版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
東北史講義【古代・中世篇】 東北大学日本史研究室(編集) - 筑摩書房
.
【利用不可】

東北史講義【古代・中世篇】 (トウホクシコウギコダイチュウセイヘン)

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑摩書房
新書判
272ページ
定価 880円+税
ISBN
978-4-480-07521-5   COPY
ISBN 13
9784480075215   COPY
ISBN 10h
4-480-07521-6   COPY
ISBN 10
4480075216   COPY
出版者記号
480   COPY
Cコード
C0221  
0:一般 2:新書 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年3月7日
書店発売日
登録日
2023年1月26日
最終更新日
2023年2月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-03-25 朝日新聞  朝刊
評者: 田中大喜(国立歴史民俗博物館准教授)
2023-03-19 産經新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

辺境の地として倭人の大国に侵食された古代。豊かな天然資源が交易を支え、活発な交流が多様で独自性に富んだ地域を形成した中世。東北の成り立ちを読み解く。

東北史を三つの視点から読み解く。一つめは、近畿地方を中心に国家が形成されると、やがて国家的な境界が東北地方に形成されたこと。二つめは、境界領域としての東北地方で、人や物、言語、習俗、信仰などの交流が活発に行われたこと。三つめは、これまで一言で東北地方といってきた、その内側に多様性に富む地域が形成されていたということである。東北史を考えることは、現代日本の構造を明確化させることでもあり、逆に地域の主体性や独自性を示すことに他ならない。

著者プロフィール

東北大学日本史研究室  (トウホクダイガクニホンシケンキュウシツ)  (編集

柳原 敏昭(やなぎはら・としあき):責任編集。東北大学大学院文学研究科教授。/堀 裕(ほり・ゆたか):責任編集。東北大学大学院文学研究科教授。/安達 宏昭(あだち・ひろあき):責任編集。東北大学大学院文学研究科教授。/籠橋 俊光(かごはし・としみつ):責任編集。東北大学大学院文学研究科准教授。

上記内容は本書刊行時のものです。