版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
はりぼて王国年代記 【週刊だえん問答 第2集】 若林 恵(著/文) - 黒鳥社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

不明

取引情報

直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784991126079

はりぼて王国年代記 【週刊だえん問答 第2集】

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:黒鳥社
A5判
552ページ
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-9911260-7-9   COPY
ISBN 13
9784991126079   COPY
ISBN 10h
4-9911260-7-X   COPY
ISBN 10
499112607X   COPY
出版者記号
9911260   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年6月25日
最終更新日
2021年7月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ワクチンのロールアウトによって 先進諸国がコロナ後の世界へと着々と動きを進めるなか、 緊急事態宣言からのまんぼう、もたつくワクチン・オリンピック・ デジタル対策などなど「やってる感」がすべての「はりぼて王国」が東の涯にあるという。コロナ収束の道筋いまだ見えぬ、2020年12月から21年6月までの激動のクロニクル。Quartz Japanの異色のニュースコラムの第2集!

目次

【目次】
#28 テクノナショナリズムの逆襲
#29 気候テックの神話・上篇
#30 気候テックの神話・下篇
#31 クールの再誕生
#32 食卓のセキュリティ
#33 スポーツビジネスの陥穽
#34 働き手たちのアクティビズム
#35 ムービーシアターの絶滅
#36 グローバルエコノミーのぐにょぐにょ
#37 ペットビジネスの反命題
#38 マインドフルネス・ビジネスの不安
#39 ホームリノベーションの効能・上篇
#40 ホームリノベーションの効能・下篇
#41 海外旅行のエキスペリエンス
#42 ジェフ・ベゾスの遺産
#43 デーティングアプリの黙示録
#44 ティックトックの訓戒
#45 テレヘルスの梃子
#46 ノンアルコールの希望
#47 テスラの世界制覇
#48 ゲームストリーミングの心理的安全
#49 リモートワークの是非・上篇
#50 リモートワークの是非・下篇
#51 室内のサステナビリティ
#52  スモールビジネスの希望・上篇
#53  スモールビジネスの希望・下篇
#54  デジタル広告のオルタナティブ
#55  フィジカルリテールの進化
#56  バイオテックの革新
#57  IPOの黒魔術
#58 アフリカの優美

著者プロフィール

若林 恵  (ワカバヤシ ケイ)  (著/文

平凡社『月刊太陽』編集部を経て2000年にフリー編集者として独立。以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社設立。著書・編集担当に、『働くことの人類学【活字版】 仕事と自由をめぐる8つの対話』(黒鳥社)、『GDX :行政府における理念と実践』(黒鳥社)、『だえん問答 コロナの迷宮』(黒鳥社)、『さよなら未来』(岩波書店)、『次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』(日本経済新聞社)。「こんにちは未来」「〈働くこと〉の人類学」「blkswn jukebox」「音読ブラックスワン」などのポッドキャストの企画制作でも知られる。
https://blkswn.tokyo

Quartz Japan  (クォーツ・ジャパン)  (著/文

2012年に米国で創業した『Quartz(クオーツ)』は、モバイルテクノロジーとジャーナリズムを組み合わせたメディアとして、また、優れたUI・UX・コンテンツを有するメディアとして、世界中のビジネスリーダーから高い評価を得ている経済メディア。『Quartz Japan』は、その日本版として2019年11月に創刊。世界経済の新たな動きを伝えるメディアとして、有料ニュースレター(メール)を展開している。

上記内容は本書刊行時のものです。