版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊

いま新たに出版社を立ち上げ、本をつくり、届けることについて

2024/02/25

大手出版社から独立しスモールビジネスとして出版活動を行うことに関するよもやまばなし

いま新たに出版社を立ち上げ、本をつくり、届けることについて

今、出版社を立ち上げるということ。小さな出版社から本を出すということ。
「自分が作りたいものを作り、届ける」ことについて、イラストレーターのsatsukiさん、2023年に出版社を立ち上げた「月と文社」の代表・藤川明日香さんにお聞きします。

<イベント内容>
2023年5月に設立された「月と文社」。記念すべき1冊目の書籍「東京となかよくなりたくて」が12月に発売されました。
大手企業から独立しひとり出版社を立ち上げて出す本に込めた思い、これからの活動について、詳しく伺います。

トーク内容は以下のようなテーマで、色々なことをオープン(透明)に話していく予定です。

第一部:「『東京となかよくなりたくて』のつくり方」
話し手:satsukiさん/藤川さん、聴き手:岩見(透明書店)
1冊目にこの本、テーマを選んだ理由
satsukiさんとの出会い、依頼のきっかけ
本のテーマに併せて絵を描くことの面白さ、大変さ
「大人向け絵本」というコンセプト
「プレイリスト」はどうやって決めていった?
日英併記について
書店や読者からの感想、反響

第二部:「ひとり出版社というスモールビジネスを起業するまで」
話し手:藤川さん、聴き手:岩見(透明書店)
月と文社さんのご紹介
出版社立ち上げに至るまでの経緯
実際に起業するまでにしたこと
1冊目を出すまでにおこなったこと
2冊目のインタビュー集「かざらないひと」(2/15発売)への思い
出版に関しての気になるお金まわり
立ち上げてみて振り返る、やって良かったこと、反省。
これからについて考えていること

◎こんな人に来て欲しい
自分だけの仕事をつくりたい
ひとり●●をやってみたい
小規模出版に興味がある
月と文社さんの本が好き
satsukiさんのイラストが好き
スモールビジネスが好き
スモールビジネスを自分でやってみたい
自分で何かを始めるヒントが欲しい

会場透明書店(東京都台東区)★オンライン配信もあり
開場/開演開場/開演 17:30/18:00
料金会場参加 1,980円/オンライン参加 1,320円(7日間の見逃し視聴つき)
出演者satsuki(イラストレーター)、藤川明日香(月と文社 代表)
お問い合わせinfo@tomei-bookstore.com

https://peatix.com/event/3833395/view
その他情報『東京となかよくなりたくて』(月と文社)ISBN 9784911191002
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784911191002
『かざらないひと 「私のものさし」で 私らしく生きるヒント』(月と文社)ISBN 9784911191019
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784911191019
このエントリーをはてなブックマークに>追加