版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
季刊ロゼッタストーン第18号  - ロゼッタストーン
.

季刊ロゼッタストーン第18号 再起ーー人は立ち直るために何が必要か?

A4変型判
116ページ
定価 838円+税
ISBN
978-M-947767-18-1
Cコード
C0402
一般 ムック・その他 年鑑・雑誌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2004年7月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

■長い人生のなかで、落ち込むこと、失敗すること、トラブルに巻き込まれること、体調を崩してしまうことは、誰にでもあるはずです。そこから「再起」するためには、いったい何が必要なのでしょうか。今回は、辛い体験を乗り越えて、見事に活躍している方々にお話を聞きました。トラブルの種類はさまざまでも、立ち直る人たちにはある種の共通点があります。生きていくためのヒントと、人間がもつ可能性を教えてもらったような気がします。

■インタビューページでは、倒産、借金、母の死を乗り越えて大ブレイクしたデューク更家さん(ウォーキングドクター)、子宮がん手術後、銀座ママに復帰した、ますい志保さん(クラブ「ふたご屋」ママ)、長男が薬物依存症を克服した千葉マリアさん(歌手)、この春、早稲田大学政経学部に入学したそのまんま東さん(タレント)、会社を倒産させた経験を武器にしている板倉雄一郎さん(起業家)、元ヤンキーの弁護士、金崎浩之さんらに「再起」体験を語ってもらっています。

■いま気になる「少年犯罪」についても取り上げました。少年A(酒鬼薔薇聖斗)の更生の過程を徹底取材した草薙厚子さん(ジャーナリスト)、犯罪者の心理に詳しい臨床心理士・矢幡洋さん(矢幡心理教育研究所代表)、少年たちによる集団暴行で最愛の息子を亡くした飯島京子さん(NPO法人 犯罪被害者支援の会『アピュイ』代表理事)に、「少年犯罪と再起」について、貴重な意見を聞きました。

■恒例の政治家インタビューもあります。年金法案をめぐるゴタゴタで、国会も年金制度も、すっかり信頼を失ってしまいました。、今回は、若手国会議員メルマガ「未来総理」メンバーを代表して、自民党の大村秀章議員、公明党の福島豊議員、民主党の野田佳彦議員が、今後、どうやって国民の信頼を取り戻していくか、決意を述べています。それぞれのプライベートな「再起」体験も興味深いものでした。

■特集・びわこの狸の年金講座「もしかしてあなたも未納兄弟!?」も必見です。未納議員が続出した国会ですが、未納は他人事ではありません。いまの年金制度だと、転職が多い人、専業主婦の時期がある人、派遣社員などが、どうしても未納になりやすいのです。また、お金がなくて、払いたくても払えない人だっているはず。未納のよしあしはとりあえず置いておき、この特集では、どんなときに未納になりやすいのか、未納期間があったらどうなるのかを、ロゼッタストーンWEBでおなじみのびわこの狸さんにやさしく解説してもらいました。

■ミニ特集「ホームレスからの再起」は、ホームレスにまでなってしまった人たちのドキュメントです。

■「外国在住の日本人女性が見た世界各国最新情報」のテーマは「海外から見たニッポン」。いま、世界で日本がどう見られているかをレポートしてもらいました。

■不定期連載の「殴られ屋起死回生物語」が久々に復活。左目が見えなくなったハレルヤさんが、眼科で診察を受けました。

■そのほか、イケメン花婿料理講座では、山本康平さんが「カルボナーラ」にチャレンジ。アマチュア編集長シリーズでは「私の失敗」をテーマに、小学生、中学生、大学生、フリーターの代表が、編集作業に挑戦してくれました。キャラメルボックスの加藤さんは、キャラメルボックスがピンチを乗り越えて19年間続いた秘密を語っています。

■いつもの連載も、もちろん、読み応えたっぷり! いま、再起を誓っている人も、ちょっと落ち込んでいる人も、ロゼッタストーン第18号を読んで、新しい一歩を踏み出してください。

目次

◇INTERVIEW

●倒産、借金、母の死を乗り越え大ブレイク
デューク更家(ウォーキングドクター)  6

●子宮がん手術後、銀座ママに復帰
ますい志保(クラブ「ふたご屋」ママ・作家)  10  

●息子が薬物依存症を克服
千葉マリア(歌手)   14

●この春、早稲田大学政経学部に入学
そのまんま東(タレント)   18

●会社を倒産させた経験が武器
板倉雄一郎(経営コンサルタント)   22

●元ヤンキーが司法試験を突破  
金崎浩之(弁護士)       25

◇少年犯罪と再起

●少年A(酒鬼薔薇聖斗)の更生の過程を徹底取材
草薙厚子(ジャーナリスト)   28

●犯罪者の心理に詳しい臨床心理士
矢幡 洋(矢幡心理研究所代表)    32
  
●少年たちによる集団暴行で最愛の息子を亡くした
飯島京子(特定非営利法人 犯罪被害者支援の会『アピュイ』代表理事)  34

◇「ホームレスからの再起」  36

◇未来総理INTERVIEW
「政治は信頼を取り戻せるか?」
大村秀章(自民党)・福島 豊(公明党)・野田佳彦(民主党)  50

◇特集

びわこの狸の年金講座
「もしかしてあなたも未納兄弟!?」
ー誤解しやすい年金の仕組みをやさしく解説ー   42
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎外国在住の日本人女性が見た世界各国最新情報
「海外から見たニッポン」   82

