版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

わかちゃん12才と絵本を作りました!

はじめまして。
ニジノ絵本屋から鈴木が版元日誌を担当させていただきます。
ニジノ絵本屋は都立大学にある今年12年目の小さな絵本屋です。
9年前から出版もしています。

今回は4月8日発売の新刊「ビーズのおともだち」を紹介させてください!

作者のおおにしわかちゃんは、4歳の時に小児がんを患って現在も入退院を繰り返しています。
わかちゃんの夢は絵本作家になって、世界中の人を笑顔にすること。
お母さんからご連絡をいただき、絵本づくりははじまりました。

絵本の中に出てくるビーズは、認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズのビーズオブカレッジというプログラムがもとになっています。
子どもたちは辛い治療を乗り越えると、色とりどりのビーズがもらえます。
そのビーズは、自分の闘病生活での治療過程を記録し、勇気や頑張りを讃えるものです。
星の形のビーズは手術を頑張った時、化学療法や免疫療法を頑張った時には白いビーズなど、ビーズひとつひとつに意味が込められており、治療によってもらえるビーズが異なります。
小児がんの子どもたちが集めるビーズの数は、なんと年間900個にもなるそうです。

実はその実際のビーズを見ることができる動画がYouTubeにあがっています。
10歳の時にNHK「パプリカ」のFoorin楽団の一員として活動していたわかちゃん。
NHK「【パプリカ】りりこ×わか編| Foorin楽団ドキュメントシリーズ」にメンバーにビーズを見せているシーンがあります。
「笑顔を届けたい」と誰よりも笑顔で話すわかちゃん、5分間の短い動画なので、是非合わせてご覧いただきたいです!


 
実際の絵本は、わかちゃんのアイデアを元に、何度もミーティングを重ね、作家の大川久乃さん、イラストレーターののだかおりさん、アートディレクターの髙橋まりなさんと一緒に、絵本に仕上げました。
子どもと大人の本気が形になった、スペシャルな絵本、わかちゃんの優しさと強さが、たくさんの夢と希望と勇気を与えてくれると確信しています!
是非多くの方にお手に取っていただけると嬉しいです!!

絵本の試し読みや、わかちゃんからのメッセージが読める公式サイトも是非ご覧ください!
『ビーズのおともだち』公式サイト

ニジノ絵本屋の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加