版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
巨大おけを絶やすな! 日本の食文化を未来へつなぐ 竹内 早希子(著/文) - 岩波書店
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

巨大おけを絶やすな! 日本の食文化を未来へつなぐ (キョダイオケヲタヤスナニホンノショクブンカヲミライヘツナグ)

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
新書判
縦172mm 横105mm 厚さ12mm
重さ 178g
220ページ
定価 860円+税
ISBN
978-4-00-500962-6   COPY
ISBN 13
9784005009626   COPY
ISBN 10h
4-00-500962-X   COPY
ISBN 10
400500962X   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0261  
0:一般 2:新書 61:農林業
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年1月20日
書店発売日
登録日
2022年12月10日
最終更新日
2024年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-04-15 東京新聞/中日新聞  朝刊
2023-04-15 朝日新聞  朝刊
評者: 稲泉連(ノンフィクション作家)
2023-03-19 産經新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

しょうゆ、みそ、酒など、日本の伝統調味料づくりに欠かせない巨大な木おけ。つくれる職人がいなくなる! 「しょうゆ屋が、おけつくったら、おもろいやん!」――立ち上がったのは小豆島のしょうゆ蔵。最後の職人に弟子入りし、次々に降りかかる困難を乗り越えて、おけづくりの輪を全国に広げた奇跡の奮闘記。

目次

 はじめに

第1章 大桶が壊れた日
 大桶がたたずむ蔵の世界
 むかしむかしから続く物語
 ロクロベエさんの子孫、ヤマロク醬油
 地獄のもろみまぜ
 大桶を直せる人も、つくれる人も、もうおらん?
 「木桶」の現状
 蔵人の宝物、微び生せい物ぶつと木桶
 幼なじみに相談
 「醬油屋から新桶の注文が入ったのは、戦後初やで」
 つきつけられた現実

 □ コラム じつはいろいろ、個性的な五種類の醬油(職人醬油 高橋万太郎)

第2章 木の声を聴け――絶滅危惧種、木桶
 島を出て気付いた、醬油の味の違い
 木桶仕込み醬油の本拠地、小豆島
 絶滅危惧種、木桶
 人々の生活に密着していた桶
 酒蔵が木桶を使わなくなった
 醬油蔵でも使われなくなっていく
 過去の遺物になってしまった木桶
 藤井製桶所はなぜ生き残ったのか
 「技術」と「技能」は違う!
 修業に来ても、みんなやめてしまう
 この技術を絶やしてもええんか?
 木桶をつくることと、木桶で仕込む意味
 おもろいか・おもろくないか
 幼なじみ、直人さんの決断

 □ コラム 木桶仕込み醬油って?(醬油ソムリエール 黒島慶子)

第3章 桶ハザマの戦い!――奮闘、桶職人に弟子入り
 わしのところ、もうやめるわ
 桶づくりの仕事がない!
 直人さんの戦い、始まる
 たが編みの自主練習
 康夫さんの座右の銘「ザ・ファースト」
 失敗できない側板削り
 たが編みに大苦戦!
 「桶屋になれる」
 本気の練習
 材料集めに大苦戦
 天国のじいちゃんからの贈り物
 とってもタイヘン、竹取物語

 □ コラム 木桶、古今東西(上芝雄史さんのお話)

第4章 木の国、日本――杉とともに歩んできた国
 代々、山を守ってきた一族
 神話の時代からある杉
 日本列島をおおう木々
 舟運、食文化の発展の裏に杉あり
 結桶参上!
 大桶が変えた日本の食文化
 木桶とトイレ、都市化の深い関係
 農村と都市を行き来した肥船
 さまざまな産業で活躍した木桶
 酒樽専用の船、樽廻船の活躍
 五〇〇年間、杉を守ってきた吉野の人々
 杉が桶の材料になるまで
 山に人が入ることの意味
 木への感謝と祈り

 □ コラム 木桶が来た道――シルクロードと海のシルクロード(石村眞一先生のお話)

第5章 木桶に託した未来への手紙
 道具の手入れは職人の基本
 やるしかない! 側板削り
 新桶の組み上げ開始
 次々に襲いかかる難問
 時間が足りない!
 たが入れに挑む
 新たな難関、底板づくり
 簡単じゃないから、おもろい
 最後の大立ち回り「胴突」
 未来へ託すもの
 昔の職人からのメッセージ

 □ コラム 木桶をつないだ細い糸――アメリカから来た台風娘
 □ コラム 夢は人間国宝(桶プロ棟梁 坂口直人さんの話)

第6章 風を吹かす桶屋
 木桶サミット
 蔵元同士が手をつなぐ
 うますぎる醬油ができてしまった!
 理屈だけではわからない、発酵の世界
 お祭りになった木桶づくりイベント
 選択肢は、やるかするか
 チーム福島、始動!
 めいっぱいはしゃぐ! 木桶サミット
 「みんなでやる」を大切にする
 木桶仕込み醬油を世界へ
 つながっていく木桶の輪
 地元の木で桶をつくる
 考え続ける
 遠きをはかる者

 おわりに
 参考資料

著者プロフィール

竹内 早希子  (タケウチ サキコ)  (著/文

竹内早希子(タケウチ サキコ)
神奈川県出身,ノンフィクション作家.食品流通会社で品質管理に従事,工場監査や衛生指導を行うが,生産者から聞くこぼれ話の方に夢中になる.この頃,20代で大桶に出会う.東日本大震災で被災した陸前高田市八木澤商店の実話を子どもに伝えたいと思ったことが執筆活動のきっかけ.大桶の技術継承はこの時から続くテーマで,6 年間にわたって取材.著書に『奇跡の醤――陸前高田の老舗醤油蔵八木澤商店再生の物語』(祥伝社),『ふしぎなカビオリゼー――千年の物語~和食をささえる微生物~』(岩崎書店),『命のうた――ぼくは路上で生きた十歳の戦争孤児』(童心社).信念は「本物のヒーロー・ヒロインは市井にいる」.

上記内容は本書刊行時のものです。