版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
森鷗外,自分を探す 出口 智之(著/文) - 岩波書店
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

森鷗外,自分を探す (モリオウガイジブンヲサガス)

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
新書判
縦172mm 横105mm 厚さ13mm
重さ 190g
232ページ
定価 880円+税
ISBN
978-4-00-500961-9   COPY
ISBN 13
9784005009619   COPY
ISBN 10h
4-00-500961-1   COPY
ISBN 10
4005009611   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0291  
0:一般 2:新書 91:日本文学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年12月20日
書店発売日
登録日
2022年11月10日
最終更新日
2024年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-03-04 毎日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

文豪で軍医の、歴史上の天才? 「舞姫」って本当は何が書いてあったんだろう? 江戸時代の終わりに生まれ、明治の激動のさなかに勉強して留学し、自由恋愛を経験して、一人称小説を書くとはどういうことだったのか。その時代の感覚に立って、作品や資料を読み解けば、悩んで悩んで自分を探した、鴎外の横顔が見えてくる。

目次

 はじめに

第一章 鷗外少年の勉強──自分は何を学びたいのだろう?
 勉強しなさい! ……でも何を?
 鷗外少年の書いた漢字
 鷗外という名前
 鷗外の手習い
 江戸が終わった!
 森家の上京
 勉強が役に立たない!?
 十一歳で東大医学部合格……!?
 医学生、鷗外
 漢詩文への思い
 陸軍入り

第二章 鷗外の恋と「舞姫」の事情──自分の思いは貫けるか?高校現代文の四天王
 「舞姫」なんて最悪だ!
 鷗外の恋人
 「エリス」の実像
 結婚をめぐって
 エリーゼとの別離、登志子との離婚
 現実の体験から「舞姫」へ
 自己を見つめる豊太郎
 家族に読み聞かせられた「舞姫」
 エリーゼへの思い

 コラム① 自分を書く小説──「文づかひ」から「舞姫」を考える

第三章 古文と現代文のあいだ──自分の言葉で書くのは難しい!
 古文と現代文の接続点
 言葉は変化する
 江戸後期の文体のいろいろ
 明治の言語改革
 文語なんて必要か?
 言文一致で小説は書けるか
 書き言葉と描写の問題
 話し言葉を話すのは誰?
 言文一致小説の難しさ
 「舞姫」の文体ふたたび
 新しい文体を探して
 一人称小説という新しさ
 一人称は書きやすい
 「舞姫」の奥ゆき

 コラム② 一人称小説の難しさ──夏目漱石「吾輩は猫である」と鷗外の「雁」

第四章 文学者にはなったけど──ジャンルとスタイルの自分探し
 森鷗外は小説家か?
 文学者鷗外の自己認識
 多種多様だった「文学」
 鷗外の立ち位置
 翻訳家、鷗外
 「ミニヨンの歌」
 「オフエリヤの歌」
 評論家、鷗外
 「没理想論争」
 西洋思潮の紹介者
 匿名合評「三人冗語」
 樋口一葉「たけくらべ」の絶讃
 明治文学者としての自分探し

第五章 引き裂かれる鷗外──分裂してしまう自分
 明治二十年代の森鷗外
 鷗外や露伴たちの飲み会
 小倉への「左遷」
 あらためて勉強をはじめる
 二度目の結婚
 妻に厳しい遺言
 母と妻との狭間で
 家庭内の問題を描いた「半日」
 陸軍での栄達と文壇への復帰
 派閥を超越した存在として
 二重の自分
 引き裂かれる鷗外
 大逆事件と「沈黙の塔」
 暴行する日本兵と「鼠坂」
 狭間に立つことの苦闘

第六章 自己更新を続ける文学者──自分探しのゆくえ
 江戸と明治
 明治天皇の崩御と乃木大将の殉死
 「興津弥五右衛門の遺書」
 鷗外の突きあたった問題
 「歴史そのままと歴史離れ」
 ふたたび文学的想像力の問題
 「渋江抽斎」
 自己更新を続ける文学者
 軍医を辞して
 最後の公務
 家庭状況と「蛇」
 しげの立場の難しさ
 理想的な父を向こうに
 鷗外の遺言
 最後の自分探し

 おわりに

 森鷗外年譜
 主要参考文献

著者プロフィール

出口 智之  (デグチ トモユキ)  (著/文

出口智之(デグチ トモユキ)
1981年,愛知県生まれ.2003年,東京大学文学部卒業.2008年,同大学院人文社会系研究科博士課程修了.博士(文学).日本学術振興会特別研究員DC2・PDを経て,2010年東海大学文学部講師,2014年同准教授,2018年より東京大学大学院総合文化研究科准教授.専門は明治文学と美術で,近年は文学と口絵・挿絵との関係を考察する「画文学」に取り組む.
著書に『幸田露伴と根岸党の文人たち』(教育評論社),『幸田露伴の文学空間』(青舎),『画文学への招待』(Humanities Center Booklet Vol. 12),『明治文学の彩り』(責任編集,春陽堂書店)ほか.

上記内容は本書刊行時のものです。