◎特別エッセイ
「どん底からの脱出」(高清水美音子)   64
「もう一つの痛み」(走辺寿美子)      66

◎不定期連載
「殴られ屋起死回生物語」
第3回   「左目が見えない!」    68

◎フォトエッセイ
「自分を誉めてあげよう!」松美里瑛子  81
「見果てぬ先に」浅田悠樹         100

◎スペシャル企画
ダイエットダービー第2弾結果発表!
「2カ月間で、やせたのは誰?」    104

◇注目の連載企画
●アマチュア編集長シリーズ「私の失敗」   56
●キャラメルボックス・プロデューサー、加藤昌史の“嫌われ者のすすめ”   
「キャラメルボックスはなぜ19年間も続いてきたのか?」     70
●イケメン花婿料理講座 
第6回「初挑戦!カルボナーラ」             72
●オクモト陽典の“不運から風雲”    
「元気になったり落ちたりを繰り返しつつ、人は再び立ち上がる」   74
●逆転人生相談――マダム馬子のアドバイス付――             
「借金のある母子家庭。大学に進学したいが母は反対」     90

■大好評連載

●気になる食品「徹底比較しま専科」(ビール・発泡酒)  76
●にしかわたくの「でんぐり映画館」(世界の中心で、愛をさけぶ)  78
●特派員クラブの窓から(渡辺晴子)
前衆議院議員鈴木宗男さん、参院選で政治家「再起」か?  80
●話のネタ袋「恋と結婚の意外な現実」      86
●越前君の“あなたが陪審員”        
「痴漢に間違われて逮捕。失った名誉をどう回復する?」  88
●職業裏辞典「占い師」  92
●ショートショートストーリー「一粒の毒薬」(大崎知仁)  94
●ホッカホカ科学(バイオメトリクス認証)     96
●本間正人の“21世紀の学習学”    
「メール上の失敗。限界知って使うコツ」  98
●ベラ西原の体験エッセイ「努力する女」  99
●読者のページ「それぞれの再起」     101
●世代別ミニ世論「再起」大アンケート  102
●保存版・「ニュースのおさらい」(2004年3月~5月) 106
●マザー夏目の気学占い  109
●ロゼッタストーンINFORMATION 1 112
●ロゼッタスト-ンINFORMATION 2 114   








前書きなど

この特集を企画した時点で
「再起」という言葉は希望にあふれていると思っていました。

ところが、企画を進めていくうちに
「再起」という言葉にひどく傷つく人たちの存在に気がつきました。

取材も何人も断られました。
「再起」というテーマで話を聞く場合、
「あなたはかつて転びましたね」ということが前提になってしまいます。
そのことについて語るのは、とても辛いことです。

今回取材を受けてくださった方々の共通点は
自分に起きたトラブルや、自分の失敗を直視し
その経験を、できれば他の人にも生かしてもらおうとしているところです。

自分のためだけに頑張ることには限界があるけれど
誰かのために頑張ろうと思ったら、
どこからか力が湧いてくるものなのかもしれません。

失敗したり、挫折したり、病気になったり、トラブルに巻き込まれたり
生きている限り、誰にでも落ち込む時期はあるはずです。

過去の自分に戻るなんて不可能だし
社会的に成功することがすべてというわけでもありません。

大切なのは、
いまの自分自身をちゃんと見つめること。
自分自身の受けた痛みを無駄にしないで
今後の人生に生かすこと。

そうして、みんなが自分が得た「教訓」をわけあえる世の中になったら
ちょっと素敵だなあと思うのです。

ロゼッタストーン代表 弘中百合子


版元から一言

今回の表紙で、雲の上を歩いているのは、いま話題のウォーキングのカリスマ、デューク更家さんです。ウォーキング教室にお邪魔しての取材でした。たかが「歩き」といえど、上手に「歩く」ことは意外に難しいようです。人生の道を歩くことは、もっと難しいですよね。それでも、つまずいたり、転んだりしながら、とにかく歩き続けている私たち。人間はなんとけなげな生き物でしょう。ロゼッタストーン第18号は、人生のウォーキング教室です。

上記内容は本書刊行時のものです。