理人たちに興味を抱く。そしてついに本物の独裁者の料理人を探す旅に出る。
 本書に登場する独裁者はサダム・フセイン(イラク)、イディ・アミン(ウガンダ)、エンヴェル・ホッジャ(アルバニア)、フィデル・カストロ(キューバ)、ポル・ポト(カンボジア)。彼らに仕えた料理人たちは、一歩間違えば死の危険に見舞われた独裁体制下を、料理の腕と己の才覚で生き延びた無名の苦労人ばかりである。著者はほぼ4年かけて4つの大陸をめぐり、たとえ料理人が見つかっても、説得してインタビューに応じてもらうまでが一苦労で、なかには匿名で取材に応じる人もいた。
 インタビューを再構成する形で料理人たちの声が生き生きと語られ、彼らの紆余曲折の人生の背後に、それぞれの国の歴史や時代背景が浮かび上がる。各章にレシピ付き。

目次

[献立]
地図
前菜
オードブル
朝食 泥棒の魚スープ
   サダム・フセインの料理人、アブー・アリの話
オードブル
ランチ 山羊のロースト
    イディ・アミンの料理人、オトンデ・オデラの話
オードブル
午餐 シェチェ・パーレ
   エンヴェル・ホッジャの料理人、Kさんの話
オードブル
夕食 魚のマンゴーソース
   フィデル・カストロの料理人、エラスモとフローレスの話
デザート パパイヤのサラダ
     ポル・ポトの料理人、ヨン・ムーンの話
コーヒー
香辛料
本書の作り方──訳者あとがき

著者プロフィール

ヴィトルト・シャブウォフスキ  (ヴィトルト シャブウォフスキ)  (著/文

Witold Szabłowski
1980年、ポーランド北東部の町オストルフ・マゾヴィェツカ生まれ。ワルシャワ大学卒業後、トルコのイスタンブールで政治学を学ぶ。帰国後、報道記者としてキャリアを開始。2006年、全国紙〈ガゼタ・ヴィボルチャ〉の週刊付録〈ドゥジィ・フォルマト〉に最年少レポーターとして参加、2016年まで世界各地を精力的に取材。2010年、初の著書『杏の町から来た殺人者、トルコからのルポルタージュ』(未邦訳)を上梓。同書でベアタ・パヴラク記念賞を受賞、英語版は英国ペンクラブ賞を受賞。2010年、EUに殺到する不法移民を扱った記事で欧州議会ジャーナリズム賞を受賞。2013年、ウクライナ蜂起軍による大虐殺に関するルポでリシャルト・カプシチンスキ記念PAP賞を受賞。2014年、『踊る熊たち』(邦訳白水社刊)を刊行。英語版はエドワード・スタンフォード・トラベル・ライティング賞にノミネートされた。2019年に刊行した本書は10以上の言語に翻訳され、2021年度〈グルマン世界料理本賞〉を受賞した。ワルシャワ在住。

芝田 文乃  (シバタ アヤノ)  (翻訳

一九六四年神奈川県生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業。ポーランド語翻訳者、写真家。
訳書にムロージェク『所長』『鰐の涙』(以上、未知谷)、グラビンスキ『動きの悪魔』『狂気の巡礼』『火の書』『不気味な物語』、レム『地球の平和』(以上、国書刊行会)、共訳書にレム『高い城・文学エッセイ』『短篇ベスト10』『火星からの来訪者』、コワコフスキ『ライロニア国物語』(以上、国書刊行会)など

上記内容は本書刊行時のものです。