版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
村上春樹は、むずかしい 加藤 典洋(著/文) - 岩波書店
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

村上春樹は、むずかしい (ムラカミハルキハムズカシイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
新書判
縦180mm
256ページ
定価 800円+税
ISBN
978-4-00-431575-9   COPY
ISBN 13
9784004315759   COPY
ISBN 10h
4-00-431575-1   COPY
ISBN 10
4004315751   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0293  
0:一般 2:新書 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2015年12月
書店発売日
登録日
2016年1月28日
最終更新日
2024年5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-05-13 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 横尾和博(文芸評論家)
2016-02-28 毎日新聞
評者: 橋爪大三郎(社会学者)
2016-01-29 週刊読書人
評者: 編集部
MORE
LESS

目次

はじめに 野球帽をかぶった文学?

第1部 否定性のゆくえ 1979─87年

Ⅰ 否定性と悲哀──『風の歌を聴け』の画期性
 1 肯定性の肯定──「気分が良くて何が悪い?」
 2 「新しい天使」と風の歌

Ⅱ 戦う小説家──初期
 3 中国へのまなざし──「中国行きのスロウ・ボート」
 4 貧しい人々と小さな隣人──「貧乏な叔母さんの話」
 5 「内ゲバ」の死者への関心──「ニューヨーク炭鉱の悲劇」

Ⅲ 個の世界──前期
 6 ポストモダン社会と抵抗──「パン屋襲撃」と「パン屋再襲撃」
 7 否定性から内閉性へ──『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』と「ファミリー・アフェア」

第2部 磁石のきかない世界で 1987─99年

Ⅳ 対の世界──中期
 8 恋愛小説の誕生──『ノルウェイの森』
 9 『ねじまき鳥クロニクル』の歴史記述

Ⅴ 時代とのせめぎあい──転換期
 10 一九九五年の態度変更──「めくらやなぎと、眠る女」
 11 村上春樹、武装解除される──『アンダーグラウンド』

第3部 闇の奥へ 1999─2010年

Ⅵ 父と子の基軸──後期
 12 もっと小さく、もっと遠く。──『スプートニクの恋人』と『神の子どもたちはみな踊る』
 13 換喩と異界と「全体的な喩」──『海辺のカフカ』と『アフターダーク』
 14 まだ書き終えられていないこと──『1Q84』

終りに 「大きな主題」と「小さな主題」──三・一一以後の展開
あとがき

著者プロフィール

加藤 典洋  (カトウ ノリヒロ)  (著/文

加藤典洋 (かとうのりひろ)
1948年山形県生まれ.東京大学文学部仏文科卒業.
現在,文芸評論家,早稲田大学名誉教授.
著書─『言語表現法講義』(岩波書店,第10回新潮学芸賞)
   『敗戦後論』(ちくま学芸文庫,第9回伊藤整文学賞)
   『小説の未来』『テクストから遠く離れて』(朝日新聞社/講談社,両著で第7回桑原武夫学芸賞)
   『僕が批評家になったわけ』(岩波書店)
   『3.11 死に神に突き飛ばされる』(岩波書店)
   『ふたつの講演 戦後思想の射程について』(岩波書店)
   『人類が永遠に続くのではないとしたら』(新潮社)
   『戦後入門』(ちくま新書)など,多数.

上記内容は本書刊行時のものです。